大学病院連携型高度医療人養成推進事業

「大学病院連携型高度医療人養成推進事業」は平成22年度から、「医師不足解消のための大学病院を活用した専門医療人材養成 (大学病院間の相互連携による優れた専門医等の養成)」として名称が変更となりました。


「大学病院連携型高度医療人養成推進事業」に選定

文部科学省が新たに公募した平成20年度「大学病院連携型高度医療人養成推進事業」に,本学が申請し,神戸大学・鳥取大学・兵庫医科大学と連携する、1.「山陰と阪神を結ぶ医療人養成プログラム(地域医療と高度先進医療の融合による新たな教育システムの構築)」,及び,東京医科歯科大学が申請し,島根大学・秋田大学が連携する、2.「都会と地方の協調連携による高度医療人養成ー「付加価値」を身につけるテーラーメイド研修ー」が選定されました。

大学病院連携型高度医療人養成推進事業は、複数の大学病院が緊密に連携・協力し、それぞれの得意分野による相互補完を図り、各病院(地域における関連医療機関を含む。)を循環しながら修練や幅広い経験を積むことができる医師キャリア形成システムを構築するとともに、大学病院の若手医師に多様なキャリアパスを明確に示すことにより、若手医師が将来に希望を持ちながら安心して研修に専念でき、国民の要請に応えられる質の高い専門医や臨床研究者の養成に資するとともに研修中及び研修修了後により多くの医師が地域医療に貢献することを目的としています。

全国の国公私立大学から応募のあった28件の中から19件が選定されました。

「大学病院連携型高度医療人養成推進事業」は平成22年度から、「医師不足解消のための大学病院を活用した専門医療人材養成 (大学病院間の相互連携による優れた専門医等の養成)」として名称が変更となりました。 大学病院間が更なる連携強化を図り質の高い医療人を育成していきます。


4大学連携事業


3大学連携事業

2008 © 島根大学医学部附属病院 キャリア形成支援部門 公式HP,