カリキュラムポリシー

  1. 1年次では、主として全学共通教育を履修します。全学共通教育は、基礎科目として「外国語」「健康・スポーツ、文化・芸術」「情報科学」の科目群、教養育成科目として「人文・社会分野」「自然分野」「学際分野」の科目群があります。全学共通教育は教育目標として「知の探求者として育つ」「市民社会の形成者として育つ」「地域社会の創造者として育つ」「国際社会の貢献者として育つ」「自己の開拓者として育つ」の5つを掲げており、これらの科目を修得することで、専門教育の基礎となる力を養うとともに、教養ある社会人として必要な、幅広い知識、思考力、語学力、コミュニケーション能力を涵養します。また、国際的視点の涵養のために、海外研修を自由科目として設定しています。

  2. 1年次の前期に初年次教育授業「看護学入門セミナー」が設けられています。専門教育科目を履修する準備として、レポートの書き方や文献検索方法など、学ぶ技術に関する力を身につける他、解剖見学や心肺蘇生法の演習など、専門教育への橋渡しになるような基礎的知識・技能を養います。

  3. 1年次から2年次にかけて、看護を学ぶために必要な基礎知識である「人体の形態と機能」や「疾病論」・「人間心理」などの専門基礎科目を履修します。

  4. 1年次から2年次にかけての専門科目では、看護学の基盤となる「看護学原論」などの講義科目、看護を提供するための援助技術を学ぶ「ヘルスアセスメント技術演習」や「日常生活援助技術演習」などの演習科目、さらに基礎看護学実習によって、看護の基本を身につけます。

  5. 2年次後期から多様な健康問題への対応を学ぶため、「成人看護学」「母性看護学」「小児看護学」「精神看護学」「老年看護学」「在宅看護学」「地域看護学」の幅広い看護の専門領域の概論・援助論を履修します。

  6. 3年次後期からはこれまでの学習をふまえて、病院はもとより、保育所、老人保健施設、訪問看護ステーション等において、各領域の実習を行います。また地域で暮らす人々の健康問題への対応を学ぶため、4年次に島根県全域の保健所、市町村、事業所において「地域看護学実習」を展開しています。さらに4年次後期には、個々の学生が主体的に実習計画を立てて実行する看護学総合実習を実施し、看護実践能力の統合を図っています。

  7. 看護専門職としての研究マインドの育成のため、4年次の1年をかけて「卒業研究」に取り組んでいます。看護学のエビデンスを生み出す研究のプロセスについて、自ら研究課題を定めてデータを収集・分析し、一般公開の発表会を経て、論文として集録にまとめます。

  8. チーム医療の主な担い手としての態度を養うため、1年次には必修科目の中に医学科との合同授業があります。また附属病院と連携して、病院の看護師が講義や演習に講師・ファシリテーターとして参加することによって、医療現場における最新の技術を教育に取り入れています。

  9. 看護系大学の卒業時到達目標として挙げられる看護実践能力の到達度について、1年次から経年的に客観的数値として把握することができる、「看護学実習Web」という独自の評価システムがあります。「看護学実習Web」により、自らの看護実践能力の分析を行ったり、以後の実習計画の参考にしたり、またポートフォリオとして印刷して保管することも可能となっています。

 

 

・カリキュラム

 

各学年で取得する科目を前期、後期に分けて掲載しています。