ホーム > 教室紹介 > 業績紹介
教授あいさつ
スタッフ紹介
臨床精神薬理学
老年精神医学
睡眠学
リエゾン精神医学
思春期精神医学
統合失調症の臨床研究
グリアとECTの生物学的研究
NIRSの臨床研究
2018年 業績
2017年 業績
2016年 業績
2015年 業績
2014年 業績
2013年 業績
2012年 業績
2011年 業績
2010年 業績
2009年 業績

2009年 業績

論文
  1. 堀口淳: 精神科のくすりの副作用. こころの科学 143: 49-56, 2009
  2. Miyaoka, Tsuyoshi MD, PhD; Furuya, Motohide MD; Yasuda, Hideaki MD, PhD; Hayashida, Maiko MD; Nishida, Akira MD, PhD; Inagaki, Takuji MD, PhD; Horiguchi Jun MD, PhD: Yi-Gan San as Adjunctive Therapy for Treatment-Resistant Schizophrenia: An Open-Label Study. Clinical Neuropharmacology 32(1): 6-9, 2009
  3. 辻誠一: 睡眠薬の副作用(健忘・過食など). 精神科治療学 24(2): 195-200, 2009
  4. 稲見康司, 堀口淳: 入(出)眠時幻覚と睡眠麻痺(金縛り). 精神科治療学 24(2): 215-218, 2009
  5. 堀口淳: 日常臨床における睡眠覚醒障害. 日本東洋心身医学研究 24(1/2): 9-14, 2009
  6. 堀口淳: 私の統合失調症観における生活臨床―若い精神科医と恩師・柿本教授とに捧げる―. 臨床精神医学 38(2): 199-208, 2009
  7. 稲垣卓司, 川向哲也, 長濱道治, 河野公範, 家田麻紗, 山下智子: 精神障害が与える心理的問題. 透析ケア 15(3): 37-41, 2009
  8. Miyaoka T, Nagahama M, Tsuchie K, Hayashida M, Nishida A, Inagaki T, Horiguchi J: Charles Bonnet syndrome: successful treatment of visual hallucinations due to vision loss with Yi-gan san. Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry 17;33(2): 382-383, 2009
  9. Hideto Shinno, M.D.,Ph.D., Yasushi Inami, M.D.,Ph.D., Takuji Inagaki, M.D.,Ph.D., Tetsuya Kawamukai, M.D., Etsuko Utani, M.D., Yu Nakamura, M.D.,Ph.D., Jun Horiguchi, M.D.,Ph.D: Successful treatment with levothyroxine for idiopathic hypersomnia patients with subclinical hypothyroidism. General Hospital Psychiatry 31: 190-193, 2009
  10. 稲見康司: むずむず脚症候群と周期性四肢運動障害. (特集 高齢者の睡眠障害). 睡眠医療 3(2): 215-220, 2009
  11. 稲垣卓司: 身体表現性障害の診断と治療(特集 こころのケア こころのケアのための基礎知識). JOHNS 25(5): 685-687, 2009
  12. Akira Nishida, Tsuyoshi Miyaoka, Takuji Inagaki and Jun Horiguchi: New Approaches to Antidepressant Drug Design: Cytokine-Regulated Pathways. Current Pharmaceutical Design 15(14): 1683-1687, 2009
  13. Maiko Hayashida, Tsuyoshi Miyaoka, Keiko Tsuchie, Hideaki Yasuda, Rei Wake, Akira Nishida, Takuji Inagaki, Tomoko Toga, Haruhiko Nagami, Teiji Oda, Jun Horiguchi: Hyperbilirubinemia-related behavioral and neuropathological changes in rats: A possible schizophrenia animal model. Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry. 15;33(4): 581-588, 2009
  14. 河野公範, 岡崎四方, 宮岡剛, 稲垣卓司, 堀口淳: 多飲行動にACE阻害薬が有効であった統合失調症の1例. 臨床精神薬理 12(6): 1245-1248, 2009
  15. Jun HORIGUCHI, Tsuyoshi MIYAOKA and Hideto SHINNO: Pathogenesis and symptomatology of hallucinations (delusions) of organic brain disorder and schizophrenia. Psychogeriatrics 9(2): 73-76, 2009
  16. 堀口淳: 塩酸ドネペジル服用患者に診られる白髪の黒髪化現象.(「精神医学への手紙」). 精神医学 51(7): 696, 2009
  17. 稲見康司, 堀口淳: パーキンソニズムを有する患者におけるコリン作動薬. (特集:向精神薬の「警告・禁忌・使用上の注意」. 精神科治療学 24(7): 823-826, 2009
  18. 河野公範, 安田英彰, 宮岡剛, 稲垣卓司, 堀口淳: 遷延した活動減少型せん妄に対してciticolineが奏功した1例. 精神科治療学 24(7): 873-877, 2009
  19. 長濱道治, 河野公範, 宇谷悦子, 川向哲也, 安田英彰, 岡崎四方, 宮岡剛, 西田朗, 稲垣卓司, 堀口淳: 抑肝散の投与により幻視が消失したシャルル・ボネ症候群の一症例. 老年精神医学雑誌 20(7): 781-785, 2009
  20. 堀口淳: 第28回日本社会精神医学会印象記. 日本社会精神医学会雑誌 18(1): 119-120, 2009
  21. Maiko Hayashida, Tsuyoshi Miyaoka, Jun Horiguchi: Is there really a link between hyperbilirubinemia and schizophrenia?. Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry 33: 915-916, 2009
  22. 堀口淳, 水野創一, 新野秀人, 稲見康司: むずむず脚症候群. (特集:不眠症). 日本臨床 67(8): 1617-1620, 2009
  23. 山下智子, 西田朗, 辻誠一, 宮岡剛, 稲垣卓司, 堀口淳: イレウスを繰り返す統合失調症長期入院患者にblonanserinが有効であった1例. 精神科 15(4): 400-404, 2009
  24. 妹尾晴夫, 堀口淳: 老年期の心気・不安(特集:老年期にみられる症候から診断への手順. 老年精神医学雑誌 20(11): 1233-1241, 2009
  25. 和気玲, 林田麻衣子, 長濱道治: 精神医学の動向〜海外文献紹介. Schizophrenia Frontier 10(4): 88-89, 2009
  26. Rei Wake, Tsuyoshi Miyaoka, Keiko Tsuchie, Kazunori Kawakami, Akira Nishida, Takuji Inagaki, Jun Horiguchi: Abnormalities in MRI signal intensity in schizophrenia associated with idiopathic unconjugated hyperbilirubinemia. Australian and New Zealand Journal of Psychiatry 43(11): 1057-1069, 2009
  27. Miyaoka T, Horiguchi J: Clinical Potential of Yi-Gan San (Yokukansan) for the Treatment of Psychiatric Disorders. Current Psychiatry Reviews 5(4): 271-275, 2009
  28. 堀口淳: 植物症とアカシジアに関する私の昔話(特集:精神医学臨床研究ガイドブック(コラム)). 臨床精神医学 38増: 243-244, 2009

 

著書
  1. 水野創一, 堀口淳: (一部執筆). 専門医のための精神科臨床リュミエール 8 精神疾患における睡眠障害の対応と治療 (10.周期性四肢運動障害). 株式会社中山書店, 東京, pp114-118, 2009 (ISBN978-4-521-73095-0 C3347)
  2. 水野創一, 堀口淳: (一部執筆). 専門医のための精神科臨床リュミエール 8 精神疾患における睡眠障害の対応と治療 (11.むずむず脚症候群). 株式会社中山書店, 東京, pp119-123, 2009 (ISBN978-4-521-73095-0 C3347)
  3. 堀口淳: (一部執筆). 標準精神医学 第4版. 第15章 器質性精神障害. 株式会社医学書院. 東京. pp367-375, 2009 (ISBN978-4-260-00707-8 Y6500)

 

その他掲載・出演
  1. 堀口淳: 眠りたい、でも眠れない。不眠で悩むあなたのために。(特集 そこが知りたい!!シリーズG). (財)中国労働衛生協会広報誌BLOOM 2009 春号(通刊56号): 2-3, 2009.4.1
  2. 鳥羽研二, 堀口淳, 石田康, 嶋田豊: 漢方と西洋医学の新たな融合〜高齢者のこころとからだ〜. NHKエデュケーショナル健康応援フェスタ’09. (東京国際フォーラム) 東京, 2009.7.18
  3. 吉尾隆, 堀口淳, 松原和夫, 高山茂樹: (座談会)不眠症治療の重要性と薬剤師の役割. 月刊薬事 51(9): 付録ページ, 2009
  4. 吉尾隆, 堀口淳, 松原和夫, 高山茂樹: (座談会)不眠症治療の重要性と薬剤師の役割. 薬局 60(10): 付録ページ, 2009
  5. 堀口淳: (特別講演)「日常診療で遭遇する精神疾患に対する薬物治療の豆知識」〜認知症、せん妄、不眠など〜. 筑水会神経情報研究所筑水会病院年報 27: 3-11, 2009
  6. 山田尚登, 堀口淳, 谷口充孝, 京谷京子: (座談会)現在の睡眠薬の特徴と使い方. 最新精神医学 14(5): 431-436, 2009

 

学会発表
  1. Tsuyoshi Miyaoka, Rei Wake, Maiko Hayashida, Keiko Tsuchie, Takuji Inagaki, Jun Horiguchi, Yasushi Yamamoto, Takashi Hayashi, Hajime Kitagaki: 99m Tc-ECD single photon emission computed tomography in Schizophrenia Associated with Idiopathic Unconjugated Hyperbilirubinemia(Gilbert's Syndrome). 第4回日本統合失調症学会. 吹田, 2009年1月30日-31日
  2. Rei Wake, M.D.,Ph.D., Tsuyoshi Miyaoka, M.D.,Ph.D., Akira Nishida, M.D.,Ph.D., Takuji Inagaki, M.D.,Ph.D., Jun Horiguchi,M.D.,Ph.D., Yasushi Yamamoto,M.S., Takashi Hayashi, M.D., Hjime Kitagaki, M.D.,Ph.D.: Characteristic brain hypoperfusion by 99mTc-ECD single photon emission computed tomography (SPECT) in patients with schizophrenia. 第4回日本統合失調症学会. 吹田, 2009年1月30日-31日
  3. Tsuyoshi Miyaoka: Minocycline as Adjunctive Therapy for Schizophrenia: an Open-Label Study. SOCIETY OF BIOLOGICAL PSYCHIATRY 64 the Annual Scientific Convention & Program. Vancourver, BC, Canada, May 14-16, 2009
  4. 岸和子, 稲垣卓司, 内田由里, 中村勇, 瀬島斉, 竹谷健, 葛西武司, 安田謙二, 山口清次: 島根大学医学部附属病院小児科病棟に入院した心身症患者の臨床像の検討. 第27回日本小児心身医学会学術集会. 東京, 2009年6月6日-7日
  5. 和氣玲, 宮岡剛, 河上一公, 土江景子, 稲垣卓司, 堀口淳: 99mTc-ECD single photon emission computed tomography (SPECT) を用いた初発統合失調症の脳血流の特徴に関する研究. 第36回日本脳科学会. 金沢, 2009年6月12日-13日
  6. 河野公範, 岡崎四方, 宮岡剛, 稲垣卓司, 堀口淳: 多飲行動にACE阻害薬が有効であった統合失調症の一例. 第57回山陰精神神経学会. 米子, 2009年7月18日
  7. 家田麻紗, 辻誠一, 宮岡剛, 稲垣卓司, 堀口淳: 遅発緊張病の昏迷状態において修正型電気けいれん療法が奏功した1例. 第57回山陰精神神経学会. 米子, 2009年7月18日
  8. 山下智子, 辻誠一, 宮岡剛, 稲垣卓司, 堀口淳: 周期性四肢運動障害、睡眠関連下肢こむらがえり、睡眠時無呼吸症候群を併発した不眠症の1例. 第57回山陰精神神経学会. 米子, 2009年7月18日
  9. 堀口淳: アカシジアの症候学(教育講演23). 第105回日本精神神経学会学術総会. 神戸, 2009年8月21日-23日
  10. 河野公範, 岡崎四方, 辻誠一, 宮岡剛, 稲垣卓司, 堀口淳: 多飲行動にACE阻害薬が有効であった統合失調症の一例. 第105回日本精神神経学会学術総会. 神戸, 2009年8月21日-23日
  11. Tsuyoshi Miyaoka: ECT treatment and cerebral perfusion in catatonia. International Neuropsychiatric Association. Kobe, Sptember 12-13, 2009
  12. Tsuyoshi Miyaoka, Michiharu Nagahama, Kiminori Kawano, Rei Wake, Takuji Inagaki, Jun Horiguchi: Yi-Gan San for The Treatment of Charles Bonnet Syndrome (visual hallucination due to vision loss) An Open-Label Studay. ICGP2009. Baltimore, November 4-7, 2009
  13. Rei Wake, Tsuyoshi Miyaoka, Kazunori Kawakami, Keiko Tsuchie, Jun Horiguchi: Characteristic Geriatric Change of Brain Perfusion by 99mTc-ECD Single Photon Emission Computed Tomography (SPECT) in Patients with Schizophrenia. ICGP 2009. Baltimore, November 4-7, 2009
  14. Masa Ieda, Keiko Tsuchie, Tsuyoshi Miyaoka, Akira Nishida, Takuji Inagaki, Jun Horiguchi, Naoto Kono, Ryo Mizuhara: Successful Treatment in an increased Impulsive State of Huntington's Disease with Olanzapine. ICGP 2009. Baltimore, November 4-7, 2009
  15. Satoko Yamashita, Seiichi Tsuji, Kiminori Kawano, Keiko Tsuchie, Tsuyoshi Miyaoka, Takuji Inagaki, Jun Horiguchi: A Case of Sleeplessness with Periodic Limb Movement Disorder, Sleep Related Leg Cramps, and Sleep Apnea Syndorome. ICGP 2009. Baltimore, November 4-7, 2009
  16. Tsuyoshi Miyaoka, Rei Wake, Keiko Tsuchie, Kazunori Kawakami, Takuji Inagaki, Jun Horiguchi: Efficacy and Safety of Aripiprazole in First-episode Schizophrenia: An Open-label Study. 1st AsCNP. Kyoto, November 13-15, 2009
  17. Keiko Tsuchie, Tsuyoshi Miyaoka, Maiko Hayashida, Rei Wake, Takuji Inagaki, Jun Horiguchi: Is There Any Effect on Schizophrenia Model Rats (Gunn rats) with the Treatment of Antyphsychotic Medicine? 1st AsCNP. Kyoto, November 13-15, 2009
  18. 外枦保久仁子, 小塩美加, 高野由美子, 稲垣卓司, 堀口淳: 選択性緘黙女児のプレイセラピー〜塗り絵の治療的意味について〜. 第50回中国・四国精神神経学会. 松江, 2009年11月26日-27日
  19. 宮岡剛, 和氣玲, 林田麻衣子, 土江景子: 統合失調症治療における塩酸ミノサイクリンの治療効果についての臨床研究. 第42回精神神経系薬物治療研究報告会. (千里ライフサイエンスセンター) 豊中, 2009.12.4