ホーム > 教室紹介 > 業績紹介
教授あいさつ
スタッフ紹介
臨床精神薬理学
老年精神医学
睡眠学
リエゾン精神医学
思春期精神医学
統合失調症の臨床研究
グリアとECTの生物学的研究
NIRSの臨床研究
2018年 業績
2017年 業績
2016年 業績
2015年 業績
2014年 業績
2013年 業績
2012年 業績
2011年 業績
2010年 業績
2009年 業績
2011年 業績
論文
  1. Maiko Hayashida, Takuji Inagaki, Jun Horiguchi: Anorexia Nervosa and Diabetes Insipidus In Pregnancy. Progress in Neuro-Psychopharmacology and Biological Psychiatry 35: 297-298, 2011 (Accepted Manuscript, Available online 10 November 2010)
  2. Tsuyoshi Miyaoka, MD, PhD, Motohide Furuya, MD, Liaury Kristian, MD, Rei Wake, MD, PhD, Kazunori Kawakami, PhD, Michiharu Nagahama, MD, Kiminori Kawano, MD, Masa Ieda, MD, Keiko Tsuchie, MSc and Jun Horiguchi, MD, PhD: Yi-Gan San for Treatment of Charles Bonnet Syndrome (Visual Hallucination Due to Vision Loss): An Open-Label Study. Clinical Neuropharmacology 34(1): 24-27, 2011
  3. 古屋智英, Liaury Kristian, 宮岡剛, 堀口淳: 抑肝散の追加投与で精神症状の安定がみられた急性リンパ性白血病の1例. 漢方と診療 2(1): 34, 2011
  4. Takuji Inagaki, Masa Ieda, Satoko Yamashita, Tsuyoshi Miyaoka, Jun Horiguchi: Salivary Alpha-Amylase Reactivity under Psycho-Physiological Stress. A Nonverbal Communication Measurement Tool?. Journal of Behavioral and Brain Science 1: 12-15, 2011
  5. 堀口淳: 編集後記. 精神神経学雑誌 113(3): 347, 2011
  6. 家田麻紗, 岡崎四方, 宮岡剛, 堀口淳: 躁状態に前駆して高CK血症を来す双極性障害の1例. 精神医学 53(3): 235-238, 2011
  7. 長濱道治, 宮岡剛, Liaury Kristian, 堀口淳, 福田賢司: ドネペジル塩酸塩に起因する尿失禁に牛車腎気丸が奏効したアルツハイマー型認知症の1症例. 老年精神医学雑誌 22(3): 346-349, 2011
  8. Rei Wake, Tsuyoshi Miyaoka, Kazunori Kawakami, Motohide Furuya, Masa Ieda, Liaury Kristian, Keiko Tsuchie, Akira Nishida, Takuji Inagaki, Jun Horiguchi: Diagnostic value of single photon emission computed tomography (SPECT) of the brain of patients with the first-episode schizophrenia. Journal of Brain Science 36: 4-17, 2011
  9. 堀口淳: COMMENT 2(阪上由香子, 田中稔久, 工藤喬, 武田雅俊: 怠薬により症状増悪し難治化した統合失調症の一症例). Schizophrenia Frontier 11(4): 43, 2011
  10. Koh Iwasaki, MD, PhD, Kenji Kosaka, MD, PhD, Hideo Mori, MD, PhD, Reina Okitsu, MD, Katsutoshi Furukawa, MD, PhD, Yuta Manabe, MD, PhD, Mitsuhiro Yoshita, MD, PhD, Aya Kanamori, MD, Nobuo Ito, MD, PhD, Kenji Wada, MD, PhD, Jun Horiguchi, MD, PhD, Shuhei Yamaguchi, MD, PhD, Ryuji Fukuhara, MD, PhD, Shinji Ouma, MD, Seigo Nakano, MD, PhD, Mamoru Hashimoto, MD, PhD, Toru Kinoshita, MD: OPEN LABEL TRIAL TO EVALUATE THE EFFICACY AND SAFETY OF YOKUKANSAN, A TRADITIONAL ASIAN MEDICINE, IN DEMENTIA WITH LEWY BODIES. Journal of the American Geriatrics Society 59(5): 936-938, 2011
  11. Hideto Shinno, Ichiro Ishikawa, Mami Yamanaka, Ai Usui, Sonoko Danjo, Yasushi Inami, Jun Horiguchi, Yu Nakamura: Effect of levothyroxine on prolonged nocturnal sleep time and excessive daytime somnolence in patients with idiopathic hypersomnia. Sleep Medicine 12: 578-583, 2011
  12. 堀口淳: 治療抵抗性統合失調症に対する抑肝散の有効性と安全性に関する多施設共同ランダム化二重盲検比較試験, 漢方医学 35(2): 124, 2011
  13. 山下智子, 辻誠一, 河野公範, 宮岡剛, 稲垣卓司, 堀口淳: 周期性四肢運動障害と睡眠関連下肢こむらがえり、および睡眠時無呼吸症候群を併発した不眠症の1例. 精神科治療学 26(7): 885-889, 2011
  14. 妹尾晴夫, 堀口淳: (特集:進歩した認知症の診療) 認知症の症状・診断基準と重症度評価/血管性認知症. 臨牀と研究 88(6): 22-25, 2011
  15. 堀口淳, 宮岡剛: ラメルテオン投与による臨床効果とベンゾジアゼピン系睡眠薬処方状況への影響について. Life Style Medicine 5(1): 64-66, 2011
  16. 古屋智英, 山下智子, 堀口淳: うつ病を合併した線維筋痛症にデュロキセチンが奏功した1例. 最新医学 66(7): 164-166, 2011
  17. 稲垣卓司: 治療を拒否する患者―その心理学・精神病理学的理解と対応―. 精神科治療学 26(8): 975-979, 2011
  18. 工藤千秋, 本田満, 稲垣卓司, 北岡哲子, 小杉幸夫: うつ病から認知症へのスペクトラム―早期認知症における鑑別診断の重要性―. 日本早期認知症学会論文誌 4(1): 17-22, 2011
  19. 古屋智英, Liaury Kristian, 宮岡剛: (精神医学の動向〜海外文献紹介) ビリルビン誘発によるミクログリアの反応の特徴;貪食作用から炎症作用へ. Schizophrenia Frontier 12(2): 62, 2011
  20. 林田麻衣子: (精神医学の動向〜海外文献紹介) 統合失調症動物モデルにおける行動異常とクレアチンキナーゼ活性の上昇について. Schizophrenia Frontier 12(2): 62-63, 2011
  21. 和氣玲: (精神医学の動向〜海外文献紹介) 長期の抗精神病薬の治療と脳体積;初発統合失調症の長期的研究. Schizophrenia Frontier 12(2): 63, 2011
  22. 水野創一, 堀口淳: (特集:睡眠医療の最前線―広まりつつある睡眠医療の重要性) むずむず脚症候群. カレントテラピー 29(9): 40-45, 2011
  23. Akifumi Kishi, PhD, Hideaki Yasuda, MD, PhD, Takahisa Matsumoto, MD, PhD, Yasushi Inami, MD, PhD, Jun Horiguchi, MD, PhD, Masako Tamaki, PhD, Zbigniew R. Struzik, PhD, Yoshiharu Yamamoto, PhD: NREM Sleep Stage Transitions Control Ultradian REM Sleep Rhythm. SLEEP 34(10): 1423-1432, 2011
  24. 森和彦, 堀口淳: (特集:長期予後を見据えた薬物療法―統合失調症の再発・再燃を少なくする工夫) 統合失調症における錐体外路症状と長期予後との関連. 臨床精神薬理 14(10): 1649-1653, 2011
  25. 堀口淳: 大学病院精神科―楽しんで、働いて、楽しんできました―. 精神科 19(4): 359-366, 2011
  26. 山下智子, 和氣玲, 宮岡剛, 堀口淳: 肝性脳症によるせん妄状態にBlonanserinが奏効した1症例. 臨床精神医学 40(10): 1353-1357, 2011
  27. 河野公範: 重要文献紹介. ねむりと医療 4(2): 39, 2011
  28. 堀口淳, 宮岡剛, 古屋智英: 認知症以外の対象に対する抑肝散の臨床応用(第1報)―第一線の臨床現場における投与実態―. PROGRESS IN MEDICINE 31(11): 212-219, 2011
  29. 堀口淳, 宮岡剛, 古屋智英: 認知症以外の対象に対する抑肝散の臨床応用(第1報)―第一線の臨床現場における投与実態―. PROGRESS IN MEDICINE 31(11): 220-221, 2011
  30. 稲見康司, 稲垣卓司, 堀口淳: (特集:精神疾患と睡眠障害)認知症と睡眠障害. 睡眠医療 5(3): 300-304, 2011
  31. 河野公範, 宮岡剛, 堀口淳: ミルタザピンとデュロキセチンの併用により寛解に至ったうつ病の一例. 最新医学 66(12): 138-139, 2011

 

著書
  1. 堀口淳: (一部執筆). チーム医療. 山内俊雄, 小島卓也, 倉知正佳, 鹿島晴雄編集: 専門医をめざす人の精神医学第3版, 医学書院, 東京, pp741-746, 2011
  2. 堀口淳: 厚生労働科学研究費補助金医療技術実用化総合研究事業 治療抵抗性統合失調症に対する抑肝散の有用性と安全性に関する多施設共同二重盲検ランダム化比較試験 平成22年度総括研究報告書. 2011
  3. 堀口淳: (一部執筆). アントン症候群. 井村裕夫総編集, 福井次矢, 辻省次編集: 症候群ハンドブック, 中山書店, 東京, pp134, 2011
  4. 妹尾晴夫, 堀口淳: (一部執筆). 全般性不安障害. 松下正明監修, 粟田主一編著: 日常診療で出会う高齢者精神障害のみかた, 中外医学社, 東京, pp52-57, 2011
  5. 和氣玲, 宮岡剛, 堀口淳: (一部執筆). 症例6. スルピリドからの切り替えで奏効した1例. 樋口輝彦編: 実地医家のためのうつ病治療症例集 セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(SNRI)デュロキセチン, 医薬ジャーナル社, 大阪, pp77-79, 2011
  6. 堀口淳, 水野創一: (一部執筆) 7章:睡眠障害/Key word 106. むずむず脚症候群と周期性四肢運動障害. 松下正明総編集: 精神医学キーワード事典. 中山書店, 東京, pp297-302, 2011
  7. 森和彦, 堀口淳: (一部執筆) 〔C.向精神薬の副作用治療薬〕1.パーキンソン症状. 宮岡等編著: 精神科必須薬を探る第2版, 中外医学社, 東京, pp106-113, 2011
  8. 稲垣卓司, 堀口淳: (一部執筆) 精神科医が行う心身症外来、心身医療外来. 石津宏編集: 専門医のための精神科臨床リュミエール27〔精神科領域からみた心身症〕, 中山書店, 東京, pp54-56, 2011
  9. 堀口淳: (一部執筆) 錐体外路症状. 加藤敏, 神庭重信, 中谷陽二, 武田雅俊, 鹿島晴雄, 狩野力八郎, 市川宏伸編集: 現代精神医学事典, 弘文堂, 東京, pp545-546, 2011
  10. 堀口淳: (一部執筆) 睡眠時周期性四肢運動障害. 加藤敏, 神庭重信, 中谷陽二, 武田雅俊, 鹿島晴雄, 狩野力八郎, 市川宏伸編集: 現代精神医学事典, 弘文堂, 東京, pp548-549, 2011
  11. 堀口淳: (一部執筆) むずむず脚症候群〔下肢静止不能症候群〕. 加藤敏, 神庭重信, 中谷陽二, 武田雅俊, 鹿島晴雄, 狩野力八郎, 市川宏伸編集: 現代精神医学事典, 弘文堂, 東京, pp1000, 2011
  12. 稲垣卓司: (一部執筆) 臨床各科で遭遇する幻覚妄想:小児科領域. 堀口淳編集: 脳とこころのプライマリケア6. シナジー, 東京, pp259-265, 2011

 

その他掲載・出演
  1. 堀口淳, 森則夫: 統合失調症―その正しい理解と抑肝散の使い方. Science of Kampo Medicine 漢方医学 35(1): 66-75, 2011
  2. 堀口淳: ラメルテオン錠投与1〜2週間の有効性・安全性〜当院における睡眠薬処方の変化〜. 2011.1.16ロレゼムエキスパートミーティング「ラメルテオン錠の治療実態と可能性」講演記録(武田薬品工業株式会社). 2011.2
  3. 堀口淳: 「わが旅」―ガイジン部隊のオンセン風景―. 日本医師会雑誌 140(7): , 2011
  4. 堀口淳: せん妄の予防と対策 治療薬の選択と使い方. 第23回日本サイコオンコロジー学会、第10回日本認知療法学会合同大会ランチョンセミナー6講演記録(共催:MSD株式会社). 2011.2
  5. 堀口淳: 編集後記. 精神神経学雑誌 113(3): 347, 2011
  6. 岡崎四方, 長濱道治: http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=40246

 

学会発表
  1. 堀口淳: 治療抵抗性統合失調症に対する抑肝散の有用性と安全性に関する多施設共同二重盲検ランダム化比較試験. 平成22年度厚生労働科学研究費合同研究成果発表会. (シェーンバッハ・サボー) 東京, 2011.2.24
  2. 河上一公, 和氣玲, 宮岡剛, 土江景子, 堀口淳: 99mTc-ECDを用いた脳血流画像での早期像と後期像の分布に関する研究―健常者データベースを使用しない認知症の検出の試み―. 第26回日本老年精神医学会. (京王プラザホテル) 東京, 2011.6.15-17
  3. 田中一平, 岡崎四方, 和氣玲, 宮岡剛, 堀口淳: SLE治療に用いられたステロイドで誘発された躁状態にリスペリドンが奏効した1例. 第59回山陰精神神経学会. (島根大学医学部) 出雲, 2011.7.9
  4. 大塚章子, 岡崎四方, 和氣玲, 宮岡剛, 堀口淳: 内服調整により服薬アドヒアランス向上を目指した再発統合失調症の一例. 第59回山陰精神神経学会. (島根大学医学部) 出雲, 2011.7.9
  5. 山下智子, 宮岡剛, 堀口淳: Aripiprazoleへの変薬で知覚変容発作と陰性症状が改善した緊張型統合失調症の1例. 第59回山陰精神神経学会. (島根大学医学部) 出雲, 2011.7.9
  6. Kristian Liaury, Tsuyoshi Miyaoka, Toshiko Tsumori, Rei Wake, Motohide Furuya, Masa Ieda, Keiko Tsuchie, Michiyo Taki, Kotomi Ishihara, AJ Tanra, Jun Horiguchi: Morphological features of microglial cells in the dentate gyrus of Gunn rats : a possible schizophrenia animal model. 第59回山陰精神神経学会. (島根大学医学部) 出雲, 2011.7.9
  7. 古屋智英, 國重和彦, 宮岡剛, 和氣玲, Liaury Kristian, 荒木智子, 貞國太志, 堀口淳: Ramelteon の追加投与がせん妄に奏効したアルツハイマー型認知症の2症例. 第59回山陰精神神経学会. (島根大学医学部) 出雲, 2011.7.9
  8. 家田麻紗: 統合失調症と自律神経の機能について. 第59回山陰精神神経学会. (島根大学医学部) 出雲, 2011.7.9
  9. Rei Wake, Tsuyoshi Miyaoka, Kazunori Kawakami, Keiko Tsuchie, Motohide Furuya, Masa Ieda, Kristian Liaury, Jun Horiguchi: The changes in the cerebral blood flow in patients with the first-episode schizophrenia of single photon emission computed tomography (SPECT) with easy Z-score imaging system analysis. 第6回日本統合失調症学会. (札幌コンベンションセンター) 札幌, 2011.7.18-19
  10. 家田麻紗, 稲垣卓司, 宮岡剛, 岡崎四方, 安田英彰, 川向哲也, 宇谷悦子, 和氣玲, 林田麻衣子, 堀口淳, 辻誠一: High salivary alpha-amylase levels in patients with schizophrenia: A pilot study. 第6回日本統合失調症学会. (札幌コンベンションセンター) 札幌, 2011.7.18-19
  11. T. Miyaoka: Clinical Potential of Minocycline for Depression with Psychotic Features. 3rd World Congress of Asian Psychiatry. Melbourne, Australia, 31 July-4 August, 2011
  12. M. Ieda, T. Inagaki, T. Miyaoka, S. Okazaki, H. Yasuda, T. Kawamukai, E. Utani, R. Wake, M. Hayashida, J. Horiguchi, S. Tsuji: High Salivary Alpha-Amylase Levels in Patients with Schizophrenia: A Pilot Study. 3rd World Congress of Asian Psychiatry. Melbourne, Australia, 31 July-4 August, 2011
  13. R. Wake, T. Miyaoka, K. Kawakami, K. Tsuchie, J. Horiguchi: The Finding of Brain Perfusion by 99mTc-ECD Single Photon Emission Computed Tomography (SPECT) in Patients with the Late-onset Schizophrenia. 3rd World Congress of Asian Psychiatry. Melbourne, Australia, 31 July-4 August, 2011
  14. S. Yamashita, M. Ieda, R. Wake, K. Tsuchie, T. Miyaoka, J. Horiguchi: A Successful Treatment of Aripiprazole in Catatonic Schizophrenia with Paroxysmal Perceptual Alteration. 3rd World Congress of Asian Psychiatry. Melbourne, Australia, 31 July-4 August, 2011
  15. T. Miyaoka, M. Furuya, L. Kristian, M. Ieda, R. Wake, K. Tsuchie, K. Kawakami, J. Horiguchi: Yokukansan for the treatment of pervasive developmental disorder not otherwise specified and Asperger's disorder: an open-label study. 24th ECNP Congress. Paris, France, 3-7 September, 2011
  16. R. Wake, T. Miyaoka, K. Kawakami, K. Tsuchie, K. Liaury, M. Furuya, M. Ieda, J. Horiguchi: Aging effects on the changes of regional cerebral blood flow in schizophrenia. 24th ECNP Congress. Paris, France, 3-7 September, 2011
  17. 堀口淳: 堀口淳: アルコールによる恐ろしい臨床問題〜特に認知障害とせん妄〜. 平成23年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会ランチョンセミナー. (愛知県産業労働センター) 名古屋, 2011.10.14
  18. Kristian Liaury, Tsuyoshi Miyaoka, Toshiko Tsumori, Rei Wake, Motohide Furuya, Masa Ieda, Keiko Tsuchie, Michiyo Taki, Kotomi Ishihara, Jun Horiguchi: Morphological features of microglial cells in the dentate gyrus of Gunn rats : a possible schizophrenia animal model. 第34回日本神経科学大会. (パシフィコ横浜) 横浜, 2011.9.14-17
  19. 堀口淳: 抑肝散の臨床応用〜統合失調症、パーソナリティ障害、ジスキネジアなど〜. 第107回日本精神神経学会学術総会教育講演11. (ホテル日航東京ほか) 東京, 2011.10.26-27
  20. 堀口淳: 認知症の症候学的診断. 第107回日本精神神経学会学術総会シンポジウム1. (ホテルグランパシフィックLE DAIBAほか) 東京, 2011.10.26-27
  21. 和氣玲, 宮岡剛, 河上一公, 土江景子, Liaury Kristian, 古屋智英, 家田麻紗, 山下智子, 河野公範, 長濱道治, 宇谷悦子, 林田麻衣子, 安田英彰, 岡崎四方, 堀口淳: 統合失調症におけるSPECT研究〜eZIS(easy Z-score imaging system)による解析. 第107回日本精神神経学会学術総会. (ホテルグランパシフィックLE DAIBAほか) 東京, 2011.10.26-27
  22. 林田麻衣子, 和氣玲, 宮岡剛, 稲垣卓司, 堀口淳: 神経性無食欲症既往歴を有する患者の妊娠中に発覚した尿崩症の1例. 第21回日本臨床精神神経薬理学会・第41回日本神経精神薬理学会合同年会. (京王プラザホテル) 東京, 2011.10.27-29
  23. Wake R, Miyaoka T, Furuya M, Nagahama M, Kawakami K, Ieda M, Liaury K, Horiguchi J: Successful treatment with citicolin in late-onset schizophrenia : a case report with longitudinal SPECT(single photon emission computerized tomography) study. 11th Annual Meeting International College of Geriatric Psychoneuropharmacology (ICGP). Irvine, USA, 2-5 November, 2011
  24. Furuya M, Kunishige K, Miyaoka T, Wake R, Liaury K, Araki T, Sadakuni F, Horiguchi J: Successful augmentation treatment of ramelteon for delirium in Alzheimer-type dementia : two case reports. 11th Annual Meeting International College of Geriatric Psychoneuropharmacology (ICGP). Irvine, USA, 2-5 November, 2011
  25. Kawakami K, Wake R, Tsuchie K, Miyaoka T, Horiguchi J: Distribution of early and delay images in dementia using 99mTc-ECD cerebral blood flow SPECT. 11th Annual Meeting International College of Geriatric Psychoneuropharmacology (ICGP). Irvine, USA, 2-5 November, 2011
  26. 宮岡剛: 抗うつ薬の合理的使用について 〜機能回復と社会復帰をめざして〜. 第52回中国四国精神神経学会ランチョンセミナー6. (高知会館) 高知, 2011.11.18-19
  27. Liaury Kristian, Miyaoka Tsuyoshi, Tsumori Toshiko, Wake Rei, Furuya Motohide, Ieda Masa, Tsuchie Keiko, Taki Michiyo, Ishihara Kotomi, Horiguchi Jun: Gunnラット(統合失調症モデル動物の可能性がある)の歯状回におけるミクログリア細胞の形態学的特性. 第52回中国四国精神神経学会. (高知会館) 高知, 2011.11.18-19