ディプロマ・ポリシー(DP 教育課程編成・実施の方針)

1) 医療人に必要な豊かな人間性を身につけ,幅広い教養と高い倫理観を備えている。

2) 生命の尊厳及び患者の権利と人格尊重の重要性を理解している。

3) 患者中心のチーム医療の本質を理解し,相互の尊重のもとに適切な行動をとるこができる。

4) 患者やその家族と良好な人間関係を築くためのコミュニケーション能力を有する。

5) 医療を巡る社会経済動向を把握し,地域医療の向上に貢献できる。

6) 国際的視野を持ち,医学・医療の進歩と改善に資するために研究を遂行する意欲と基礎的素養を有する。