アドミッション・ポリシー(AP 入学者受入方針)

医学科

1.使命と教育理念

 島根大学医学部医学科は,「地域に根ざし,地域社会から世界に発信する個性輝く大学」を目指す島根大学の理念に基づき,地域の医療を担う優れた人材を育成するとともに,疾病の予防や新たな治療法の開発など医学・医療に関する特色ある研究を推進し,広く人類の医療・福祉の発展に寄与できる人材を育成することを使命としています。

大学教育を通じて発展向上させる力

 島根大学医学部の教育を通じて,専門的な医学知識や基本的な技能の修得のみならず,医療人として必要な豊かな人間性,幅広い教養と高い倫理観を身につけます。また,コミュニケーション能力,主体的な行動力,問題を自ら発見し解決を図る能力,情報収集能力及びチームとして多職種と協働できる能力を修得し,それらを段階的に発展させます。入学後早期から地域基盤型の教育を行うことにより,地域医療に対する高い意欲と使命感を涵養し,地域医療への動機付けの向上を図ります。更に,外国語教育の強化や海外実習の充実等により,グローバルな視点を養うとともに,講座配属や研究体験の機会の充実を図り研究マインドを豊穣させます。

<地域枠・緊急医師確保対策枠・県内定着枠>

 地域枠・緊急医師確保対策枠・県内定着枠にて入学した学生は,上記に加え,地域医療に対するより一層高い意欲と強い使命感を涵養し,地域医療に貢献できる能力の発展向上を目指します。そのために,高大連携から卒前卒後教育・生涯教育の一貫した地域医療人育成のための取組みを積極的に推進し,また,島根県や県内医療機関等と連携し,県内で活躍する医師のキャリア形成支援の充実を図り,安心して地域医療に取り組める体制を整備しています。

2.求める学生像

 医学部医学科では,以下のような能力を身につけてきた学生を求めています。

知識・技能

1.高等学校で履修する英語,数学,理科,社会,国語において,入学後の医学部の修学に支障がないレベルの知識を有している。

思考力・判断力・表現力

2.人のために尽くそうとする明確な意志を有している。

3.地域医療を担う意欲と使命感を有している。

4.生命及び人に対する尊厳と倫理観及び理論的な思考力を備えている。

5.探究心が豊かであり,未知の分野に挑戦しようとする情熱を有している。

6.異文化や自分と異なる考えを受け入れ,広い視野で物事を判断し思考できる。

7.自分の意見や考えをわかりやすく言葉や文章で表現できる能力を有している。

主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度

8.コミュニケーション能力に長けている。

9.相手の気持ちを理解するとともに支持し,周囲の人々と協調性を持って行動できる。

3.入学者選抜の基本方針

○一般入試(前期日程)

大学入試センター試験では,英語,数学,理科,社会,国語において,入学後の医学部の修学に支障がないレベルの基礎学力を有しているかを評価します。

個別学力試験では,数学,英語の筆記試験を課し,これらの科目の知識,思考力,判断力,表現力を評価し,さらに面接では,医療人として必要な豊かな人間性,幅広い教養と高い倫理観,コミュニケーション能力,主体的な行動力,問題を自ら発見し解決を図る能力,情報収集能力及びチームとして協働できる能力などを評価します。

なお,県内定着枠では,卒業後は島根大学医学部附属病院を含む島根県内の病院の臨床研修プログラムにより初期及び後期の臨床研修を受けるとともに,島根県の地域医療に貢献する意欲・使命感を面接によって評価します。

○特別選抜

推薦入試Ⅱ

大学入試センター試験では,英語,数学,理科,社会,国語において,入学後の医学部の修学に支障がないレベルの基礎学力を有しているかを評価します。

小論文では,出題された文章等に対し,主として論述式により解答する問題を課し,知識,物事の判断,論理的思考,分析・考察,問題解決等の能力を評価します。

面接では,医療人として必要な豊かな人間性,幅広い教養と高い倫理観,コミュニケーション能力,主体的な行動力,問題を自ら発見し解決を図る能力,情報収集能力及びチームとして協働できる能力などを評価します。

地域枠推薦入試

出願前にへき地医療機関等で医療福祉体験活動を行い,適性評価を受けるとともに,市町村長等による面接を受けます。この面接は,志願者が故郷の地域医療に貢献したいという強い意志を持っていることを確認するとともに,医師となるにふさわしい資質を備えているかを多面的に見極めます。

小論文では,物事の判断,論理的思考,分析・考察,問題解決等の能力を評価します。

面接では,医療人として必要な豊かな人間性,幅広い教養と高い倫理観,コミュニケーション能力,主体的な行動力,問題を自ら発見し解決を図る能力,情報収集能力及びチームとして協働できる能力とともに,志願者が故郷の地域医療に貢献したいという強い意志を評価します。

緊急医師確保対策枠推薦入試

出願前に県内医療機関等で医療体験活動を行い,適性評価を受けるとともに,島根県担当者による面接を受けます。この面接は,志願者が島根県の地域医療に貢献したいという強い意志を持っていることを確認するとともに,医師となるにふさわしい資質を備えているかを多面的に見極めます。

小論文では,物事の判断,論理的思考,分析・考察,問題解決等の能力を評価します。

面接では,医療人として必要な豊かな人間性,幅広い教養と高い倫理観,コミュニケーション能力,主体的な行動力,問題を自ら発見し解決を図る能力,情報収集能力及びチームとして協働できる能力とともに,志願者が島根県の地域医療に貢献したいという強い意志を評価します。

 

選抜試験における評価項目と評価方法

一般入試【前期日程:一般枠,県内定着枠】

一般枠,県内定着枠

選抜方法 知識 思考力・判断力・表現力 コミュニケーション・協調性 地域医療に対する意欲・使命感
大学入試センター試験    
個別学力試験(数学,英語)    
面接

 

特別選抜【推薦入試Ⅱ,地域枠推薦入試,緊急医師確保対策枠推薦入試】

 区分 選抜方法 知識 思考力・判断力・表現力 コミュニケーション・協調性 地域医療に対する意欲・使命感
推薦入試Ⅱ 推薦書・調査書
大学入試センター試験    
小論文    
面接
地域枠推薦入試,緊急医師確保対策枠推薦入試 推薦書・調査書
大学入試センター試験    
小論文    
面接
地域医療等に関する論文
地域の医療機関における適性評価
学外第三者*による面接

★ 参考とするもの
◎,○ 評価を点数化し,合否判定に用いる(◎評価する上で重視するもの ○評価に用いるもの)
* 市町村長等または県担当者