ホーム > 教室紹介 > 業績紹介
教授あいさつ
スタッフ紹介
臨床精神薬理学
老年精神医学
睡眠学
リエゾン精神医学
思春期精神医学
統合失調症の臨床研究
グリアとECTの生物学的研究
NIRSの臨床研究
2018年 業績
2017年 業績
2016年 業績
2015年 業績
2014年 業績
2013年 業績
2012年 業績
2011年 業績
2010年 業績
2009年 業績
2015年 業績
論文
  1. Tsuyoshi Miyaoka, Kiminori Kawano, Motohide Furuya, Rei Wake, Sadayuki Hashioka, Kristian Liaury, Erlyn Limoa, Keiko Tsuchie, Michiyo Fukushima, Tomoko Araki, Jun Horiguchi: Efficacy and Safety of Sansoninto in Insomnia with Psychiatric Disorder: An Open-Label Study. Journal Alternative & Integrative Medicine 4(1), 2015. (http://dx.doi.org/10.4172/2327-5162.1000181)
  2. Tsuyoshi Miyaoka, Motohide Furuya, Jun Horiguchi, Rei Wake, Sadayuki Hashioka, Masaya Tohyama, Norio Mori, Yoshio Minabe, Masaomi Iyo, Shyuichi Ueno, Sachiko Ezoe, Kenta Murotani, Syuzo Hoshino, Haruo Seno: Efficacy and safety of yokukansan in treatment-resistant schizophrenia: a randomized, double-blind, placebo-controlled trial (a Positive and Negative Syndrome Scale, five-factor analysis). Psychopharmacology 232(1): 155-164, 2015
  3. Inoue K, Fujita Y, Takeshita H, Yamamura Y, Fujita Y, Moriwaki S, Iida T, Sampei M, Ezoe S, Miyaoka T, Horiguchi J, Okazaki Y, Fukunaga T, Takeichi N, Hoshi M, Noso Y: The need for prompt measures to prevent people age 70 or over and juveniles and adolescents from going missing: the importance of devising specific measures to deal with behavior caused by dementia, other illnesses, or family problems. International Medical Journal 23(6): 641-643, 2016
  4. Inoue K, Fujita Y, Miyaoka T, Ezoe S, Horiguchi J: Importance of measures to prevent suicides related to the Great East Japan Earthquake among women. Psychiatry Clin Neurosci 69: 596, 2015 (Mar 10. doi: 10.1111/pcn.12288. [Epub ahead of print])
  5. Inoue K, Miyaoka T, Takeshita H, Fujita Y, Horiguchi J: The importance of coordinated clinical and social medicine efforts to discourage the use of 'legal high drugs' in Japan. Br J Psychiatry. Publishied January 9, 2015 (http://bjp.rcpsych.org/letters/)
  6. Furuya M, Miyaoka T, Yasuda H, Wake R, Hashioka S, Miura S, Nagahama M, Araki T, Horiguchi J: Ramelteon as adjunctive therapy for delirium referred to a consultation-liaison psychiatry service: a retrospective analysis. International Journal of Geriatric Psychiatry 30: 994-995, 2015
  7. 堀口淳: 序論. 漢方と最新治療 24(1): 7-8, 2015
  8. 宮岡剛: 精神疾患の睡眠障害に対する酸棗仁湯の効果. 漢方と最新治療 24(1): 23-26, 2015
  9. 長濱道治, 堀口淳: 認知症症状を修飾する要因. 治療 97(3): 399-401, 2015
  10. Inoue K, Fukunaga T, Masaki M, Iida T, Wakatsuki T, Miyaoka T, Hashioka S, Wake R, Tanaka I, Fujita Y, Takeshita H, Fujita Y, Horiguchi J, Okazaki Y: Correlation of life problems with suicide rate:A discussion based on an epidemiological investigation. J St Mar Med Ins 15: 40-43, 2015
  11. Inoue K, Miyaoka T, Takeshita H, Iida T, Wakatsuki T, Fujita Y, Hashioka S, Wake R, Tanaka I, Ezoe S, Fujita Y, Fukunaga T, Okazaki Y, Horiguchi J: Effective and specific approaches to measures to prevent suicide that should be enhanced in light of the latest transitions in Japan. J St Mar Med Ins 15: 44-48, 2015
  12. Hashioka S, Edith G. McGeer, Miyaoka T, Wake R, Horiguchi J, Patrick L. McGeer: Interferon-γ-Induced Neurotoxicity of Human Astrocytes. CNS & Nerurological Disorders-Drug Targets 14(2): 251-256, 2015
  13. Miyaoka T, Furuya M, Horiguchi J, Wake R, Hashioka S, Tohyama M, Murotani K, Mori N, Minabe Y, Iyo M, Ueno S, Ezoe S, Hoshino S, Seno H: Efficacy and Safety of Yokukansan (TJ-54) in Treatment-Resistant Schizophrenia: A Randomized, Multi-center, Double-Blind, Placebo-Controlled Trial. Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine (Article ID 201592, 11 pages) , 2015
  14. Hayashida M, Horiguchi J: Adult-onset adrenoleukodystrophy with frontal lobe symptoms. Open Journal of Psychiatry, 5: 180-185, 2015
  15. Wake R, Miyaoka T, Araki T, Kawakami K, Furuya M, Limoa E, Hashioka S, Horiguchi J: Regional cerebral blood flow in late-onset schizophrenia: a SPECT study using 99mTc-ECD. European Archives of Psychiatry and Clinical Neuroscience 266(1): 13, 2016. (http://dx.doi.org/10.1007/s00406-015-0607-z), 2015
  16. 渕田比呂志, 河野公範, 山下智子, 長濱道治, 堀口淳: アカシジア診断補助のための睡眠計測法の開発. 島根医学検査 43(1): 21-29, 2015
  17. Miyaoka T, Ieda M, Hashioka S, Wake R, Furuya M, Liaury K, Hayashida M, Tsuchie K, Arauchi R, Araki T, Shioji I, Ezoe S, Inoue K, Yamaguchi T, Horiguchi J: Analysis of oxidative stress expressed by urinary level of biopyrrins and 8-hydroxydeoxyguanosine in patients with chronic schizophrenia. Psychiatry Clin Neurosci 69(11): 693-698, 2015 (doi: 10.1111/pcn.12319. [Epub ahead of print])
  18. 長濱道治, 松田泰行, 三木啓之, 田中一平, 三浦章子, 金山三紗子, 山下智子, 河野公範, 古屋智英, 林田麻衣子, 岡崎四方, 和氣玲, 橋岡禎征, 宮岡剛, 堀口淳: 自殺類似行動を伴うせん妄に対してミルタザピンが奏効した老年期うつ病の1症例. 老年精神医学雑誌 26(増-U): 153, 2015
  19. 水野創一, 堀口淳: 睡眠時随伴症群. 睡眠医療 9(2): 185-193, 2015
  20. Miura S, Furuya M, Yasuda H, Miyaoka T, Horiguchi J: Novel Therapy With Ramelteon for Hypoactive Delirium A Case Report. Journal of Clinical Psychopharmacology 35(5): 616-618, 2015
  21. Hashioka S, Patric L. McGeer, Miyaoka T, Wake R, Horiguchi J: Can inhibition of microglial activation cure schizophrenia? Schizophrenia Research 168(1-2): 583-584 , 2015
  22. 河野公範, 荒木智子, 土屋智, 山下英尚, 水野創一, 岡靖哲, 新野秀人, 川田誠一, 大槻学, 中島健二, 野村哲志, 堀口淳: レストレス・レッグス症候群の日中の抑うつ, 不安・焦燥, 無気力に関する検討. 精神医学 57(9): 753-759, 2015
  23. 河野公範, 長濱道治, 堀口淳: 高齢者の睡眠障害. 臨牀と研究 92(9): 1152-1156, 2015
  24. 宮岡剛: パーソナリティ障害と漢方―境界性パーソナリティ障害に対する抑肝散の効果―. 精神科(27)3: 170-174, 2015
  25. 宮岡剛: 治療抵抗性統合失調症に対する抑肝散の有用性に関する臨床研究. 脳21 18(4): 242-248, 2015
  26. 和氣玲: 広汎性発達障害/焦燥, 易刺激性. 脳21 18(4): 259-263, 2015
  27. 宮岡剛: 精神疾患の睡眠障害に対する酸棗仁湯の効果. 脳21 18(4): 283-286, 2015
  28. 河野公範: 睡眠時随伴症群. 精神科治療学 30(増): 252-254, 2015
  29. 堀口淳: 精神疾患に対する漢方薬. 精神科治療学 30(増): 425-430, 2015

 

著書
  1. 宮岡剛: (一部執筆) 精神科医療におけるインフォームド・コンセント. 福井次矢, 高木誠, 小室一成 総編集. 山口徹, 北原光夫 監修: 今日の治療指針2015年版. 医学書院, 東京, pp945-946, 2015
  2. 堀口淳: (一部執筆) アルツハイマー病のBPSD. 福井次矢, 高木誠, 小室一成 総編集. 山口徹, 北原光夫 監修: 今日の治療指針2015年版. 医学書院, 東京, pp946-948, 2015
  3. 河野公範, 長濱道治, 堀口淳: (一部執筆) 心身症. 小林祥泰, 水澤英洋, 山口修平 編集: 神経疾患最新の治療 2015-2017. 南江堂, 東京, pp271-272, 2015
  4. 堀口淳: (一部執筆) 症状性を含む器質性精神障害. 野村総一郎・樋口輝彦監修、尾崎紀夫・朝田隆・村井俊哉編集: 標準精神医学 第6版. 医学書院, 東京, pp411-437, 2015
  5. 長濱道治: (一部執筆) 不眠(睡眠)について. 島根大学医学部附属病院監修・編集: 島大病院ちょっと気になる健康講座. 今井出版, 米子, pp43-45, 2015
  6. 長濱道治: (一部執筆) 「ものわすれ」について. 島根大学医学部附属病院監修・編集: 島大病院ちょっと気になる健康講座. 今井出版, 米子, pp43-45, 2015
  7. 堀口淳: (一部執筆) せん妄. 金澤一郎・永井良三 総編集: 今日の診断指針 第7版. 医学書院, 東京, pp147-150, 2015
  8. 宮岡剛: 自閉症スペクトラム障害に対する抑肝散の有用性の科学的知見の創出に関する研究. 厚生労働科学研究委託費 地域医療基盤開発推進研究「統合医療」に係る医療の質向上・科学的根拠収集研究事業 平成26年度委託業務成果報告書. pp1-118, 2015.3

 

その他掲載・出演
  1. 和氣玲: 気が合う相談相手みつけて. 山陰中央新報 1月30日(金), 2015
  2. 稲垣卓司: 「五月病」に要注意. 山陰中央新報 5月8日(金), 2015
  3. 堀口淳: 凄まじい迫力, 実践力, 臨床力の傑作! (書籍紹介: BOOK) (紹介書籍:処方の選択肢プラスワン!高齢者のための漢方薬. 山田和男著. 南山堂. ) 治療 97(8): 1121, 2015
  4. 堀口淳: 特集にあたって. 脳21 18(4): 240-241, 2015
  5. 堀口淳, 佐藤眞弓, 岩崎克典: 精神神経科領域における漢方薬の臨床と薬理. 鼎談 漢方の臨床と薬理(第2回). 漢方医薬学雑誌 23(3): 4-13, 2015

 

学会発表
  1. 堀口淳: 眠れない患者さんやあなたのためにも〜ケアにも活かそう睡眠障害の基礎知識〜. 日本認知症ケア学会 第47回教育講演. (広島県JAビル) 広島, 2015.1.17
  2. 古屋智英: 老年期の不安症に対する漢方薬治療. 第7回日本不安症学会学術大会. (アステールプラザ) 広島, 2015.2.14-15
  3. 長濱道治, 宮岡剛, 堀口淳: 妊娠・出産に対する不安に半夏厚朴湯が有用であった精神疾患合併妊婦の2症例. 第20回島根中医学会. (ホテル武志山荘) 出雲, 2015.5.17
  4. Horiguchi Jun: Neuroleptic-Induced Extrapyramidal Symptoms and the Treatment in Clinical Practice. 第111回日本精神神経学会学術総会. JSPN/WPA合同シンポジウム 34. (大阪国際会議場) 大阪, 2015.6.4-6
  5. 宮岡剛: 統合失調症の予防と治癒〜体質性黄疸を合併する緊張型統合失調症に関する検討をもとに〜. 第111回日本精神神経学会学術総会. 教育講演1. (大阪国際会議場) 大阪, 2015.6.4-6
  6. 和氣玲, 宮岡剛, 荒木智子, 古屋智英, 橋岡禎征, 堀口淳: 遅発性統合失調症におけるSPECTを用いた脳血流の変化. 第111回日本精神神経学会学術総会. (大阪国際会議場) 大阪, 2015.6.4-6.6
  7. 林田麻衣子, 三木啓之, 安田英彰, 和氣玲, 橋岡禎征, 宮岡剛, 堀口淳: 精神運動興奮に至った無セルロプラスミン血症の1例. 第111回日本精神神経学会学術総会. (大阪国際会議場) 大阪, 2015.6.4-6.6
  8. 長濱道治, 松田泰行, 三木啓之, 田中一平, 三浦章子, 金山三紗子, 山下智子, 河野公範, 古屋智英, 林田麻衣子, 岡崎四方, 和氣玲, 橋岡禎征, 宮岡剛, 堀口淳: 自殺類似行動を伴うせん妄に対してミルタザピンが奏功した老年期うつ病の1症例. 第30回日本老年精神医学会. (パシフィコ横浜) 横浜, 2015.6.12-14
  9. 堀口淳: 臨床全科で遭遇する不眠やせん妄、認知症対策とケア〜ビデオ供覧も交えて〜. 第18回日本薬物脳波学会学術集会ランチョンセミナー. (コガノイベイホテル) 和歌山県白浜町, 2015.6.27
  10. 河野公範, 荒木智子, 土屋智, 山下英尚, 水野創一, 岡靖哲, 新野秀人, 川田誠一, 大槻学, 野村哲志, 中島健二, 堀口淳: レストレス・レッグス症候群(RLS)の日中の抑うつ、不安・焦燥、無気力に関する検討. 日本睡眠学会第40回定期学術集会. (栃木県総合文化センター) 宇都宮, 2015.7.2-3
  11. 古屋智英, 末廣章一, 南浩太郎, 織田禎二, 斎藤洋司, 大谷浩, 宮岡剛, 堀口淳: 心血管バイパス術におけるラメルテオンの術後せん妄予防に関する予備的研究:無作為ランダム化オープン試験. 第63回山陰精神神経学会. (鳥取大学医学部) 米子, 2015.7.4
  12. 古屋智英, 宮岡剛, 和氣玲, 長濱道治, 田中一平, 堀口淳: 貯蔵鉄不足を伴った精神疾患に鉄剤が奏功した経験. 第63回山陰精神神経学会. (鳥取大学医学部) 米子, 2015.7.4
  13. 松田泰行, 田中一平, 稲垣諭史, 林田麻衣子, 和氣玲, 橋岡禎征, 宮岡剛, 堀口淳: 非けいれん性てんかん重積と診断されたオセルタミビルに起因すると考えられる急性精神病状態の1例. 第63回山陰精神神経学会. (鳥取大学医学部) 米子, 2015.7.4
  14. 橋岡禎征, 宮岡剛, 和氣玲, 林田麻衣子, 堀口淳: 活性化ミクログリアの抑制によって統合失調症は治療できるのか? 第63回山陰精神神経学会. (鳥取大学医学部) 米子, 2015.7.4
  15. 堀口淳: 診断と治療の落とし穴〜統合失調症と認知症〜. 第35回日本精神科診断学会ランチョンセミナー. (北海道大学学術交流会館) 札幌, 2015.8.6
  16. 堀口淳: 臨床全科で遭遇する不眠やせん妄、認知症対策〜漢方薬の役割〜. 第32回和漢医薬学会学術大会 特別講演3. (富山国際会議場) 富山, 2015.8.22-23
  17. 堀口淳: 島根大学抑肝散物語から酸棗仁湯研究へ〜水素治療への期待も含めて〜. 第32回和漢医薬学会学術大会/薬剤師のための漢方講座. (富山国際会議場) 富山, 2015.8.22-23
  18. 宮岡剛: 精神神経疾患治療における抑肝散の有用性. 第32回和漢医薬学会学術大会 シンポジウム3. (富山国際会議場) 富山, 2015.8.22-23
  19. Jun Horiguchi: Clinical Potential and Mechanism of Yokukansan Action for the Treatment for Psychiatric Disorders. The 9th International Congress of the Asian Society Against Dementia: Luncheon 2. (KKR HOTEL KUMAMOTO) Kumamoto, Japan, Sep 14-16, 2015
  20. Hayashida M, Miki H, Yasuda H, Miura S, Tanaka I, Nagahama M, Okazaki S, Wake R, Hashioka S, Miyaoka T, Horiguchi J: Effectiveness of Minocycline tratment in an Aceluroplasminemia Patient with Psychomotor Exitement neurological symptoms. The 9th International Congress of the Asian Society Against Dementia. (KKR Hotel Kumamoto) Kumamoto, Japan, Sep 14-16, 2015
  21. 宮岡剛: 治療抵抗性統合失調症に対する抑肝散の有用性と安全性に関する多施設共同二重盲検ランダム化比較試験. 【受賞論文:Efficacy and safety of Yokukansan in treatment-resistant schizophrenia: A Randomized, double-blind, Placebo-controlled trial (A positive and negative syndrome scale, five-factor analysis)】. 日本臨床精神神経薬理学会2015年 ポール・ヤンセン賞受賞講演. (京王プラザホテル) 東京, 2015.10.29-30
  22. 堀口淳: 認知症患者の世界〜私の臨床経験から〜. 第45回日本臨床神経生理学会学術大会ランチョンセミナー. (大阪国際会議場) 大阪, 2015.11.7
  23. 堀口淳: 老年期の精神科薬物治療;抗認知症薬や抗うつ薬, 睡眠薬から漢方薬まで. 日本老年精神医学会第19回生涯教育講座. (新大阪丸ビル別館) 大阪, 2015.11.8
  24. LIMOA ERLYN, 橋岡禎征, 宮岡剛, 土江景子, 荒内亮輔, 和氣玲, 林田麻衣子, 荒木智子, Tanra Andi Jayalangkara, 堀口淳: Electroconvulsive shock altered schizophrenia-like behavior and glial activation in Gunn Rat. 第42回日本脳科学会. (ANAホリディインリゾート宮崎) 宮崎, 2015.11.12-13
  25. 和氣玲, 荒木智子, 宮岡剛, 長濱道治, Limoa Erlyn, 橋岡禎征, 堀口淳: アルツハイマー型認知症患者に対するガランタミンの効果と脳血流との関連. 第56回中国・四国精神神経学会. (倉敷市芸文館) 倉敷, 2015.11.12-13
  26. 長濱道治, 松田泰行, 三木啓之, 金山三紗子, 田中一平, 三浦章子, 山下智子, 河野公範, 古屋智英, 岡崎四方, 林田麻衣子, 和氣玲, 橋岡禎征, 宮岡剛, 堀口淳: 妊娠・出産に対する不安に半夏厚朴湯が有用であった精神疾患合併妊婦の2症例. 第56回中国・四国精神神経学会. (倉敷市芸文館) 倉敷, 2015.11.12-13
  27. LIMOA ERLYN, 橋岡禎征, 宮岡剛, 土江景子, 荒内亮輔, 和氣玲, 林田麻衣子, 荒木智子, Tanra Andi Jayalangkara, 堀口淳: Electroconvulsive shock alleviated schizophrenia-like behavior and reduced expression of CD11b and GFAP in the hippocampus of Gunn Rat. 第56回中国・四国精神神経学会. (倉敷市芸文館) 倉敷, 2015.11.12-13
  28. 中野奈穂, 福永朋子, 高橋孝子, 岡村久美子, 白井裕子, 堀口淳: 物忘れ外来を通して見えてきた精神保健福祉士の役割. 第56回中国・四国精神神経学会. (倉敷市芸文館) 倉敷, 2015.11.12-13
  29. Erlyn Limoa: The Effect of Electroconvulsive Shock on Activated Microglia and Astrocyte in Animal Model. WPA International Congress 2015 (ACSR). Taipei, TAIWAN, November 18-22, 2015
  30. Erlyn Limoa(他オーサー不明): Electroconvulsive Shock Ameliorated the Schizophrenia-Like Behavior and Altered the Expression of CD11b, GFAP and Indoleamine2,3-Dioxygenase in the Hippocampus of Gunn Rat. WPA International Congress 2015 (AsCNP). Taipei, TAIWAN, November 18-22, 2015
  31. 林田麻衣子, 三木啓之, 松田泰行, 山下智子, 長濱道治, 岡崎四方, 和氣玲, 橋岡禎征, 宮岡剛, 堀口淳: 著しい精神運動興奮を伴う無セルロプラスミン血症がミノサイクリンによって臨床症状の改善を認めた1例. 第20回日本神経精神医学会. (石川県立音楽堂) 金沢, 2015.12.11-12
  32. 長濱道治, 荒木智子, 河野公範, 古屋智英, 林田麻衣子, 岡崎四方, 和氣玲, 橋岡禎征, 宮岡剛, 堀口淳: 抗認知症薬投与後の認知機能および介護負担の変化に関する検討. 第20回日本神経精神医学会. (石川県立音楽堂) 金沢, 2015.12.11-12
  33. 長濱道治: BPSDに対するアセスメントとケア. 日本認知症ケア学会中国地域部会事例検討会in出雲. (島根大学医学部N21) 出雲, 2015.12.19