平成27年度新聞等報道事項

2016年3月31日

 

  • 健康講座の本 続編 島根大病院が出版/(3/19山陰中央新報)
  • 医師派遣窓口を一元化/島根大病院に検討委設置/情報共有 偏在解消へ/島根大学医学部附属病院井川幹夫病院長、立石正計・しまね地域医療支援センター事務局長(3/31山陰中央新報、読売新聞)
  • がん告知、どうあるべき 県内患者団体、医師と意見交換 県健康推進課が主催 /参加者は8団体の代表と島根大学医学部附属病院井川幹夫病院長ら、がん診療連携拠点病院の代表者計16名/(3/28島根日日新聞)
  • 病院食家庭で レシピまとめ冊子に/14種類 島大附属病院作製へ/栄養治療室 平井順子室長 (3/19山陰中央新報)
  • 新専門医制度、オール島根で/県内病院で分散履修 各地の若手医師支援/島大附属病院が説明/地域医療に配慮/井川幹夫病院長、鬼形和道卒後臨床研修センター長、立石正計・しまね地域医療支援センター事務局長(3/6島根日日新聞、3/10山陰中央新報)
  • 新療法 高齢者も有効/症状なくても検査を/「C型肝炎」/島根大学医学部附属病院 佐藤秀一・肝臓内科診療科長 (3/6読売新聞 病院の実力島根編97)
  • 腹部、背中の痛み要注意/すい臓がん市民講座/最新治療学ぶ/島根大医学部附属病院腫瘍センター 森山一郎助教、消化器・総合外科学 田島義証教授、病態生理学 浦野健教授(3/3山陰中央新報) 
  • 大田 川合小が「がん教育」 島大病院見学 教頭の遺志継ぎ/川合小 矢田悦夫校長、島大医学部 津端由佳里助教(3/1山陰中央新報、3/2毎日新聞)
  • 地域のお産 夫婦で支える 島大の医師益田日赤着任/益田赤十字病院産科婦人科 片桐浩医師、片桐敦子医師 (2/26山陰中央新報)
  • マダニ唾液腺に原因物質 牛肉アレルギー「かまれて発症」裏づけ/島根大学医学部 森田栄伸教授、千貫祐子講師(皮膚科)  (2/23山陰中央新報)
  • 島大附属病院に「再生医療センター」開設 管理体制を一元化/安全管理、研究サポート/井川幹夫病院長会見 (2/23島根日日新聞、山陰中央新報) 
  • 「神話食」フルコースで 出雲 島根大 普及へ意見交換会 (2/20毎日新聞) 
  • 島根医学部からベンチャー企業/骨や軟骨形成幹細胞REC/3年後めどに実用化/島根大学 松崎有未教授 (1/28山陰中央新報、産経新聞、島根日日新聞、1/30朝日新聞、2/2読売新聞)
  • 島根大病院の新型出生前診断/多様な悩み、相談に直面/重い決断 チームで慎重に対応/島根大学医学部附属病院 竹谷健医師 (1/25山陰中央新報)
  • 県民の健康データ提供/学外医療関係者の研究支援/4地域5千人分追跡調査 病気予防など/島根大医学部 疾病予防プロジェクトセンター センター長 並河徹教授 (1/18・2/21山陰中央新報)
  • 「先進血管治療 予防効果も」/専門病棟24時間体制/島根大学医学部附属病院 脳神経外科 秋山恭彦教授 (1/10読売新聞 病院の実力島根編95)
  • 市民ギャラリーに大壁画 患者らに「希望」/画家池平氏、認知症傾向被験者の合作/島大附属病院 (1/6島根日日新聞、毎日新聞、1/13産経新聞)
  • 高度医療提供と医師適正配置/島大医学部附属病院 井川幹夫病院長に聞く(1/1島根日日新聞)
  • せきでお困りの方へ/島大医学部附属病院  呼吸器・化学療法内科 礒部 威教授(1/1島根日日新聞)
  • 優しい医工連携が生む 出雲市発のヒット商品を/島根大と出雲市(1/1島根日日新聞)
  • 周産期母子医療で連携強化/ハイリスク分娩を県内で/新生児用病床12増分娩室1増/島大附属病院と県立中央病院 (12/5島根日日新聞、12/8山陰中央新報、12/16中国新聞)
  • IBDセンター設置 炎症性腸疾患/島根大学病院、山陰初 来月1日に運用開始 (11/28産経新聞、11/28毎日新聞、11/28島根日日新聞、11/29山陰中央新報、12/8朝日新聞)
  • 医療現場にもっと方言を -痛みやつらさ 普段の言葉で- /医師や医学生対象に24日に出雲でセミナー(11/20山陰中央新報)
  • 医療費一部に保険適用 子宮頸がん腹腔鏡手術(11/20山陰中央新報) 
  • 治験共同実施で連携「しまね治験ネット」/島根大学病院と県立中央病院/新薬治療 患者メリット(11/11山陰中央新報、島根日日新聞)
  • 島大付属病院に病児保育室/12月から開始 病児・病後児保育、6施設に(11/3島根日日新聞)
  • 新診断の妊婦ケア徹底/島根大学病院小児科医竹谷 健氏/山陰初の新型出生前診断の専門チーム(11/2山陰中央新報)
  • 多様な治療 院内で連携/膵臓がん 島根大学病院消化器・総合外科田島教授(11/1読売新聞 病院の実力島根編93)
  • 3D映像で腹腔鏡手術/カメラ2機導入奥行き把握、正確性向上/島根大病院消化器・総合外科 田島教授、平原講師(10/29読売新聞、島根日日新聞、毎日新聞、11/4産経新聞)
  • 島大病院が新出生前診断/山陰初来月2日開始/妊婦の負担軽減/小児科 竹谷健医師(10/29山陰中央新報)
  • 島大医学部で解剖体慰霊祭(10/29山陰中央新報)
  • 真剣に“腫瘍”除去/医療現場体験学習、中学生が模擬手術(10/25山陰中央新報)
  • 病院食が出雲神話のフレンチに/地元食材で出雲神話表現,希望患者に提供、延べ47人が堪能(10/23山陰中央新報、朝日新聞、10/24島根日日新聞)
  • 山陰両県で脳死腎移植/島根は3例目(10/14山陰中央新報)
  • 「緩和ケア」寸劇で紹介(10/9山陰中央新報)
  • 専門医育成 島大に新組織/県が委託 研修プログラム策定(9/24読売新聞)
  • 膝関節の痛み予防へ/松江でセミナー 運動や食 市民学ぶ/島根大医学部整形外科学講座 内尾祐司教授、島根大医学部附属病院リハビリテーション部川本晃平理学療法士(9/7山陰中央新報)
  • 肺炎を予防して健康寿命を延ばそう!/島大病院  呼吸器・臨床腫瘍学 礒部 威教授(8/27島根日日新聞)
  • 口腔がんを知ろう/出雲市役所で市民公開講座/島根大歯科口腔外科学講座 関根教授(8/19島根日日新聞)
  • 島根大病院に市民ギャラリー開設/作品を公募、無料展示(8/18産経新聞・中国新聞、8/28山陰中央新報)
  • 高校生、法医鑑識を体験(現場の血痕から犯人を絞り込むには)/島根大法医学講座 藤原助教 科研費による研究紹介(8/13島根日日新聞)
  • 患者さんからの相談 医師につなぎ治療に役立てる/看護専門外来(病院の実力 島根編90)(8/2読売新聞)
  • 「講座と高度外傷センター新設 島大医学部/重症者の救命率向上へ/全国に先駆け」(6/27島根日日新聞・毎日新聞・朝日新聞・山陰中央新報、6/30読売新聞)
  • 「島大附属病院内にタリーズコーヒー オープン」(6/19山陰中央新報、6/26毎日新聞)
  • 「島大病院「健康講座」を出版 治療法や注意点分かりやすく」(6/3毎日新聞、6/12山陰中央新報)
  • 「スポーツに励む子どもサポート/県内各地で出前講座/島大病院整形外科 内尾祐司教授」(6/7山陰中央新報)
  • 「糖尿病教室 始まる 島大病院糖尿病ケアサポートチーム」(5/26島根日日新聞)
  • 「広汎子宮全摘出を腹腔鏡下で/山陰で初 島大病院産婦人科 京哲教授」(5/15島根日日新聞、読売新聞、山陰中央新報、毎日新聞、産経新聞)
  • 「仕事に悩む女医の支えに/島根大学地域医療支援学講座 日高美佐恵医師」(5/14山陰中央新報)
  • 「「ゆいまーる号」島大病院に 骨髄ドナーの登録推進」(5/10島根日日新聞)
  • 「五月病に要注意 症状と予防法/ 島根大学 稲垣卓司教授」(5/8山陰中央新報)
  • 「難病の子励ます大輪 地元花火師が55発/島根大学病院」(5/6毎日新聞、山陰中央新報、5/8島根日日新聞)
  • 「資格取得 医療機関も支援/専門看護師増え7人/島大医学部看護学科 原祥子教授」(5/5山陰中央新報)
  • 「ハンズフリー音声認識記録システム共同開発/救急救命士らをサポート・島根大学と2社」(5/1山陰中央新報、島根日日新聞、読売新聞)
  • 「対話の中で病気への不安や悩みの解消法を探るがん哲学外来再開/呼吸器・臨床腫瘍学 礒部 威教授」(4/12山陰中央新報)
  • 「画像確認 再審の処置 耳鼻咽喉科 青井典明講師に聞く」(4/5読売新聞 病院の実力島根編87)
  • 早期がんに初活用 手術支援ロボ ダ・ヴィンチS 患者の経過良好 島根大学病院」(4/5山陰中央新報)