ホーム > 教室紹介 > 業績紹介
教授あいさつ
スタッフ紹介
臨床精神薬理学
老年精神医学
睡眠学
リエゾン精神医学
思春期精神医学
統合失調症の臨床研究
グリアとECTの生物学的研究
NIRSの臨床研究
2018年 業績
2017年 業績
2016年 業績
2015年 業績
2014年 業績
2013年 業績
2012年 業績
2011年 業績
2010年 業績
2009年 業績
2012年 業績
論文
  1. Takuji Inagaki, Rei Wake, Kazuko Kishi: Liaison conference for adolescent psychosomatic disease in pediatric ward. Open Journal of Psychiatry 2: 38-39, 2012
  2. 古屋智英, 國重和彦, 宮岡剛, 和氣玲, 荒木智子, 貞國太志, 堀口淳: Ramelteon の追加投与がせん妄に奏効したアルツハイマー型認知症の2症例. 精神科治療学 27(1): 115-120, 2012
  3. 稲垣卓司: 島根大学精神医学講座(精神科神経科). 最新精神医学 17(1): 85-89, 2012
  4. Furuya M, Kunishige K, Miyaoka T, Wake R, Liaury K, Sadakuni F, Horiguchi J: Augmentation with ramelteon to achieve remission in geriatric major depression. Psychiatry and Clinical Neurosciences 66(1): 81-82, 2012
  5. 西田朗, 堀口淳: 脳血管障害とうつ病. 最新医学 67(2): 120-123, 2012
  6. 堀口淳: 脳には東も西もない―われら臨床医のこの一手, 漢方薬, 患者の幸せ. 精神医学 54(3): 249-267, 2012
  7. 古屋智英, 國重和彦, 宮岡剛, 和氣玲, 荒木智子, 貞國太志, 堀口淳: Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia と思われる諸症状を呈した混合型認知症にramelteon の追加投与が奏効した1例. 精神医学 54(3): 299-302, 2012
  8. Liaury K, Miyaoka T, Tsumori T, Furuya M, Wake R, Ieda M, Tsuchie K, Taki M, Ishihara K, A J Tanra, Horiguchi J: Morphological features of microglial cells in the hippocampal dentate gyrus of Gunn rat: a possible schizophrenia animal model. Journal of Neuroinflammation 9: 56, 2012
  9. 堀口淳: 認知症の症候学的診断. 精神神経学雑誌 114(3): 251-254, 2012
  10. 古屋智英, 宮岡剛, 坪内健, 堀口淳: 心血管バイパス術後の胸痛に半夏厚朴湯が奏効したアルツハイマー型認知症の1例. 漢方と診療 3(1): 46, 2012
  11. 長濱道治, 和気玲, 宮岡剛, 堀口淳, 福田賢司: パニック障害に半夏厚朴湯が奏効した1症例. 精神科 20(3): 333-336, 2012
  12. 水野創一, 堀口淳: レストレスレッグス症候群の診断と重症度評価. 臨床精神薬理 15(4): 479-487, 2012
  13. 高橋幸男, 堀口淳: 症状の正しい理解による診療の進めかた―中核症状とBPSD―. Medical Practice 29(5): 714-718, 2012
  14. 河野公範, 稲見康司, 堀口淳: レム睡眠行動障害に対してramelteonが有効であった2症例. 精神科 20(5): 567-568, 2012
  15. 河野公範, 稲見康司, 宮岡剛, 堀口淳: Modafinilが有効であった反復性過眠症の1例. 精神医学 54(6): 589-593, 2012
  16. 長濱道治, 田中一平, 大塚章子, 堀口淳: 新しいアルツハイマー病の診断基準の確立を目指して―最前線の研究成果と臨床現場―. 老年精神医学雑誌 23(6): 671-679
  17. 堀口淳: 認知症およびその周辺症状の漢方治療:最新のエビデンス―われら臨床医のこの一手, 抑肝散, 認知症以外も含めて. 医学のあゆみ 241(12): 925-933, 2012
  18. 堀口淳: 抑肝散の臨床応用―統合失調症, パーソナリティ障害, ジスキネジアなど―. (第107回日本精神神経学会学術総会教育講演) 精神神経学雑誌 114(6): 708-718, 2012
  19. Tsuyoshi Miyaoka, Rei Wake, Motohide Furuya, Kristian Liaury, Masa Ieda, Kazunori Kawakami, Keiko Tsuchie, Michiyo Taki, Kotomi Ishihara, Tomoko Araki, Jun Horiguchi: Minocycline as adjunctive therapy for patients with unipolar psychotic depression: an open-label study. Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry 37(2): 222-226, 2012
  20. Masa Ieda, Tsuyoshi Miyaoka, Kiminori Kawano, Rei Wake, Takuji Inagaki, Jun Horiguchi: May Salivary Alpha-Amylase Level Be a Useful Tool for Assessment of the Severity of Schizophrenia and Evaluation of Therapy? A Case Report. Case Reports in Psychiatry 2012: 747104 doi: 10.1155/2012/747104, 2012
  21. Kentaro Kawabe, Shu-ichi Ueno, Yoshiki Hosoda, Jun Horiguchi: Nocturnal Eating Drinking Syndrome with Restless Legs Syndrome due to neuroleptics improved by Yi-Gan San add-on treatment: A Case Report. Clinical Neuropharmacology 35(6): 290-291, 2012
  22. 古屋智英, 和氣玲, 宮岡剛, 堀口淳: 大腸がん術後の化学療法の副作用に五苓散が著効した1例. 漢方と診療 3(3): 33, 2012
  23. 山下智子, 和氣玲, 宮岡剛, 堀口淳: 抗精神病薬による頻尿に猪苓湯が奏効した1例. 漢方と診療 3(3): 36, 2012
  24. 家田麻紗, 岡崎四方, 和氣玲, 宮岡剛, 堀口淳: 繰り返す躁状態に対し黄連解毒湯の追加投与が奏効した1症例. 漢方と診療 3(3): 46-47, 2012
  25. Tsuyoshi Miyaoka: Minocycline for Schizophrenia: A critical review. Open Journal of Psychiatry 2: 399-406, 2012
  26. 大塚章子, 安田英彰, 古屋智英, 山下智子, 長濱道治, 和氣玲, 宮岡剛, 堀口淳: 膠原病治療中に生じ治療に苦慮したせん妄に対しラメルテオンが奏効した1例. 精神科 21(4): 474-479, 2012
  27. 堀口淳: 編集だより. 精神神経学雑誌 114(10): 1226, 2012
  28. 堀口淳: 症状精神病―故きを温ね、新しきを創る―.(第108回日本精神神経学会学術総会教育講演). 精神神経学雑誌 114(11): 1330-1336, 2012
  29. Koh IWASAKI, Kenji KOSAKA, Hideo MORI, Reina OKITSU, Katsutoshi FURUKAWA, Yuta MANABE, Mitsuhiro YOSHIDA, Aya KANAMORI, Nobuo ITO, Kenji WADA, Michio KITAYAMA, Jun HORIGUCHI, Shuhei YAMAGUCHI, Shin TAKAYAMA, Ryuji FUKUHARA, Shinji OUMA, Seigo NAKANO, Mamoru HASHIMOTO and Toru KINOSHITA: Improvement in delusions and hallucinations in patients with dementia with Lewy bodies upon administration of yokukansan, a traditional Japanese medicine. Psychogeriatrics 12: 235-241, 2012
  30. Tsuyoshi Miyaoka, Rei Wake, Motohide Furuya, Kristian Liaury, Masa Ieda, Kazunori Kawakami, Keiko Tsuchie, Takuji Inagaki and Jun Horiguchi: Yokukansan (TJ-54) for treatment of pervasive developmental disorder not otherwise specified and Asperger's disorder: a 12-week prospective, open-label stury. BMC Psychiatry 12: 215, 2012
  31. Motohide FURUYA, Tsuyoshi MIYAOKA, Hideaki YASUDA, Satoko YAMASHITA, Ippei TANAKA, Shoko OTSUKA. Rei WAKE and Jun HORIGUCHI: Marked improvement in delirium with ramelteon: five case reports. Psychogeriatrics 12: 259-262, 2012
著書
  1. 堀口淳: (一部執筆) 不眠―睡眠薬の使い方. 山口徹, 北原光夫, 福井次矢総編集: 今日の治療指針 2012年版(Volume54). 医学書院, 東京, pp857-858, 2012
  2. 水野創一, 堀口淳: (一部執筆) むずむず脚症候群. 樋口輝彦, 市川宏伸, 神庭重信, 朝田隆, 中込和幸編集: 今日の精神疾患治療指針. 医学書院, 東京, pp557-559, 2012
  3. 水野創一, 堀口淳: (一部執筆) 周期性四肢運動障害. 樋口輝彦, 市川宏伸, 神庭重信, 朝田隆, 中込和幸編集: 今日の精神疾患治療指針. 医学書院, 東京, pp559-561, 2012
  4. 堀口淳: (一部執筆) 器質性精神障害. 野村総一郎, 樋口輝彦, 尾崎紀夫, 朝田隆編集: 標準精神医学. 医学書院, 東京, pp387-398, 2012
  5. 堀口淳: 厚生労働科学研究費補助金医療技術実用化総合研究事業 治療抵抗性統合失調症に対する抑肝散の有用性と安全性に関する多施設共同二重盲検ランダム化比較試験 平成23年度総括研究報告書. 2012
  6. 水野創一, 坪内健, 堀口淳: (一部執筆) レストレスレッグス症候群と周期性四肢運動異常症. 野沢胤美編集: 睡眠医学アトラス 検査と臨床. 真興交易医書出版部, 東京, pp67-74, 2012
  7. 河野公範: (一部執筆) 糖尿病と不眠. 井上雄一, 岡島義編集: 不眠の科学. 朝倉書店, 東京, pp143, 2012
  8. 河野公範, 堀口淳: (一部執筆)身体疾患による不眠. 千葉茂編集: 脳とこころのプライマリケア5 意識と睡眠. シナジー. 東京, pp586-589, 2012
  9. 堀口淳: (一部執筆) 抑肝散の臨床応用と投与実態調査〜境界性人格障害などのさまざまな精神神経疾患への効果〜. 稲永和豊編集: 精神科・心療内科に用いられる漢方薬, 医薬ジャーナル社, 大阪, pp168-193, 2012

 

その他掲載・出演
  1. 堀口淳: 認知症を笑顔で支える. Kampo medicine: 10-11, 2012
  2. 堀口淳: 知っておきたい向精神薬の投与法と副作用対策〜ビデオを用いた症例供覧と抑肝散の臨床応用も含めて〜. 神戸市医師会報 614: 35-42, 2012
  3. 堀口淳: 漢方(抑肝散)特集予告編. NHK総合. あさイチ. 2012.2.24: 8:15〜
  4. 堀口淳: 漢方(抑肝散)特集. NHK総合. 夜なのにあさイチ漢方スペシャル. 2012.2.25: 8:15〜
  5. 堀口淳, 宮岡剛: 漢方(抑肝散)特集. NHK総合. あさイチ. 2012.3.19: 8:15〜
  6. 宮岡剛: 心の病 漢方薬の効果探る. 朝日新聞島根版 5月6日(日), 2012
  7. 堀口淳: 漢方で多剤処方抑制へ. 読売新聞島根版 6月3日(日), 2012
  8. 堀口淳: 人々を苦しめる精神疾患 望まれる「体にやさしい薬剤」の投与(第118回漢方医学フォーラム). MEDICAMENT NEWS 2090: 10, 2012
  9. 堀口淳: 脳には東も西もない〜われら臨床医のこの手、抑肝散、患者の幸せ〜. (第118回漢方医学フォーラム) JAPAN MEDICAL SOCIETY July: 42-46, 2012
  10. 堀口淳: 漢方薬の抑肝散106疾患使用 臨床医アンケート. 宮崎日日新聞 6月29日(金), 2012
  11. 堀口淳: 漢方薬はこころを癒す!!. 病院ニュースしろうさぎ. 29: 10, 2012
  12. 堀口淳: 漢方の「抑肝散」に注目!認知症や統合失調症にも有効. 日経ヘルス 2012(8): 106,
  13. 堀口淳: 106疾患で使用 抑肝散. 埼玉新聞 7月4日(水), 2012
  14. 堀口淳: 抑肝散106疾患に使用. 下野新聞 7月6日(金), 2012
  15. 堀口淳: 夜泣きの漢方薬「抑肝散」認知症にも処方. 新潟日報 7月6日(金), 2012
  16. 堀口淳: 抑肝散106疾患に使用. 伊勢新聞 7月8日(日), 2012
  17. 堀口淳: ふるさとで語る精神医学―負けられんで「ぼけ」「うつ」「不眠」にも. 愛媛新聞(特集:ふるさと大学「伊予塾」第37回講座) 7月15日(日): 20, 2012
  18. 堀口淳: 漢方薬の抑肝散 イライラ、興奮抑える効果. 大分合同新聞 7月21日(土), 2012
  19. 堀口淳: 脳には東も西もない. 北國新聞(きょうの言葉) 7月22日(日): 20, 2012
  20. 堀口淳: 精神医学への漢方薬の有用性を追究.(島根大学の研究・地域貢献事業紹介). 広報しまだい 13: 15-16, 2012
  21. 堀口淳: レストレスレッグス症候群の現状と診断. Astellas Square 8(4): 5-7, 2012
  22. 堀口淳: 認知症の周辺症状(BPSD)と抑肝散. ツムラ抑肝散リーフレット. 2012.8増刷
  23. 井上雄一, 高橋清久, 堀口淳, 清水徹男, 伊藤洋, 内村直尚: (座談会) 不眠治療におけるramelteonの位置づけ―(非)BZP系睡眠薬の減量・離脱の可能性―. 睡眠医療 6(3): 512-515, 2012
  24. 堀口淳: シリーズ重篤副作用疾患別対応マニュアル(50)「アカシジア」. 日経ラジオ社. 薬学の時間. 2012.9.18: 20:10〜20:25
  25. 堀口淳: 編集だより. 精神神経学雑誌 114(10): 1226, 2012
  26. 堀口淳: 認知症ケアのコツとあれこれ〜今どきの精神科診察室風景から〜. 愛媛新聞 12月2日(日): 12, 2012

 

学会発表
  1. Rei Wake, Tsuyoshi Miyaoka, Kazunori Kawakami, Michiharu Nagahama, Motohide Furuya, Masa Ieda, Kristian Liaury, Tomoko Araki, Jun Horiguchi: Successful treatment with citicoline in late-onset schizophrenia : a case report with longitudinal SPECT(single photon emission computerized tomography) study. 第7回日本統合失調症学会. (愛知県産業労働センター) 名古屋, 2012.3.16-17
  2. Kristian Liaury, Tsuyoshi Miyaoka, Toshiko Tsumori, Rei Wake, Motohide Furuya, Masa Ieda, Keiko Tsuchie, Michiyo Fukushima, Kotomi Ishihara, Jayalangkara Tanra, Jun Horiguchi: Morphological features of microglial cells in the dentate gyrus of Gunn rats: A possible schizophrenia animal model. 第7回日本統合失調症学会. (愛知県産業労働センター) 名古屋, 2012.3.16-17
  3. 堀口淳: 症状精神病〜故きを温ね、新しきを創る〜. 第108回日本精神神経学会学術総会. (札幌コンベンションセンター) 札幌, 2012.5.24-26
  4. 田中一平, 河野公範, 長濱道治, 岡崎四方, 和氣玲, 宮岡剛, 堀口淳: 抑肝散の投与により幻視が消失したシャルル・ボネ症候群の1例. 第108回日本精神神経学会学術総会. (札幌コンベンションセンター) 札幌, 2012.5.24-26
  5. 大塚章子, 安田英彰, 古屋智英, 和氣玲, 宮岡剛, 堀口淳: 膠原病治療中に生じたせん妄に対してラメルテオンが奏功した1例. 第108回日本精神神経学会学術総会. (札幌コンベンションセンター) 札幌, 2012.5.24-26
  6. 荒木智子, 和氣玲, 宮岡剛, 古屋智英, 長濱道治, 河上一公, 堀口淳: 近赤外分光法(NIRS)を用いた認知症患者における言語流暢課題中の前頭部血流変化. 第27回日本老年精神医学会. (大宮ソニックシティ) さいたま, 2012.6.21-22
  7. 堀口淳, 新野秀人: 認知症と睡眠障害. 日本睡眠学会第37回定期学術集会.(パシフィコ横浜) 横浜, 2012.6.28-30
  8. 古屋智英: 不眠治療に対するラメルテオン併用によるベンゾジアゼピン系睡眠薬からの早期離脱の可能性. 日本睡眠学会第37回定期学術集会.(パシフィコ横浜) 横浜, 2012.6.28-30
  9. 堀口淳: 仁王とレストレスレッグズ. 日本睡眠学会第37回定期学術集会.(パシフィコ横浜) 横浜, 2012.6.28-30
  10. 山下智子, 長濱道治, 古屋智英, 安田英彰, 和氣玲, 宮岡剛, 堀口淳: アンモニア測定のススメ〜精神症状を伴う高アンモニア血症の4症例からの考察〜. 第60回山陰精神神経学会.(鳥取大学医学部) 米子, 2012.7.7

  11. 荒木智子, 和氣玲, 長濱道治, 古屋智英, 家田麻紗, 宮岡剛, 堀口淳: アルツハイマー型認知症患者に対するメマンチンの効果と前頭前野における脳血流との関連. 第60回山陰精神神経学会.(鳥取大学医学部) 米子, 2012.7.7

  12. 古屋智英, 宮岡剛, 和氣玲, 長濱道治, 河野公範, 山下智子, 家田麻紗, 江副智子, 堀口淳: 不眠治療に対するラメルテオン併用による治療効果とベンゾジアゼピン系睡眠薬減量の可能性についての検討. 第60回山陰精神神経学会. (鳥取大学医学部) 米子, 2012.7.7

  13. Kristian Liaury, Tsuyoshi Miyaoka, Toshiko Tsumori, Motohide Furuya, Rei Wake, Masa Ieda, Keiko Tsuchie, Michiyo Fukushima, Kotomi Ishihara, Andi Tanra, Jun Horiguchi: The effects of minocycline on the CD 11b expression of the microglial cells in the dentate gyrus of Gunn rat: a possible animal model of schizophrenia. The 35th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society. (Nagoya Congress Center) Nagoya, September 18-21, 2012【第35回日本神経科学大会. (名古屋国際会議場) 名古屋, 2012.9.18-21】
  14. 宮岡剛: Clinical potential of Yokukansan for the treatment of neuropsychiatric desorders. 第34回日本生物学的精神医学会シンポジウム4. (神戸国際会議場) 神戸, 2012.9.28-30
  15. 宮岡剛: Morphological features of microglial cells in the hippocampal dentate gyrus of Gunn rat: A possible schizophrenia animal model. 第34回日本生物学的精神医学会シンポジウム14. (神戸国際会議場) 神戸, 2012.9.28-30
  16. 家田麻紗, 宮岡剛, 和氣玲, 古屋智英, Liaury Kristian, 土江景子, 福島美千代, 石原琴美, 荒木智子, 江副智子, 稲垣卓司, 堀口淳: 唾液アミラーゼ・心拍変動を用いた統合失調症における自律神経機能の評価. 第34回日本生物学的精神医学会. (神戸国際会議場) 神戸, 2012.9.28-30
  17. Kristian Liaury, Tsuyoshi Miyaoka, Toshiko Tsumori, Rei Wake, Motohide Furuya, Masa Ieda, Keiko Tsuchie, Michiyo Fukushima, Kotomi Ishihara, Andi Jayalangkara Tanra, Jun Horiguchi: The effects of minocycline on the CD11b expression of the microglial cells in the dentate gyrus of Gunn rat: a possible animal model of schizophrenia. 第39回日本脳科学会. (リーガロイヤルホテル小倉) 北九州, 2012.10.6-7
  18. Tsuyoshi Miyaoka, Rei Wake, Motohide Furuya, Kristian Liaury, Masa Ieda, Kazunori Kawakami, Keiko Tsuchie, Michiyo Fukushima, Kotomi Ishihara, Tomoko Araki, Sadayuki Hashioka, Jun Horiguchi: Yokukansan(TJ-54) for treatment of very-late-onset schizophrenia-like psychosis: an open-label study. 12th Annual Meeting of the International College of Geriatric Psychoneuropharmacology(ICGP2012). (Sevilla) Spain, October 24th-27th, 2012
  19. Rei Wake: Usefulness of SPECT and Near-Infrared spectroscopy (NIRS) for diagnosis and evaluation of the treatmen in geriatric neuropsychiatry. 12th Annual Meeting of the International College of Geriatric Psychoneuropharmacology(ICGP2012). (Sevilla) Spain, October 24th-27th, 2012
  20. 古屋智英: より安全な不眠症治療戦略. 第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会 教育セミナー(ランチョンセミナー). (島根県民会館) 松江, 2012.11.10-11
  21. 宮岡剛: 統合失調症という病を抱える人々から学んだこと〜Positive Psychiatry の実践にむけて〜. 第53回中国・四国精神神経学会 生涯教育研修会. (ホテルグランヴィア岡山) 岡山, 2012.11.15-16
  22. 和氣玲, 荒木智子, 長濱道治, 古屋智英, 家田麻紗, 宮岡剛, 堀口淳: アルツハイマー型認知症患者に対するメマンチンの効果と前頭前野における脳血流との関連. 第53回中国・四国精神神経学会. (ホテルグランヴィア岡山) 岡山, 2012.11.15-16
  23. 家田麻紗, 山下智子, 河野公範, 安田英彰, 和氣玲, 宮岡剛, 堀口淳: 統合失調症と自律神経機能について〜精神症状の改善とともに唾液アミラーゼ値が低下した2症例〜. 第53回中国・四国精神神経学会. (ホテルグランヴィア岡山) 岡山, 2012.11.15-16
  24. 山下智子, 長濱道治, 大塚章子, 田中一平, 家田麻紗, 古屋智英, 林田麻衣子, 安田英彰, 岡崎四方, 和氣玲, 宮岡剛, 堀口淳: 多彩な精神症状を呈し診断に苦慮した高アンモニア血症を伴う慢性ナロン中毒の1例. 第53回中国・四国精神神経学会. (ホテルグランヴィア岡山) 岡山, 2012.11.15-16
  25. 宮岡剛, 荒木智子, 和氣玲, 古屋智英, Liaury Kristian, 家田麻紗, 河上一公, 堀口淳: Duloxetineの治療効果の光トポグラフィーによる評価に関する研究. 第32回日本精神科診断学会. (カルチャーリゾートフェストーネ) 宜野湾, 2012.11.22-23
  26. 和氣玲: 画像でみる認知症. 日本認知症ケア学会第36回教育講演. (島根県立産業交流会館) 松江, 2012.12.1
  27. 長濱道治: 認知症と薬について. 日本認知症ケア学会第36回教育講演. (島根県立産業交流会館) 松江, 2012.12.1