トップ業績2009

平成21年度

【論文】

H21-01

Tongu M, Harashima N, Yamada T, Harada T, Harada M: Immunogenic chemotherapy with cyclophosphamide and doxorubicin against established murine carcinoma. Cancer Immunol Immunother. 59(5), 769-777,2009.

H21-02

Akama K, Kanetou J, Shimosaki S, Kawakami K, Tsuchikura S, Takaiwa F: Seed-specific expression of truncated OsGAD2 produces GABA-enriched rice grains that influence a decrease in blood pressure in spontaneously hypertensive rats. Transgenic Res, 18, 865-876, 2009

H21-03

Kawakami K, Kobayashi Y, Shimosaki S, Tongu M, Sultana R, Tsuchikura S, Nomura M, Nabika T, Yamada T: Effects of food restriction on a rat metabolic syndrome model (SHR/NDmcr-cp/cp (SHR-cp)), Clin. Exp. Hypertens., 31 (6), 507, 2009

H21-04

川上浩平 : 実験動物に対する飼育環境の改善のための具体的事例, 実験動物技術, 44, 75-84, 2009

H21-05

川上浩平, 坂本淳平, 下﨑俊介, 頓宮美樹, 小林裕太, 山田高也: 木製環境エンリッチメントの形状に対するマウスの行動学的反応, 九州実験動物雑誌, 25, 49-54, 2009

H21-06

Kawakami K, Tongu M, Shimosaki S, Komura K, Kobayashi Y, Yamada T: Effect of cloth bedding materials on mice –Difference in thread and knitting-, Exp. Anim., 58, 327, 2009

H21-07

青井典明, 合田薫, 村田明道, 山田高也, 川内秀之: アレルギー性炎症の制御を目的とした粘膜免疫の臨床応用, 耳鼻咽喉科免疫アレルギー,27(2), 66, 2009.

H21-08

頓宮美樹, 山田高也, 合田薫, 清水保彦, 佐野千晶, 川内秀之: マウスを用いたアレルギー性鼻炎に対する舌下免疫治療法の治療効果および作用メカニズムについての検討, 耳鼻咽喉科免疫アレルギー,27(2), 84-85, 2009.


発表

H21-09

Goda K, Yamada T, Tongu M, Kawauchi H, Aoi N: A murine model of allergic rhinitis with sublingual immunotherapy, Rhinology World 2009, Philadelphia, Pennsylvania, USA, April, 2009.

H21-10

川上浩平, 頓宮美樹, 下﨑俊介, 小村浩司, 小林裕太, 山田高也: マウスにおける布製床敷材の生地の違いによる影響, 56回日本実験動物学会, 大宮, 2009, 5

H21-11

松井孝子, 中井里史, 櫻井四郎, 大形真央, 小沢学, 宮田幹夫, 山田高也, 鈴木幸男, 土本寛二, 坂部貢: 化学物質過敏症評価のための重症動揺検査に関する基礎的研究, 18回日本臨床環境医学会総会, 岡山市, 2009, 7

H21-12

Goda K, Yamada T, Tongu M, Fuchiwaki T, Sano C, Kawauchi H: Sublingual immunotherapy induces regulatory function of CD4CD25T cells of CLN in murine allergic rhinitis model, 48回日本耳鼻科学会総会・学術講演会, 松江市,2009, 10

H21-13

山田高也: ワークショップⅠー動物実験手技がデータに与える影響を考える, 43回日本実験動物技術者協会総会, 新潟市, 2009, 10.

H21-14

川上浩平: シンポジウムⅢ―実験動物福祉と実験動物技術者の役割, 飼育環境の改善-具体的事例-, 43回日本実験動物技術者協会総会, 新潟市, 2009, 10.

H21-15

小川哲平, 川上浩平, 坂本淳平, 頓宮美樹, 山田和夫, 夏目克彦, 山田高也, 小林裕太: 新型搾乳器を用いたラットの乳汁回収法の検討, 43回日本実験動物技術者協会総会, 新潟市, 2009, 10.

H21-16

桐原由美子, 武智眞由美, 黒﨑薫, 海津幸子, 野津吉友, 伊藤雅樹, 高也: 長期間の制限給餌がZucker Diabetic Fatty Zucker DiabeticFatty (ZDF)ラットの理学的および病理学的パラメータに及ぼす影響について, 43回日本実験動物技術者協会総会, 新潟市, 2009, 10

H21-17

武智眞由美, 佐藤文夫, 桐原由美子, 黒﨑 , 大谷浩, 山田高也:技術者教育教材としての実験動物(マウス・ラット)プラスティネーション標本作成方法の検討, 43回日本実験動物技術者協会総会, 新潟市, 2009, 10

H21-18

川上浩平, 坂本淳平, 頓宮美樹, 尾崎公史, 丸尾範行, 山田高也: マウスの床敷材の居住嗜好性(1)-群飼育の場合-, 27回九州実験動物研究会, 熊本市, 2009, 11

H21-19

坂本淳平, 川上浩平, 尾崎公史, 丸尾範行, 頓宮美樹, 山田高也: マウスの床敷材の居住嗜好性(2)-分娩・哺育の場合-, 27回九州実験動物研究会, 熊本, 2009, 11

H21-20

川上浩平, 小林裕太, 坂本淳平, 頓宮美樹, 山田和夫, 山田高也: 実験動物の乳汁分泌能定量法の開発, 62回日本薬理学会西南部会, 松山市, 2009, 11