新しくなった冬のイルミネーションをお楽しみください

2017年12月18日

 本院では、入院中の患者さん、小児患者さんに寒い冬の夜を少しでも楽しく温かい気持ちで過ごしていただけるように、毎年、冬の到来とともに庭園をイルミネーションで飾ります。今年は柔らかな白い光で雪のドーム(かまくら)をイメージし、これまでで最大の規模になりました。

 2017年12月4日(月)病棟南側庭園のイルミネーション点灯式が病院2階食堂ラパンで行われました。
 点灯を心待ちにして会場に集まったうさぎ保育所の36人の子どもたち。暗くした部屋の窓から外を眺めていると、いよいよカウントダウンが始まります。
 5、4、3、2、1、「点灯!」の声の瞬間、会場からは「わぁー」という歓声が湧き上がり、子どもたちは光の美しさに目を輝かせました。
 引き続きイベントが行われ、子どもたちは「きよしこの夜」「赤鼻のトナカイ」の可愛い歌声を披露しました。
 その後、クリスマスの衣装で病棟看護師のハンドベルチームが登場。澄んだ音色で「ジングルベル」を演奏し、会場に華やかさを添えました。
 終わりに、井川病院長と神田看護部長の二人のサンタさんから子どもたちにプレゼントが手渡されました。イルミネーションと喜ぶ子どもたちの笑顔で、皆が温かい気持ちになりました。

イルミネーション点灯式_20171215_1.jpg
イルミネーション点灯!

イルミネーション点灯式_20171215_2.jpg
神秘的なイルミネーション


イルミネーション点灯式_20171215_3
病院ロビーのクリスマスツリーもお楽しみください