トップ業績2010

平成22年度

著書

H22-01

野村正人, 川上浩平: フィトンチッド -特性とその応用-, 日本フィトンチッド株式会社, 大阪, 2010.


【論文】

H22-02

川上浩平, 頓宮美樹, 山田高也: 実験動物の適正な飼育環境の検討, 実験動物と環境, 18, 50-59, 2010.

H22-03

坂本淳平, 川上浩平, 大野怜一朗, 頓宮美樹, 小村浩司, 尾崎公史, 丸尾範行, 山田高也: マウスを用いた伸展性の異なる布製床敷材の耐久性と居住嗜好性の検討, 九州実験動物, 26, 41- 47, 2010.

H22-04

Xiao B, Harada Y, Kawakami K, Nabika T: A 1.8-Mbp fragment on chromosome 1 affects Sympathetic response to stress: evaluation in reciprocal congenic strains between stroke-prone spontaneously hypertensive rat and Wistar-Kyoto rat, J. Hypertension, 29, 257-265, 2011.

H22-05

Kirihara Y, Takechi M, Kurosaki K, Kaidzu S, Notsu Y, Yamada T: Changes of physiological parameters during long term breeding in Zucker Diabetic Fatty (ZDF) rats. Exp. Anim. 59, 93, 2010.

H22-06

Kawakami K, Sakamoto J, Komura K, Tongu M, Yamada T: Color preference of the bedding materials in mice: Color preference of the bedding materials in mice. Exp. Anim. 59, 105, 2010.

 H22-07 Tongu M, Harashima N, Yamada T, Harada T, Harada M: Immunogenic chemotherapy with cyclohosphamide and doxorubicin against established murine carcinoma. Cancer immunol Immunother. 59, 769-77, 2010.


【発表】

H22-08

Kirihara Y, Takechi M, Kurosaki K, Yamada T, Kaidzu S, Sakura S, Saito Y: Neurometer measurement of current stimulus threshold in Zucker Diabetic Fatty rats. 13th World Congress of International Association for the Study of Pain, Montreal, Canada, August, 2010.

H22-09

Kawakami K, Tongu M, Notsu Y, Tsuchikura S, Nabika T, Kobayashi Y, Yamada T: A new device for milk collection from lactating rats: application to the analysis of amino acid composition of milk in SHR and WKY. 6th International Congress of Pathophysiology and 14th International SHR Symposium, Montréal, Canada, September, 2010.

H22-10

Yamada T, Tongu M, Kawakami K, Takeda R, Kawamura H, Hamahara N, Komemushi S, Iida A, Sawabe A: Atherosclerosis inhibitors in wine compression residue. 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies. (PACIFICHEM 2010), Hawaii, USA. December, 2010.

H22-11

Tongu M, Yamada T, Kawakami K, Takeda R, Kawamura H, Hamahara N, Komemushi S, Iida A, Sawabe A: Physiological activities of health tea in Shimane. 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies. (PACIFICHEM 2010), Hawaii, USA. December, 2010.

H22-12

Kawakami K, Sakamoto J, Tongu M, Nomura M, Kobayashi Y, Yamada T: Effect of phytoncide on blood alcohol concentration in rats. 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies. (PACIFICHEM 2010), Hawaii, USA. December, 2010.

H22-13

桐原由美子, 武智眞由美, 黒﨑薫, 海津幸子, 野津吉友, 山田高也: Zucker Diabetic Fatty(ZDF)ラットの長期飼育における生理学的パラメータ, 57回実験動物学会総会, 京都市, 5, 2010.

H22-14

川上浩平, 坂本淳平, 小村浩司, 頓宮美樹, 山田高也: 床敷材の色の違いとマウスの居住嗜好性, 57回実験動物学会総会, 京都市, 5, 2010.

H22-15

川上浩平, 坂本淳平, 大野怜一朗, 頓宮美樹, 山田高也: 環境エンリッチメントがマウスの住居嗜好性および生存率に与える影響, 44回日本実験動物技術者協会総会, 旭川市, 9, 2010.

H22-16

頓宮美樹, 坂本淳平, 川上浩平, 大野怜一朗, 尾崎公史, 丸尾範行, 山田高也: マウスの住居嗜好 (1), 44回日本実験動物技術者協会総会, 旭川市, 9, 2010.

H22-17

坂本淳平, 川上浩平, 大野怜一朗, 尾崎公史, 丸尾範行, 頓宮美樹, 山田高也: マウスの住居嗜好 (2), 44回日本実験動物技術者協会総会, 旭川, 9, 2010.

H22-18

黒﨑薫, 桐原由美子, 武智眞由美, 山田高也: マウスにおける連続採血方法の検討尾静脈採血と頬部静脈叢採血の比較—, 44回日本実験動物技術者協会総会, 旭川, 9, 2010.

H22-19

桐原由美子, 武智眞由美, 黒﨑薫, 山田高也, 黒澤努: マウスにおける鎮静鎮痛三種混合薬の麻酔効果について, 44回日本実験動物技術者協会総会, 旭川, 9, 2010.

H22-20

武智眞由美, 桐原由美子, 土江景子, 黒﨑薫, 宮岡剛, 山田高也, 堀口淳: ハンドリングによる順化がラットの行動学および生理学的パラメータに及ぼす影響, 44回日本実験動物技術者協会総会, 旭川, 9, 2010.

H22-21

松井孝子, 吉冨健志, 小沢学, 石川哲, 宮田幹夫, 山田高也, 坂部貢: メチル水銀中毒の視野 - 経年変化を含めて, 19回日本臨床環境医学会学術集会, 東京, 7, 2010.

H22-22

坂本淳平, 川上浩平, 大野怜一朗, 頓宮美樹, 尾崎公史, 丸尾範行, 山田高也: 生地の異なる布製床敷材の耐久性と居住嗜好性の検討, 28回九州実験動物研究会総会, 福岡, 10, 2010.

H22-23

頓宮美樹, 坂本淳平, 川上浩平, 大野怜一朗, 尾崎公史, 丸尾範行, 山田高也: マウスの分娩・哺育時における居住嗜好性, 28回九州実験動物研究会総会, 福岡, 10, 2010.

H22-24

川上浩平, 坂本淳平, 大野怜一朗, 頓宮美樹, 野津由友, 山田和夫, 並河徹, 山田高也, 小林 裕太: 島根大式搾乳器を用いたWKYSHRラットの乳汁中のアミノ酸分析, 28回九州実験動物研究会総会, 福岡, 10, 2010.

H22-25

大野怜一朗,藤原純子,植木美鈴,安田年博,木村かおり,大塚洋輔,頓宮美樹,山田高也,飯田礼子,竹下治男: DNaseⅠの動物種別臓器分布からの分子進化的考察, 第回日本法医学学術中四国地方集会, 徳島, 10, 2010.

H22-26

大塚洋輔, 藤原純子, 大野怜一朗, 木村かおり, 頓宮美樹,山田高也, 竹下治男: メタロチオネインMT2A(-209A/G)多型の頻度分布とアルカリフォスファターゼ(ALP)活性との相関解析, 27回日本法医学学術中四国地方集会, 徳島, 10, 2010.

H22-27

元矢知志, 宇田川潤, 桐原由美子, 野村正人, 大谷浩: Sennna occidentalis(望江南)抽出物の創傷治癒促進効果について, 日本解剖学会 65回中国・四国支部学術集会, 呉市, 10, 2010.

H22-28

川上浩平: 実験動物からみた居住環境の検討, SHR等疾患モデル共同研究会研修会講演, 浜松市, 2, 2011.

H22-29

桐原由美子, 武智眞由美, 黒﨑薫, 小川哲平, 山田高也, 黒澤努: マウスの麻酔時におけるパルスオキシメータを用いた生体モニタリングの検討, 151回獣医学会学術集会, 東京, 3, 2011.

H22-30

元矢知志, 宇田川潤, 桐原由美子, 野村正人, 大谷浩: Senna occidentalis(望江南)抽出物の創傷治癒促進効果について, 日本農芸化学会 2011年度大会, 京都, 3, 2011.