「折りたたみ式採血台」を日本臨床検査自動化学会に出展しました

2017年5月2日

 医学部産学連携センター地域医学共同研究部門は、平成29年4月22日(土)にビッグハート出雲で開催された「日本臨床検査自動化学会 第31回春季セミナー」に、「可搬式折りたたみ式採血台」を出展しました。
 本製品は、出雲木工株式会社(出雲市)、株式会社テクノメディカ(横浜市)と共同開発したもので、近々、全国の医療機関に向けて販売が開始されます。
 このように、本学は、一般には難しいとされる中小企業との医工連携を円滑・活発に展開しています。


 なお、この詳しい内容につきましては、こちらからご覧ください。

 

採血台日本臨床検査自動化学会_20170422.jpg
実演する出雲木工の福代専務
左奥はテクノメディカブース