安全対策について

患者さんの安全の確保と、質の高い医療の提供をすることは、病院の使命です。特に本院は大学病院であり社会的にも大きな責任があります。

本院は厚生労働省通知「特定機能病院における医療安全管理のための体制の確保」に基づいて、平成14年4月医療安全管理室を設置し、国立大学附属病院医療安全管理協議会の参加病院として、 医療事故防止に努め、安全な医療を提供するために取り組みを続けています。

平成28年7月20日付けで部門名が変更になりました。