平成29年度 新聞等報道事項

2017年9月22日

 

  • AI使い一次救命訓練/島根大病院など試作機開発/3年後の実用化目指す/心肺蘇生の技術向上へ/島根大医学部附属病院クリニカルスキルアップセンター 狩野賢二センター長(9/20山陰中央新報)
  • 食事・適度な運動が鍵/長寿の秘訣を聞く/島根大地域包括ケア教育研究センター 矢野彰三准教授(9/18読売新聞)
  • 不安や気がかり相談して/がん征圧月間でイベント/島大医学部附属病院、がん患者・家族サポートセンター(9/7島根日日新聞)
  • 新分析法で難病早期発見/先天性疾患OTC欠損症 島大病院 世界初新分析方法開発/新生児の血液検査で発見可能に/発症前に適切治療/島根大学医学部附属病院 井川幹夫病院長、小児科 小林弘典助教(9/2山陰中央新報、毎日新聞、朝日新聞、島根日日新聞)
  • 乳・卵巣がん発病前 切除/島根大病院、山陰で初/遺伝子検査・カウンセリング体制整う/遺伝子検査陽性の女性/島根大学医学部附属病院 井川幹夫病院長、臨床遺伝診療部 鬼形和道部長、産科婦人科 京哲教授(8/24読売新聞、山陰中央新報、朝日新聞、島根日日新聞)
  • ポルトガル語受診ガイド本/島根大附属病院 外国人増に対応 英語版も/井川幹夫病院長(8/23読売新聞)
  • 島根大医学部附属病院が最新医療紹介/「あなたの健康のために」発刊/島根大学医学部附属病院 井川幹夫病院長(8/16産経新聞)
  • 診療案内 ポルトガル語と英語で/島大附属病院が作成/島根大学医学部附属病院 井川幹夫病院長(8/9島根日日新聞)
  • 中学生、医療現場を体験/手術を見学、目指す仕事を身近に(8/9島根日日新聞)
  • 循環器系の治療体制強化/総合ハートセンター開設/最先端カテーテル術実施へ/最先端カテーテル術実施へ/開かずに大動脈弁留置/ハートチームとハイブリッド手術室で/県内で手術可能に/急性心筋梗塞患者救う/TAVI導入/島根大学医学部附属病院 井川幹夫病院長、総合ハートセンター長 田邊一明教授(循環器内科長)・副センター長 織田禎二教授(心臓血管外科長)(8/1山陰中央新報、島根日日新聞、産経新聞)
  • 早期なら子宮温存可能/「卵巣」は手術と抗がん剤/婦人科がん/島根大医学部附属病院産科婦人科長 京 哲教授(7/2読売新聞 病院の実力島根編113)
  • 島大病院に形成外科/専門医常駐し初設置/島根大医学部附属病院 皮膚科長-森田栄伸副病院長、形成外科長-林田健志医師(6/11山陰中央新報)
  • 5月31日は「世界禁煙デー」です。/禁煙をして健康寿命をのばそう/島根大学医学部附属病院 呼吸器・化学療法内科 礒部威教授(5/31島根日日新聞)
  • 看護の日に病院が関連イベント/県立中央病院や島根大学医学部附属病院/「看護の日」に癒しの催し神田真理子看護部長(5/13島根日日新聞、5/25山陰中央新報)
  • 最新治療法市民に紹介/出雲市民フォーラム/島根大学医学部附属病院 脳神経外科 秋山恭彦教授、循環器内科 田邊一明教授、高度外傷センター 渡部広明教授(5/22山陰中央新報)
  • 入院中の子 花火に笑顔/こどもの日/島大病院 ボランティア病棟の窓から花火250発/入院中の子どもたちに贈り物/花火師の多々納さんら(5/7読売新聞、5/9島根日日新聞)
  • 小児入院患者の家族らに宿泊施設 「だんだんハウス」運用開始/長期入院の精神・経済的負担を軽減(4/14産経新聞、4/18山陰中央新報)
  • 3次元画像参照し摘出/脳腫瘍/別の部位に転移注意/島根大医学部附属病院 脳神経外科 宮嵜健史講師(4/2読売新聞 病院の実力 島根編110)