リハビリテーション部
Contact
部門紹介 スタッフ紹介 業績 リンク
ホーム > 部門紹介

【部門紹介】
 
 ●部長あいさつ  / ●療法士長あいさつ 
 ●理学療法部門  / ●作業療法部門   / ●言語聴覚療法部門

部長挨拶

 リハビリテーション部
 部長/診療教授 馬庭壯吉 
  入院後早期からリハビリテーションを開始して、入院の原因となった病気や外傷の回復を援助するとともに、臥床や安静によって生じる二次的な障害(廃用)を予防し、早期の機能回復、退院のお手伝いをします。安全に配慮しながら、楽しい環境で訓練できるように努めてまいります。

(研修医・学生の皆様へ)
 リハビリテーション医学の知識や技術は、プライマリケアにおいても重要な部分を占めています。リハ医学は本学では講座になっておりませんので体系だった講義はありませんが、本院(急性期)と関連病院(回復期)で充実した研修を受けていただくことが可能で、認定医・専門医資格を取得できます。
 
 島根県のみならず全国的にもリハ科医は充足しておらず、リハ専門医はもっとも不足している専門医です。リハ訓練室で毎週カンファレンスを多数行っていますので、お気軽に参加してください。
 
 専門・所属学会等
 ■専門医
・リハビリテーション科専門医
 (整形疾患[股関節、人工関節]のリハビリ、
  スポーツ医学、リハビリ一般)
・日本整形外科学会専門医
・義肢装具適合判定医

■所属学会
・日本リハビリテーション医学会
・日本摂食・嚥下リハビリテーション学会
・日本整形外科学会
・中部日本整形外科災害外科学会
・中国・四国整形外科学会
・日本股関節学会
・日本人工関節学会
・日本リウマチ学会
・日本ノルディック・ウォーク学会
・国際整形災害外科学会(SICOT)
・International Society of Physical and Rehabilitation Medicine
・The American Society for Bone and Mineral Research
・Osteoarthritis Research Society International
 
■役員等
・日本リハビリテーション医学会 代議員
・日本摂食・嚥下リハビリテーション学会 評議員 
・日本リハビリテーション医学会中国四国地方会 幹事
・中国四国リハビリテーション医学研究会 理事
・日本股関節学会 評議員
・島根リハビリテーション協会 副会長
▲ページのトップへ

療法士長あいさつ

 リハビリテーション部
  療法士長 江草典政
  当院のリハビリテーション部は1980年に「理学療法部」としてスタートして以来、スタッフや施設の充実を重ね1994年に「リハビリテーション部」となり、2012年には病院の再開発事業により最新の機器を備えたリハビリテーション室に整備されました。

 
 リハビリテーション部ではほぼ全ての診療科の患者さんに対して専門的な視点から自宅退院、回復期リハビリ病院などへの転院、職業(学業)復帰を支援しています。現在では1日に約200名の患者さんがリハビリテーション部を利用されています。

          
 大学病院におけるリハビリテーション医療は高い専門性と十分な安全管理が求められることは言うまでもありませんが、同時に疾病や障害と向き合うことになった患者さんの人生をサポートするための真摯さ、豊かな人間性が求められます。

 
 スタッフひとりひとりが切磋琢磨し、皆様により良いリハビリテーション医療が提供できるように努めてまいります。

 
 リハビリ実施中の方やご家族の方で、ご不明な点、ご不安な点がありましたら、各スタッフにお気軽にご相談ください。
 
 
 専門・所属学会等
 ■専門等
 ・博士(医学)

 ・認定理学療法士(運動器)
 ・3学会合同呼吸療法認定士
 ・心臓リハビリテーション指導士
 ・認知神経リハビリテーション士   
 ・福祉住環境コーディネーター
 
 ■所属学会
 ・日本理学療法士学会
 ・日本運動器理学療法学会
 ・日本心血管理学療法学会
 ・日本理学療法士協会 理学療法管理部門
 ・日本心臓リハビリテーション学会
 ・日本認知神経リハビリテーション学会
 ・日本ペインリハビリテーション学会
 
■役員等
 ・日本認知神経リハビリテーション学会 理事
 ・一般社団法人 福祉住環境アソシエーション 理事
 ・一般社団法人 島根県理学療法士会 理事
 ・島根リハビリテーション研究会 理事
 ・中国ブロック理学療法士会 評議員
▲ページのトップへ
 
 
 
理学療法部門
学療法(PT:Physical Therapy)とは、
 身体に障害(運動器疾患や脳血管障害、内臓疾患など)のある方に対して身体機能の回復や日常生活動作の改善などを目標として、運動療法や物理療法を行うリハビリテーションの専門分野です。最近ではスポーツや予防の分野でも活躍の場を増やしています。

 当院の理学療法部門では理学療法士13名、理学療法技術職員1名の計14名で治療を展開しています。筋力検査機器やエルゴメーター、トレッドミル、ロボットスーツのHALなど、様々な最新機器を取り入れ治療、評価、研究等を積極的に実施しています。
 当院の特徴は、地域の中核となる急性期病院であり、ICU(intensive care unit)やHCU(high care unit)など発症直後の急性期から介入を実施します。これにより、筋力低下や二次的障害を予防するとともに、他の専門スタッフと連携して早期の回復を目指しています。
 
 。また、退院や回復期リハビリへスムーズに移行するために、各科の担当医や医療ソーシャルワーカーなどの多職種と定期的にカンファレンスを開き、チームでリハビリを展開しています。大学病院の幅広いニーズに対応し急性期疾患に対してだけではなく、緩和ケアや腫瘍センターでも、運動機能の改善や痛みの軽減、QOL(quality of life生活の質)の向上に向けて実施しております。

 
  病気の回復に伴い、リハビリテーション室に移動して各種の療法を行います。
 呼吸療法認定士が在籍しており、集中治療室などでの回復のサポートにも積極的に関わります。  
 
 自転車エルゴメーターやトレッドミルなどの運動療法機器を設置しています。
 最新の筋力測定機や物理療法(電気治療、超音波治療など)機器を設置しています。

・スポーツに取り組む方のサポート
・痛みのある方の治療などが可能です。
 


 ▲ページのトップへ

 
 

 
 

作業療法部門
業療法(OT:Occupational Therapy)とは、
 生活に障害のある全ての人を対象に、「その人らしい生活」を獲得していただくために、対象者一人一人に合わせた「作業活動」を治療の手段としたリハビリテーションです。
 
 当院の作業療法部門では、体の障害だけでなく心の問題にも向き合う包括的なケアに努めています。実際の生活に即した訓練や動作指導を実施し、必要に応じて福祉機器の選定やセッティング、自助具の作成も行います。

 そして、退院後に「その人らしい自立した生活」を送ることができるよう、ご自宅や社会に復帰するためのお手伝いをします。
 
 
   様々なタイプの車椅子を用意しています。
病気の種類や患者さんの体の形状に合わせてクッションなどを調整することで、より楽に座れるようにサポートします。
 日常生活動作の練習が可能なシュミレータを設置しています。自宅退院に向けた入浴動作の練習を、自宅のお風呂の高さに合わせて行うことができます。  
   調理台の高さが変更できる、練習用のキッチンを設置しています。車椅子にも対応しています。
 
 実際に調理を行ったり、自宅退院に向けた家事の練習が可能です。
 障害の程度に応じて自助具、福祉用具の選定や調整を行います。必要に応じて病棟に貸し出しを行って、入院中の生活も「自分でできる」ようにサポートします。  

  
▲ページのトップへ
 
 
 
言語聴覚療法部門
語聴覚療法(ST:Speech-Language-Hearling Therapy)とは、
  人間として大切なコミュニケーションや摂食の機能に障害を持つ患者さんに対する援助・指導を行っています。失語症や構音障害によるコミュニケーション障害に対しては発声訓練、構音訓練、言語訓練を行っています。

 また嚥下障害等による摂食機能障害に対しては、嚥下造影等で詳細に評価した上で、状況
に合わせた嚥下訓練や食事内容の選択等を行っています。

 
    言語聴覚療法室では、言語機能・喋りにくさ・声の異常といったコミュニケーションの問題を中心とした様々な機能回復訓練を行います。必要に応じて病棟スタッフ、ご家族、在宅支援スタッフなど周りの方へ
アドバイスを行うこともあります。
 言語をはじめとする様々な脳機能を詳しく評価するため、様々な検査用具を揃えています。
 
 
 各種の病気や手術の影響など、患者さんの状態に合わせた飲み込みの機能回復訓練を行います。
食事を始めた後も、食品形態・姿勢・食べ方などを調整し、安全に食べ続けられるように援助します。
重症度が高い場合、嚥下造影検査(VF)や嚥下内視鏡検査(VE)によって厳密な機能評価を行っています。
 嚥下造影検査用リクライニング車椅子です。頭部や体の角度を細かく調整し、患者さんにとって最適な
食事姿勢を評価することができます。
 
 ▲ページのトップへ

 
 





職員募集【島根大学のページへ】
所在地
島根大学医学部附属病院
リハビリテーション部

〒693-8501
島根県出雲市塩冶町89-1
TEL:0853-20-2457(直通)
FAX:0853-20-2305
地図はこちらから

Page Top
Copyright(C) 2012 島根大学医学部附属病院リハビリテーション部