トップ業績2005

平成17年度 

【論文】

H17-01

河本 舞,川上浩平,三原安経,八田稔久,権田辰夫,野村正人,大谷 浩:フィトンチッドの香りがラット自律神経機能に及ぼす影響,解剖学雑誌,80(1), 23, 2005

H17-02

川上浩平,小村浩司,西村孝雄,市野元信,吾郷昭夫,武居清志,並 徹,原田孝之:消臭布床敷(アグレーブ)のマウス用床敷材としての有用性の検討,九州実験動物,21, 13-19, 2005

H17-03

川上浩平:居住環境に対する実験動物の生理学的反応, 実験動物と環境,13(2), 98-102, 2005

H17-04

Kawakami K, Komura K, Nishimura T, Nabika T, Gonda T: Evaluation of new bedding materials (Agrebe) in the mice, Exp. Anim., 54(3), 226, 2005

H17-05

Kawakami K, Kawamoto M, Cui Z, Gonda T, Otani H, Nomura M, Nabika T: The wood flavor reduces stress responses in SHRSP, Clin. Exp. Hypertens., 27, 442, 2005

H17-06

Kobayashi Y, Hobara N, Kawakami K, Cui Z, Kawasaki H, Nabika T: Catecholamine concentration in congenic rat strains for the hypertension-related region on chromosome 1, Clin. Exp. Hypertens., 27, 417, 2005

H17-07

Sakura S, Kirihara Y, Muguruma T, Kishimoto T, Saito Y: The comparative neurotoxicity of intrathecal lidocaine and bupivacaine in rats, Anesthesia &Amp; Analgesia, 101(2), 541-7, 2005

H17-08

Kirihara Y, Takechi M, Ago A, Saito Y: Antinociceptive effects of intrathecally administered lidocaine and morphine in mice, Exp. Anim., 54(3), 216, 2005

H17-09

Kamada N, Inouse N, Hisamatsu T, Okamoto S, Matsuoka K, Sato T, Chinen H, Hong S K, Yamada T, Suzuki Y, Suzuki T, Watanabe N, Tsuchimoto K, Hibi T: Nonpathogenic Escherichia coli strain Nissle1917 prevents murine acute and chronic colitis. Inflamm Bowel Dis. 11(5): 455-463. 2005.

H17-10

Yamada T, Kataoka S, Ogasawara K, Ishimitsu R, Hashiguchi K, Suzuki T, Kawauchi H: Mucosal immunity of nasopharynx: an experimental study in TCR-transgenic (OVA23-3) mice. Rhinology, 43, 190-198. 2005.

H17-11

山田高也,頓宮美樹,平久 治,橋本麻子,鈴木達夫,鈴木幸男,厚田幸一郎,浅沼史樹,山田好則: Estrogen receptor 陽性ヒト乳癌株に対するS-1tamoxifenの併用効果. 日本化学療法学会雑誌. 53(11): 679-685. 2005.


【発表】

H17-12

川上浩平,小村浩司,西村孝雄,並河 徹,権田辰夫:床敷消臭布(アグレーブ)のマウス用 床敷材としての有用性の検討,第52回日本実験動物学会,江戸川区, 20055

H17-13

桐原由美子,武智眞由美,吾郷昭夫,齋藤洋司:マウスのくも膜下投与によるリドカインとモルヒネの鎮痛効果,第52回日本実験動物学会総会,江戸川区, 20055

H17-14

かおる,齋藤洋司,六車智子,越川 桂,桐原由美子,佐倉伸一:リドカインの濃度と容量の違いが脊髄くも膜麻酔の効果に及ぼす影響(ラットを用いた研究),第52回日本麻酔科学会学術集会, 神戸市20056

H17-15

川上浩平,河本 舞,堀江哲史,三原安経,野村正人,安井幸彦,大谷 浩:フィトンチッドの動物施設におけるアンケート調査とホルマリン消臭効果,第39回日本実験動物技術者協会総会,金沢市,20056

H17-16

武智眞由美,桐原由美子,黒崎 薫,三浦 隆,吾郷昭夫:環境エンリッチメントが2型糖尿病モデルマウスの病理学的パラメータに与える影響,第39回日本実験動物技術者協会総会,金沢市,20056

H17-17

吾郷昭夫,武智眞由美,桐原由美子,川上浩平:竹筒を用いた環境エンリッチメントがラットの自発運動と尿中カテコールアミンに及ぼす影響,第39回日本実験動物技術者協会総会,金沢市,20056

H17-18

川上浩平:居住環境に対する実験動物の生理学的反応,第39回日本実験動物技術者協会総会及び第33回日本実験動物環境研究会 共催シンポジウム,金沢市,20056

H17-19

Kirihara Y, Takechi M, Ago A, Koshikawa K, Sakura S, Saito Y: Comparison of pain after experimental incision performed under three different anesthetic techniques in rats, The 11th World congress on pain, Australia, 2004, August

H17-20

Kirihara Y, Saito Y, Koshizaki M, Sakura S, Doi K: Effects of coadministered morphine and gabapentin in the rat neuropathic pain model, The 35th Annual meeting of Neuroscience, Washington DC, USA, 2005, November

H17-21

増田朝子,頓宮美樹,町田 充,厚田幸一郎,山田高也,鈴木幸男,鈴木達夫,平久 治,大作昌義,宮川 健,浅沼史樹,山田好則:手術例より樹立された食道癌株に対するS-1cicplatinの併用効果. 38回制癌剤適応研究会. 和歌山20053

H17-22

頓宮美樹,増田朝子,町田 充,厚田幸一郎,山田高也,鈴木幸男,鈴木達夫,大作昌義,浅沼史樹,山田好則,平久 :可移植性ヒト乳癌株に対するdocetaxelS-1cicplatin3剤併用療法に関する基礎的検討. 38回制癌剤適応研究会. 和歌山20053

H17-23

松原和衛,筑波千晶,山本欣郎,山田高也,鈴木達夫,高橋寿太郎:マウス胎生期雌性生殖巣の異所移植による配偶子形成誘導の試み. 46回日本哺乳動物卵子学会. 八戸. 20055

H17-24

頓宮美樹,厚田幸一郎,山田高也,鈴木幸男,大作昌義,宮川 健,浅沼史樹,山田好則:手術例より樹立した食道癌株に対する実験的化学療. 59回日本食道学会. 東京,20056

H17-25

竹下 啓,鈴木幸男,竹内 修,戸田京子,山田高也,鈴木達夫,土本寛二:CO2性アシドーシスによるICAM-1発現抑制におけるROS関与. 14回日本臨床環境医学会. 久留米20057

H17-26

松井孝子,小沢 学,宮田幹夫,石川 哲,榊原七重,田中館明博,山田高也,鈴木幸男,土本寛二,坂部貢:臨床環境医学センター受診患者における視覚空間周波数特性検査の検討. 14回日本臨床環境医学. 久留米20057

H17-27

鈴木幸男,竹下 啓,小宮智義,清水喜八郎,山田高也,鈴木達夫,松井孝子,坂部 貢,土本寛二: 化学物質過敏症およびシックハウス症候群患者におけるCoxiella burnetii感染の検討. 14回日本臨床環境医学会. 久留米20057