ホーム > 教室紹介 > 業績紹介
教授あいさつ
スタッフ紹介
臨床精神薬理学
老年精神医学
睡眠学
リエゾン精神医学
思春期精神医学
統合失調症の臨床研究
グリアとECTの生物学的研究
NIRSの臨床研究
2018年 業績
2017年 業績
2016年 業績
2015年 業績
2014年 業績
2013年 業績
2012年 業績
2011年 業績
2010年 業績
2009年 業績
2013年 業績
論文
  1. Motohide Furuya, Tsuyoshi Miyaoka, Rei Wake, Michiharu Nagahama, Kiminori Kawano, Satoko Yamashita, Masa Ieda, Satoko Ezoe and Jun Horiguchi: Possibility of early withdrawal of benzodiazepine hypnotics by combination with ramelteon for the treatment of insomnia: A pilot study. Sleep and Biological Rhythms 11(1): 55-61, 2013
  2. 長濱道治, 河野公範, 堀口淳: 認知症と睡眠障害. Clinical Neuroscience 31(2): 222-223, 2013
  3. 林田麻衣子, 堀口淳: しびれ・脱力と転換性障害. 日本医事新報 4636: 62-63, 2013
  4. 堀口淳: 精神神経疾患に対する抑肝散の幅広い臨床応用〜統合失調症、神経症、パーソナリティ障害などから神経疾患まで〜. 日本精神科病院協会雑誌 32(3): 29-40, 2013
  5. Keiko Tsuchie, Tsuyoshi Miyaoka, Motohide Furuya, Kristian Liaury, Masa Ieda, Rei Wake, Jun Horiguchi, Mayumi Takechi: The effects of antipsychotics on behavioral abnormalities of the Gunn rat (unconjugated hyperbilirubinemia rat), a rat model of schizophrenia. Asian Journal of Psychiatry 6(2):119-123, 2013
  6. 山下智子, 長濱道治, 和氣玲, 宮岡剛, 堀口淳: Mirtazapine と Duloxetineの併用療法がパニック障害と坐骨神経痛に奏効し抗がん剤治療が再開できた1例. 精神医学 55(4): 363-366, 2013
  7. 金山三紗子, 古屋智英, 堀口淳: パーキンソン病の姿勢反射障害に柴朴湯が著効した1例. 漢方と診療 4(1): 42, 2013
  8. Tsuyoshi Miyaoka, Rei Wake, Motohide Furuya, Kristian Liaury, Masa Ieda, Kazunori Kawakami, Keiko Tsuchie, Michiyo Fukushima, Kotomi Ishihara, Tomoko Araki, Sadayuki Hashioka, Jun Horiguchi: Yokukansan(TJ-54) for treatment of very-late-onset schizophrenia-like psychosis: An open-label study. Phytomedicine 20(7): 654-658, 2013
  9. Sadayuki Hashioka, Tsuyoshi Miyaoka, Rei Wake, Motohide Furuya and Jun Horiguchi: Glia: An Important Target for Anti-Inflammatory and Antidepressant Activity. Current Drug Targets 14(11): 1322-1328, 2013
  10. 堀口淳, 古屋智英: 不眠症治療における(非)ベンゾジアゼピン系睡眠薬へのラメルテオン追加併用の有効性の検討―朝や日中の症状に対する有効性―. 医学と薬学 69(5): 809-817, 2013
  11. 塚田淳也, 水野創一, 川向哲也, 清原義明, 松下満彦, 尾籠晃司, 稲見康司, 西村良二, 堀口淳: 塩酸ドネペジルがアルツハイマー型認知症患者の睡眠におよぼす効果について : アクチウオッチを用いた検討. 福岡大学紀要 40(1-2): 39-45, 2013
  12. Rei Wake, MD, PhD, Tsuyoshi Miyaoka, MD, PhD, Takuji Inagaki, MD, PhD, Motohide Furuya, MD, Masa Ieda, MD, Kristian Liaury, MD, Kazuko Kishi, MD, PhD, and Jun Horiguchi, MD, PhD: Yokukansan (TJ-54) for Irritability Associated with Pervasive Developmental Disorder in Children and Adolescents: A 12-Week Prospective, Open-Label Study. JOURNAL OF CHILD AND ADOLESCENT PSYCHOPHARMACOLOGY 23(5): 329-336, 2013
  13. 田中一平, 古屋智英, 和氣玲, 橋岡禎征, 荒木智子, 宮岡剛, 堀口淳: Lithium carbonateとvalproate sodiumの併用が口腔内セネストパチーに奏効した双極スペクトラム障害の1例. 精神科 22(6): 675-678, 2013
  14. 水野創一, 堀口淳: 不眠症. 月刊レジデント 6(7): 26-33, 2013
  15. 西田朗, 堀口淳: 精神病性の特徴を伴ううつ病に関する最近の話題. 臨床精神医学 42(7): 865-868, 2013
  16. 家田麻紗, 山下智子, 河野公範, 安田英彰, 和氣玲, 橋岡禎征, 宮岡剛, 稲垣卓司, 堀口淳: 統合失調症の症状評価における唾液アミラーゼ値の有用性について―2症例の考察―. 精神科 23(1): 125-129, 2013
  17. 長濱道治, 河野公範, 古屋智英, 堀口淳: 認知症に対する漢方薬治療. 老年精神医学雑誌 24(8): 783-790, 2013
  18. 山下智子, 長濱道治, 大塚章子, 田中一平, 家田麻紗, 金山三紗子, 古屋智英, 林田麻衣子, 安田英彰, 岡崎四方, 和氣玲, 橋岡禎征, 宮岡剛, 堀口淳: 多彩な精神症状を呈し診断に苦慮した高アンモニア血症を伴う慢性ナロン中毒の1例. 精神科治療学 28(9): 1193-1197, 2013
  19. 堀口淳: 統合失調症の生活臨床. 島根医学 33(3): 116-122, 2013
  20. 林田麻衣子, 堀口淳: 不安障害. 日本臨牀 71(10): 1787-1792, 2013
  21. 稲見康司, 堀口淳: 睡眠関連幻覚. 最新臨床睡眠学―睡眠障害の基礎と臨床―. 日本臨牀 71(増5): 468-471, 2013
  22. 稲見康司, 堀口淳: むずむず脚症候群, 周期性四肢運動障害. 最新臨床睡眠学―睡眠障害の基礎と臨床―. 日本臨牀 71(増5): 485-490, 2013
  23. 河野公範, 長濱道治, 堀口淳: 認知症. 最新臨床睡眠学―睡眠障害の基礎と臨床―. 日本臨牀 71(増5): 685-690, 2013
  24. 河野公範, 長濱道治, 堀口淳: 認知症にみられる睡眠障害. Geriatric Medicine〈老年医学〉 51(11): 1179-1183, 2013
  25. 水野創一, 堀口淳: レストレスレッグス症候群vs.アカシジア (特集 まぎらわしい2つの病態の見分け方). 精神科 23(6): 618-624, 2013
  26. Motohide Furuya, Tsuyoshi Miyaoka, Toshiko Tsumori, Kristian Liaury, Sadayuki Hashioka, Rei Wake, Keiko Tsuchie, Michiyo Fukushima, Satoko Ezoe and Jun Horiguchi: Yokukansan promotes hippocampal neurogenesis associated with the suppression of activated microglia in Gunn rat. JOURNAL OF NEUROINFLAMMATION 10: 145, 2013 (doi:10.1186/1742-2094-10-145)
  27. 長濱道治, 宇谷悦子, 堀口淳: 抗認知症薬の副作用についての再考. 精神科治療学 28(12): 1571-1576, 2013
  28. 妹尾晴夫, 堀口淳: 大脳皮質基底核変性症の臨床症状. 老年精神医学雑誌 24(12): 1258-1263, 2013
  29. Maiko Hayashida, Tsuyoshi Miyaoka, Jun Horiguchi: The relation between ADHA and ANS-CNS integration. Open Journal of Psychiatry 4: 39-42, 2014
著書
  1. 堀口淳: (一部執筆) 統合失調症(初回エピソード). 山口徹, 北原光夫, 福井次矢 総編集: 今日の治療指針 2013年版(Volume 55). 医学書院, 東京, pp874-875, 2013
  2. 堀口淳, 松本貴久, 坪内健: (一部執筆) 認知症およびその周辺症状の漢方治療:最新のエビデンス〜われら臨床医のこの一手, 抑肝散, 認知症以外も含めて〜. 渡辺賢治編集: 別冊・医学のあゆみ漢方医学の進歩と最新エビデンス. 医歯薬出版, 東京, pp71-79, 2013
  3. 堀口淳: 厚生労働科学研究費補助金医療技術実用化総合研究事業 治療抵抗性統合失調症に対する抑肝散の有用性と安全性に関する多施設共同二重盲検ランダム化比較試験 平成24年度総括研究報告書. pp1-101, 2013
  4. 堀口淳: 厚生労働科学研究費補助金医療技術実用化総合研究事業 治療抵抗性統合失調症に対する抑肝散の有用性と安全性に関する多施設共同二重盲検ランダム化比較試験 平成22〜24年度総合研究報告書. pp1-120, 2013
  5. 妹尾晴夫, 堀口淳: (一部執筆) 精神疾患(うつ病, 遅発性パラフレニーなど). 日野原重明・宮岡等監修. 池田学編集: 脳とこころのプライマリケア2 知能の衰え. シナジー, 東京, pp483-491, 2013
  6. 河野公範, 堀口淳: (一部執筆) 1. 高齢者の不眠症 2. 睡眠時随伴症 3. 睡眠関連運動障害. 宮崎総一郎, 佐藤尚武編集: 医療・看護・介護のための睡眠検定ハンドブック. 全日本病院出版会, 東京, pp185-196, 2013

 

その他掲載・出演
  1. 堀口淳: 睡眠障害とは?その1(100万匹の羊たち). メンタルヘルスマガジンこころの元気+ 7(2): 46-47, 2013
  2. 堀口淳: 睡眠障害とは?その2(100万匹の羊たち). メンタルヘルスマガジンこころの元気+ 7(3): 46-47, 2013
  3. 堀口淳: タイジン恐怖ごっこ〜われら、オジさんたちの苦しみ〜(袖師漫言). 島根県医師会ニュース 769: 38, 2013
  4. 堀口淳: 睡眠障害とは?その3(100万匹の羊たち). メンタルヘルスマガジンこころの元気+7(4): 46-47, 2013
  5. 堀口淳: あらためて抑肝散の臨床を語る. Science of Kampo Medicine 漢方医学 37(3): 138-147, 2013
  6. 堀口淳: 抑肝散最前線〜故きを温ね、新しきを創る〜. (学会リポート:第29回臨床東洋医学研究会サテライトシンポジウム) 漢方と診療 4(3): 73, 2013

 

学会発表
  1. Jun Horiguchi: Antipsychotics-induced Akathisia and Periodic Limb Movements. The 3rd ASIAN CONGRESS ON SCHIZOPHRENIA RESEARCH(ACSR2013). (Hotel Sanur Paradise Plaza) Sanur, Bali, Indonesia, 14-16 FEB 2013
  2. Tsuyoshi Miyaoka: Yokukansan (TJ-54)For Treatment Of Very-Late-Onset Schizophrenia-Like Psychosis: An Open-Label Study. The 3rd ASIAN CONGRESS ON SCHIZOPHRENIA RESEARCH(ACSR2013). (Hotel Sanur Paradise Plaza) Sanur, Bali, Indonesia, 14-16 FEB 2013
  3. Rei Wake: Effects of Aging on Changesin Regional Cerebral Blood Flow in Schizophrenia. The 3rd ASIAN CONGRESS ON SCHIZOPHRENIA RESEARCH(ACSR2013). (Hotel Sanur Paradise Plaza) Sanur, Bali, Indonesia, 14-16 FEB 2013
  4. Motohide Furuya, Tsuyoshi Miyaoka, Toshiko Tsumori, Sadayuki Hashioka, Rei Wake, Kristian Liaury, Masa Ieda, Kotomi Ishihara, Keiko Tsuchie, Michiyo Fukushima, Tomoko Araki, Satoko Ezoe, Jun Horiguchi: Yokukansan Promote Hippocampal Neurogenesis Through The Inhibition of Microglial Activation in Rodents with Hyperbillirubinemia : a neuroinflammational animal model of schizophrenia. The 3rd ASIAN CONGRESS ON SCHIZOPHRENIA RESEARCH(ACSR2013). (Hotel Sanur Paradise Plaza) Sanur, Bali, Indonesia, 14-16 FEB 2013
  5. Kristian Liaury: The Effects of Minocyclineon Microglial Cells and Behavioral Changes in The Dentate Gyrus of Gunn Rat: a possible animal model of schizophrenia. The 3rd ASIAN CONGRESS ON SCHIZOPHRENIA RESEARCH(ACSR2013). (Hotel Sanur Paradise Plaza) Sanur, Bali, Indonesia, 14-16 FEB 2013
  6. リアウリ・クリスティアン, 宮岡剛, 津森登志子, 和氣玲, 古屋智英, 家田麻紗, 土江景子, 福島美千代, タンラ・ジャヤランカラ, 堀口淳: The effects of minocycline on microglial cells activation in the dentate gyrus of Gunn rat: a possible animal model of schizophrenia. 第8回日本統合失調症学会. (河浦町総合文化会館ほか) 北海道河浦町, 2013.4.19-20
  7. Rei Wake, Tsuyoshi Miyaoka, Takuji Inagaki, Motohide Furuya, Masa Ieda, Kristian Liaury, Kazuko Kishi, Jun Horiguchi: Yokukansan (TJ-54) for Irritability Associated with Pervasive Developmental Disorder in Children and Adolescents A 12-week Prospective, Open-label Study. The 7th Annual Scientific Meeting Hong Kong Society of Biological Psychiatry. (Eaton) Hong Kong, 26-27 APRIL 2013
  8. Tsuyoshi Miyaoka, Motohide Furuya, Jun Horiguchi, Rei Wake, Sadayuki Hashioka, Masaya Toyama, Takashi Daimon, Norio Mori, Yoshio Minabe, Masaomi Iyo, Shyuichi Ueno, Sachiko Ezoe, Syuzo Hoshino, Haruo Seno: Efficacy and Safety of Yokukansan (TJ-54) for Treatment-Resistant Schizophrenia: A Randomized, Multi-centre, Double-blind, Placebo-controlled Trial. Society of Biological Psychiatry 68th Annual Meeting. (San Francisco) California, 16-18 May, 2013
  9. 堀口淳: 神経学的サインを見逃すな!〜復習からソフトサインまで〜. 第109回日本精神神経学会学術総会. (福岡国際会議場ほか) 福岡, 2013.5.23-2
  10. 宮岡剛: 緊張病症候群の体質性因子. 第109回日本精神神経学会学術総会. (福岡国際会議場ほか) 福岡, 2013.5.23-25
  11. 宮岡剛, 堀口淳, 遠山正彌, 澤芳樹, 大門貴志, 名井陽, 江副幸子, 森則夫, 三辺義雄, 伊豫雅臣, 上野修一, 古屋智英, 和氣玲, 橋岡禎征: 治療抵抗性統合失調症に対する抑肝散の有用性に関する二重盲検試験. 第109回日本精神神経学会学術総会. (福岡国際会議場ほか) 福岡, 2013.5.23-25
  12. 和氣玲, 宮岡剛, 稲垣卓司, 古屋智英, 橋岡禎征, 岸和子, 堀口淳: Yokukansan for irritability associated with PDDs. Open-label study. 第109回日本精神神経学会学術総会. (福岡国際会議場ほか) 福岡, 2013.5.23-25
  13. 和氣玲: 画像でみる認知症. 日本認知症ケア学会第39回教育講演. (福岡国際会議場) 福岡, 2013.5.31
  14. 長濱道治: 「その人らしさ」を意識した認知症診療を目指して. 第14回日本認知症ケア学会大会. (福岡国際会議場ほか) 福岡, 2013.6.1-2
  15. Kristian Liaury, Tsuyoshi Miyaoka, Toshiko Tsumori, Rei Wake, Motohide Furuya, Masa Ieda, Keiko Tsuchie, Michiyo Fukushima, Andi Jayalangkara Tanra, Jun Horiguchi: The Effects of Minocycline on Microglial Cells in The Dentate Gyrus of Gunn Rat ―A Possible Animal Model of Schizophrenia―. 第28回日本老年精神医学会. (大阪国際会議場ほか) 大阪, 2013.6.4-6
  16. 長濱道治, 田中一平, 大塚章子, 家田麻紗, 山下智子, 金山三紗子, 古屋智英, 林田麻衣子, 安田英彰, 岡崎四方, 和氣玲, 橋岡禎征, 宮岡剛, 堀口淳, 福田賢司: 夕暮れ症候群にアリピプラゾールが奏効したアルツハイマー型認知症の1症例. 第28回日本老年精神医学会. (大阪国際会議場ほか) 大阪, 2013.6.4-6
  17. 荒木智子, 和氣玲, 宮岡剛, 古屋智英, 長濱道治, 河上一公, 堀口淳: ドネペジルとメマンチン併用療法におけるBPSDと介護負担の変化および脳血流との関連. 第28回日本老年精神医学会. (大阪国際会議場ほか) 大阪, 2013.6.4-6
  18. Kristian Liaury, Tsuyoshi Miyaoka, Toshiko Tsumori, Motohide Furuya, Rei Wake, Masa Ieda, Keiko Tsuchie, Michiyo Fukushima, Andi Jayalangkara Tanra, Jun Horiguchi: Minocycline improve prepulse inhibition (PPI) deficits through inhibition of microglial activation in the dentate gyrus of Gunn rat: a neuroinflammatory animal model of schizophrenia. The 36th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society (Kyoto) Janan, 20-23 June 2013
  19. Tsuyoshi Miyaoka: Comorbidity of depression with neuro-inflammatory disorders. 11th World Congress of Biological Psychiatry (Kyoto) Japan, 23-27 June 2013
  20. Tsuyoshi Miyaoka: Anti-inflammatory treatments of unipolar depression and bipolar desorder. 11th World Congress of Biological Psychiatry (Kyoto) Japan, 23-27 June 2013
  21. Rei Wake, Tsuyoshi Miyaoka, Kazunori Kawakami, Motohide Furuya, Kristian Liaury, Sadayuki Hashioka, Jun Horiguchi: The correlation between psychiatric symptoms and regional cerebral blood flow in first episode schizophrenia patients. 11th World Congress of Biological Psychiatry (Kyoto) Japan, 23-27 June 2013
  22. 河野公範: 精神科病院における不眠患者への治療工夫. 日本睡眠学会第38回定期学術集会. (秋田キャッスルホテルほか) 秋田市, 2013.6.27-28
  23. 山下智子, 長濱道治, 大塚章子, 田中一平, 家田麻紗, 金山三紗子, 古屋智英, 林田麻衣子, 安田英彰, 岡崎四方, 和氣玲, 橋岡禎征, 宮岡剛, 堀口淳: 多彩な精神症状を呈し診断に苦慮した高アンモニア血症を伴う慢性ナロン中毒の1例. 第61回山陰精神神経学会. (鳥取大学医学部) 米子, 2013.7.6
  24. 田中一平, 古屋智英, 安田英彰, 和氣玲, 橋岡禎征, 宮岡剛, 堀口淳: レビー小体型認知症が疑われた薬剤誘発性せん妄にramelteonが奏効した軽度認知障害の1例. 第61回山陰精神神経学会. (鳥取大学医学部) 米子, 2013.7.6
  25. Rei Wake, Tsuyoshi Miyaoka, Takuji Inagaki, Motohide Furuya, Kristian Liaury, Erlyn Limoa, Sadayuki Hashioka, Kazuko Kishi, Jun Horiguchi: Yokukansan (TJ-54) in the treatment of irritability associated with pervasive developmental desorder in children and adolescents aged 6-17 years. 第61回山陰精神神経学会. (鳥取大学医学部) 米子, 2013.7.6
  26. Tsuyoshi Miyaoka: Comorbidity between Neuroinflammatory Disorders and Depression. The 4th World Congress of Asian Psychiatry. (Bangkok) Thailand, 20-23 August 2013
  27. 橋岡禎征: 活性化ミクログリアと精神神経疾患. 第40回日本脳科学会. (アクトシティ浜松コングレスセンター) 浜松, 2013.9.28-29
  28. T. Miyaoka, M. Furuya, J. Horiguchi, R. Wake, S. Hashioka, M. Toyama, T. Daimon, N. Mori, Y. Minabe, M. Iyo: Efficacy and safety of yokukansan (TJ-54) for treatment-resistant schizophrenia: a randomised placebo-controlled trial. 26th ECNP. (Barcelona) Spain, 5-9 Octber 2013
  29. 宮岡剛, 古屋智英, Rei Wake, 橋岡禎征, 堀口淳, 遠山正彌, 森則夫, 三辺義雄, 伊豫雅臣, 上野修一: 治療抵抗性統合失調症に対する抑肝散の有用性に関する研究―PANSS 5因子解析―. 第23回日本臨床精神神経薬理学会第43回日本神経精神薬理学会合同年会. (沖縄コンベンションセンター) 宜野湾, 2013.10.24-26
  30. 荒木智子, 和氣玲, 宮岡剛, 古屋智英, 長濱道治, 河上一公, 堀口淳: アルツハイマー型認知症患者に対するメマンチンの効果と脳血流との関連. 第54回中国・四国精神神経学会. (サンポートホール高松) 高松, 2013.12.5-6
  31. Liaury Kristian, 宮岡剛, 津森登志子, 古屋智英, 橋岡禎征, 和氣玲, 土江景子, 福島美千代, Limoa Erlyn, Andi Jayalangkara Tanra, 堀口淳: Minocycline improves recognition memory and attenuates microglial activation in Gunn rat: apossible hyperbilirubinemia-induced animal model of schizophrenia. 第54回中国・四国精神神経学会. (サンポートホール高松) 高松, 2013.12.5-6