平成28年度新聞等報道事項

2017年3月22日

 

  • いきかたカフェ 生ききることとは/出雲いのちをみつめる市民の会/島根大学医学部附属病院地域医療連携センター 医療ソーシャルワーカー 太田桂子(3/10島根日日新聞)
  • 島根大病院/先天性心疾患 大人も手術/小児対応軌道に/患者負担軽減へ/島根大学医学部附属病院 小児心臓外科 藤本欣史講師(2/15山陰中央新報)
  • 島根大病院/糖尿病検査に新技術/血糖値測定 痛み少なく/装着後15分ごと 最長2週間 外来も開設/島根大学医学部附属病院 内分泌代謝内科 守田美和医師(2/15読売新聞)
  • 奥出雲産ふんだん病院食/患者の励みと町産業振興へ 和牛や仁多米食材/病院食で奥出雲フェア/来月9日まで期間限定 木曜夕食で提供/島根大学 服部泰直学長、勝田康則奥出雲町長、島根大学医学部附属病院 井川幹夫病院長(2/10毎日新聞、島根日日新聞、山陰中央新報、産経新聞)
  • 家族用に宿泊施設 入院小児付き添い 利用料を抑え/入院児の家族の宿、4月から/1部屋1泊1000円強で/島根大学医学部附属病院 井川幹夫病院長(2/4毎日新聞、2/5島根日日新聞、2/8中国新聞)
  • 膝手術/時期見極めて/スポーツ外傷/リハビリ回復を左右/島根大医学部整形外科 内尾祐司教授(2/5読売新聞 病院の実力島根編108)
  • 子どもたちと画家の共作展示/絵の中に旅をしよう/無機質な空間がにぎやかに/画家 池平徹兵さん/島根大学医学部附属病院 井川幹夫病院長(1/5島根日日新聞)
  • 飲酒や肥満注意して/沈黙の臓器 定期検査を/肝臓がん/島根大医学部附属病院 光学医療診療部長 佐藤秀一准教授(12/4読売新聞 病院の実力島根編106)
  • 混んだら活躍の採血台 開発/患者の待ち時間短縮へ/優しい医工連携第2弾/島大附属病院と2企業/折り畳み台採血スムーズ/島根大病院産学連携で開発/5分でセット-待ち時間短縮、仕切リ-プライバシー守る/島根大学産学連携センター地域医学共同研究部門 中村守彦教授(医学部兼任教授)、島根大学医学部附属病院検査部 三島清司臨床検査技師長(11/22島根日日新聞、毎日新聞、12/11読売新聞、12/24・3/16山陰中央新報)
  • 島大附属病院で消防訓練/深夜の火災想定/島根大学医学部附属病院 井川幹夫病院長(11/18島根日日新聞)
  • 解剖献体163柱 学生ら冥福祈る/島根大で慰霊祭(10/14読売新聞)
  • 緩和ケアについて知って/島大病院でイベント 医師ら寸劇で紹介/初期段階の利用呼び掛け/島根大学医学部附属病院 中谷俊彦緩和ケアセンター長(10/4山陰中央新報、島根日日新聞)
  • 自覚症状なし 検診有効/胃がん/ESD合併症少なく/島根大医学部附属病院 消化器外科長 平原典幸准教授(10/2読売新聞 病院の実力島根編104)
  • 家族用の無料宿泊施設/小児入院患者付き添い/島大病院敷地に建設へ/島根大学医学部附属病院(9/5山陰中央新報)
  • 便潜血検査で早期発見 大腸がん/「直腸」繊細な技術必要/島根大医学部附属病院 消化器・総合外科 山本徹・大腸疾患外科主任(9/4読売新聞 病院の実力島根編103)
  • 小児病棟の子ら40人が合作/「絵の中に旅行をしよう」が完成 画家の池平徹兵さん/島根大学医学部附属病院 小児科 金井理恵講師、竹本和代看護師長(8/20島根日日新聞)
  • 看護の願い 耳掛け式LEDライト/夜間の看護・介護をサポート/島根大医学部(出雲)、Doライト、島根富士通などハンズフリーライト共同開発/今秋の商品化目指す/進む医工連携 官民で協力体制/知財や販路企業を支援/島根大産学連携センター 中村守彦教授、島根大医学部附属病院 救命救急センター病棟 矢野牧江看護師(8/18・3/18山陰中央新報、8/18毎日新聞、産経新聞、島根日日新聞、8/19読売新聞、8/21朝日新聞)
  • 中学生、2泊3日で医療学ぶ/県のメディカル・アカデミー/定員30人に166人応募/医療現場を肌で体験(8/11島根日日新聞、8/21山陰中央新報)
  • 高度な周産期医療提供へ/周産期母子医療センター改修完了/島根大医学部附属病院(8/7島根日日新聞)
  • 患者ごと個別化医療/分子標的薬で増殖抑制/肺がん/島根大医学部附属病院 呼吸器・化学療法内科 礒部威科長(8/7読売新聞 病院の実力島根編102)
  • 震え止めるDBSに成功/島大医学部、認定施設へ/県内での手術可能に/脳に電極 刺激療法成功/島大病院 県内初/パーキンソン病など 手足の震え軽減/島根大学医学部附属病院 井川幹夫病院長、 脳神経外科学講座 秋山恭彦教授・永井秀政准教授(8/2島根日日新聞、8/17読売新聞)
  • 周産期医療部門を集約/体制充実 病床増、手術設備も/島根大学医学部附属病院 井川幹夫病院長(7/30山陰中央新報)
  • 医療事故防止へ「ピッ」と管理/手術用具にICタグ/島大病院 大平明弘教授(7/5産経新聞)
  • 米専門誌が島大病院表彰 学術会議賞/手術器具ICタグで管理 手術安全性向上/紛失防止や経費削減評価/島根大学副学長 大平明弘医学部教授-眼科学(6/11山陰中央新報、6/24読売新聞)
  • ダ・ヴィンチで腎部分切除/保険適用後初の手術/腎がん切除10例超/島根大医学部附属病院 井川幹夫病院長、泌尿器科学講座 安本博晃准教授(6/10毎日新聞、山陰中央新報、島根日日新聞)
    島大、鳥大に相談窓口/患者申し出療養制度/全国63病院が設置/島根大医学部附属病院、鳥取大医学部附属病院(6/8山陰中央新報)
  • 地域で手術 体制整備/子どもの心臓病/島根大医学部附属病院 小児心臓外科 藤本欣史講師(6/5読売新聞 病院の実力島根編100)
  • 島大高度外傷センター 70人救命 発足の4月 重症外傷患者集中/実績良好、劇的救命も/島根大医学部附属病院 井川幹夫病院長、渡部広明センター長、比良英司講師、下条芳秀助教(6/2山陰中央新報、毎日新聞、読売新聞、6/3島根日日新聞)
  • 補聴器 リハビリ脳が活性化/島根大医学部附属病院 耳鼻咽喉科長 川内秀之教授、言語聴覚士 柴田美智子(5/1読売新聞 病院の実力島根編99)
  • ペットと面会 闘病の励みに/要望受け小児科など/島根大病院 16年度実現へ/島根大医学部附属病院 井川幹夫病院長(4/25山陰中央新報)
  • 島根大、鳥取大両附属病院 DMAT1次隊熊本から帰還/続く余震 緊迫の医療活動/現地の活動報告/被災者精神的ケア課題/島根大医学部附属病院 木谷昭彦医師、日下あかり医師、岩田春子看護師、渡邉克俊看護師、土井教雄薬剤師(4/20毎日新聞、山陰中央新報、朝日新聞、読売新聞、産経新聞、島根日日新聞)
  • 「被災者の不安取り除く」/島大病院医師ら5人派遣/井川幹夫病院長、比良英司医師(4/19毎日新聞)
  • 眼底、眼圧検査受診を/水晶体再建 日帰り普及/島根大医学部附属病院眼科長 大平明弘教授(4/3読売新聞 病院の実力島根編98)