島根大学医学部歯科口腔外科学講座イメージ
TOPページ > 医療機関のみなさまへ > 顎顔面インプラントセンターからのご案内
 顎顔面インプラントセンターからのご案内
日本顎顔面インプラント学会認定専門医研修手帳

 歯科領域における専門医制度の行方はまだまだ不明ですが、日本顎顔面インプラント学会でかねてより検討を重ねてまいりました「公益社団法人 日本顎顔面インプラント学会認定専門医研修手帳」が完成しました。

手帳はこちらからご覧いただけます

手帳(wordファイル)は学会ホームページからダウンロードできます

顎顔面インプラントセンター料金表

インプラントお見積書 はこちらからご覧いただけます。

1.診査・診断,入院,麻酔の料金 はこちらからご覧いただけます。

2.インプラント治療に関する料金 はこちらからご覧いただけます。

3.その他の歯に関する料金 はこちらからご覧いただけます。

インプラント義歯のメンテナンスについて 

<使用器具>
ホームケア用使用器具:歯ブラシ, 歯間ブラシ, デンタルフロス, ガーゼストリップス,
           含嗽剤
プロフェッショナルケア用使用器具:スケーラー, ポリッシングペースト, ラバーカップ


<メンテナンス術式>
上部構造装着前:ヒーリングアバットメントが装着された状態.
         上部構造が装着されるまでは歯ブラシがかかりにくいので,
         バス法に準じた丁寧なブラッシングを指導する.
上部構造装着後:基本的には歯周病に準じたプラークコントロール

1)歯ブラシによるプラークの除去
→通常, 天然歯部に用いる歯ブラシと同じものを用いる.
天然歯と異なり, チタン表面とこれに接する軟組織境界面が傷つきやすいので, 軟らかめの歯ブラシを使用する.
空隙に毛先を滑り込ませ, 一カ所ずつ丁寧に清掃する.

2)歯間ブラシによるプラークの除去
→歯間部の大きさに合わせてサイズを選択する.
アバットメント表面が傷つけないように, シャンクがプラスチックコーティングされているものを選択する.

3)スーパーフロスによるプラークの除去
→天然歯との境界の隣接面部. 
過度にインプラント周囲歯肉溝に挿入し付着部の損傷や軟組織の退縮が起こらないようにする.

4)ガーゼストリップス
→遊離端を含む上部構造の遠心端に使用.
5mm程度の幅のガーゼストリップスを作り, それを基底面と粘膜面間に置き, 左右に動かす.

5)含嗽剤(イソジンは使用しない)

6)プラスチックスケーラー
→チタンよりも柔らかく, 表面を傷つけないプラスチックスケーラーを使用.

7)ポリッシングペーストとラバーカップ
→研磨粒子の細かいペーストを用い, ラバーカップで表面清掃し滑沢化.

撤去した上部構造:口腔外でのクリーニング, 研磨.
        0.1%次亜塩素酸ナトリウム溶液で5分間超音波洗浄し 
        水洗後, 研磨処置.


<咬合接触に対するメンテナンス>

1)上部構造に生じた動揺, 違和感
 →問診にて確認
2)上部構造の摩耗, 破折の有無
 →必要に応じて上部構造の修理・交換を行う
3)アクセスホールの封鎖状態
  スクリュー固定式の場合に確認
4)スクリューのゆるみの確認
5)咬合接触状態(咬頭嵌合位, 下顎運動時) 
 →咬合接触の診査には, 通常の咬合紙に加え10μm程度のレジストレーションストリップスを利用した引き抜き試験を行い, 詳細を確認する.


<メンテナンス間隔>
1)リコールスケジュールについて
 
   上部構造装着後1週間以内に再診
         ↓
   最低でも3ヶ月ごとに口腔内検査
         ↓
   6ヶ月〜1年に1度はインプラント上部構造を撤去する

2)リコール時の検査項目について
 医療面接
→全身的な健康, 服用薬剤, 咀嚼状態, 審美性, 発語の変化, プラークコントロールに使用している器具や使用頻度の確認

 口腔内検査
→プラークコントロールの状態, 出血状態, アバットメント周囲軟組織の炎症兆候, 排膿, 瘻孔の有無, インプラント補綴装置の適合状態, 破損, 上部構造の咬合接触状態・動揺度

 エックス線検査
→年に1度は撮影しインプラント周囲骨との境界面の検査, 骨高径と骨密度の評価




             島根大学医学部附属病院 顎顔面インプラントセンター
                    センター長   関根 浄治
                    センター医長  渡邊 正章