2-H-2-1第17回医療情報学連合大会 17th JCMI(NOV,.1997)

電子カルテのためのテンプレート記述言語
医学知識共有のための試み

山崎 俊司 , 鈴木 隆弘 , 本多 正幸 , 高林 克日己 , 里村 洋一
千葉大学医学部附属病院医療情報部

Template Definition Language for Electronic Patient Record

Toward Medical Knowledge Sharing

Shunji Yamazaki , Takahiro Suzuki , Masayuki Honda , Katsuhiko Takabayashi , Yoichi Satomura

Division of Medical Informatics Chiba University Hospital(yama@pop.ho.chiba-u.ac.jp )

Abstract:An electronic patient record (EPR)system with a template function has been reported by several institutions. This template function is used to provide a framework for the patient record and interactive assistance to the user for entering data. A structured data-entry system can be applied for direct use of EPRs by clinicians. Specialist's medical knowledge is necessary to generate an EPR template, and consistent methodology and terminology (Template Definition Language TDL)are required to overcome platform differences in an EPR system.The developed prototype of the TDL has been made by Chiba University. The electronic health record research group in JAMI has decided to join the TDL development.The prototype can be refined to provide a common base for template generation.

Keywords: electronic medical record,template,template definition language,knowledge sharing



1. はじめに

94年の本大会にて、テンプレート機能を実装した電子カルテのモデルを千葉大が発表して以来、電子カルテにおけるテンプレートという概念は日本の研究開発者の中で広く理解されたと言える。1,2,6,7テンプレートの開発効率を改善し、プラットフォームの違いを越えて、内容を共有できるようにするため、標準的にテンプレートを記述する手法が期待されている。

2. 電子カルテにおけるテンプレート

 
電子カルテにおけるテンプレートとは、患者の疾患、病態、状況ごとに、標準的に記載、確認、処置すべきことなどをまとめた画面デザインである。(図1)その目的は、電子カルテ記載の標準化を達成するとともに、診療における見落し、書き落としを防止し、疾患、病態ごとに医学知識を提示することにより診療の質的向上を目指すものである。

3. テンプレート記述言語

テンプレート記述言語(Template Definition Language 以下TDL)とは、電子カルテにおけるテンプレートを記述する言語である。この言語は、各施設で開発され使用されるテンプレートの内容を標準的に記述し、施設間のテンプレート流通を円滑にし、開発資源を節約するためものである。TDLはユーザーインターフェースを規定するものではなく、特定のプラットフォームや、バックエンドのデータベースに依存しない。

4. TDLの必要性

診療の実態に即した使いやすいテンプレートの作成には、各分野の専門医の知識が必要であるが、必ずしも各施設に協力的な専門医がいるとは限らない。そこで、テンプレートを共有できるようにするための手法が必要となる。

5. 千葉大学医学部附属病院の試作

千葉大では、開発中の電子カルテシステムに対する議論を踏まえ、以下のようなTDLを試作した 表1。3,4テンプレートを、テンプレートクラスと項目クラスという、2つのクラスに分けて表現する。

5.1 テンプレートクラス

Template Nameはいわゆる、プロブレム名、患者の状況名などに一致する。テンプレートのタイプを区分する時はこの上位のクラスとしてTemplate Typeを設定する。これには、初診時用、診断確認用、結果観察用、サマリー用などがある。Item Nameはセットされる項目名である。

5.2 項目クラス

Item Nameでは項目名を定義する。Item Typeは項目の区分で、自覚症状、他覚所見、検査データ処置、指導、オーダ内容などを分類する。Data Typeには、自由文、List(5段階評価など),VAS(Visual Analog Scale)、有無(Boolean)などがある。Listの項目は、Data Typeの記載に続けて、[ ]内にカンマ区切りで記載する。項目においてさらに詳細な部位が定義できるときにはLocationを使用する。さらに項目の詳細な属性を定義する場合はItem Detailsを使用する。これには、症状の程度、発症様式、増悪因子、軽快因子などがあげられる。

5.3 サービス

Serviceは各属性の値により駆動される動作で、各属性に対応して定義することができる。

6. 考 察

種々の、電子カルテ開発プロジェクトにおいて使われているテンプレートの目的とするところは、ほぼ一致しているが、テンプレートという言葉の定義や、その中のデータの記載方法などは、各プロジェクトによって違う。

千葉大で開発している電子カルテでは、テンプレートとチェック項目とを独立させて扱っている。これは、「チェック項目の内容は、そのチェック項目が使われているテンプレートに依存せずに標準的に決定できる」との考え方に基づいている。しかし、テンプレートやチェック項目の開発途上の時点においては、チェック項目の内容は、テンプレートに依存して開発したほうが効率的である。そこで、TDLにおいては両方の考え方に対応可能なように、テンプレートクラスと項目クラスを分けている。

横浜市大の例6では、記載する項目はほとんど無構造であり最もシンプルなテンプレートと言えよう。この場合、自由文をデータの記載方法として利用していると言える。

大阪大の例7では千葉大学でいうチェック項目をテンプレートとしており、しかも動的に項目が変動する。動的テンプレートは、項目等のデータの値とあらかじめ設定された条件とのかねあいで、項目が変化するものである。

TDLでは設定する条件はServiceとして記載する。条件の表現法は、まだ検討がなされていないが、Arden Syntax for Medical Logic Modules5が利用可能であると考える。

電子カルテによるデータおよびデータ表現の標準化の観点からは、各項目の表現、部位名、選択文字列などは、現在筆者らが研究開発中の電子カルテシソーラス8に準拠することが望ましい。

7. 電子カルテ研究会の活動

日本医療情報学会課題研究会の電子カルテ研究会では、97年の年次総会であるシーガイアミーティングにて、 テンプレートの記述法を考えるワーキンググループを立ち上げた。今後はメーリングリストを活用し、多施設のメンバーにてTDLについて議論し開発してゆく予定である。

8.謝辞

電子カルテ研究会のメーリングリスト上で、議論に参加して下さった次の方々に感謝いたします。(敬称略)
阿部和也,日紫喜光良(東京大), 荒木賢二,吉原博幸(宮崎医大),安東肇 (富士通),今中雄一,坂本憲広 (九州大),梶原賢一郎(梶原病院),大橋克洋(大橋産科婦人科医院),廣瀬康行(東京医科歯科大),酒巻哲夫(群馬大),竹田明徳(住友電工),成澤英明(昭和大),松村泰志(大阪大),松本勉(熊本電波高専),三谷正信(札幌医大),山田隆司(久瀬村診療所),山本隆一(大阪医大

図表

図1、電子カルテテンプレートの概念図

 説明:Item B,C,D,Tは入力項目で、Item E,Gは結果表示の項目である。Item Bは選択リストを開いている

表1、TDLによる記述例

 説明:図1のテンプレートをTDLプロトタイプにより記述した

参考文献

1 山崎俊司他:医学辞書、入出力テンプレート、3次元データベースよりなる問題指向型電子カルテ:第14回医療情報学連合大会論文集、695-698、1994.
2 山崎俊司他:データの標準化を考慮した電子カルテとその運用:第16回医療情報学連合大会論文集、838-839、1996.
3 Shunji Yamazaki et.al:Template Definition Language The concept and Proposal:Proc TEPR'97 169-174,1997.
4 山崎俊司他:電子カルテにおけるテンプレート記述言語の開発:医療情報学 Vol.17 No.4(in press)
5 Standard Specification for Defining and Sharing Modular Health Knowledge Bases(Arden Syntax for Medical Logic Modules) :ASTM Designation E 1460-92
6 加藤清他:診療録のテンプレート方式による入力の実施と評価:第16回医療情報学連合大会論文集、92-93、1996.
7 松村泰志他:電子カルテにおける動的テンプレートの開発とその意義:第16回医療情報学連合大会論文集、840-841、1996.
8 Yoichi Satomura:Individual Medicine for Global Healthcare:第16回医療情報学連合大会論文集、19-21、1996.  

Microsoft Access TO HTML Converter.Medical Informatics,Shimane medical UNIV.