業績 2010 年度

<総説>
  1. 高松 泰、鈴宮淳司 

    再発びまん性大細胞型B細胞リンパ腫に対する適切な治療は? 臨床に直結する血液疾患診療のエビデンス  編神田善伸 文光堂 東京 2010、271-275

  2. 鈴宮淳司 

    慢性リンパ性白血病。
    造血器腫瘍取扱い規約 2010年3月第1版 監修 直江知樹、堀田知光、下山正徳 編集日本血液学会、日本リンパ網内系学会、編 大西一功、三谷絹子、小椋美知則、飯田真介 金原出版 東京 2010、48-52

  3. 鈴宮淳司 

    症例一覧ならびにその解説。症例検討を通して学ぶ悪性リンパ腫診療の実際;リンフォーマ井戸端会議から学んだこと。
    菊池昌弘、田村和夫、大島孝一、鈴宮淳司編 メディカルレビュー社 大阪、2010、15-18

  4. 鈴宮淳司 

    T細胞前リンパ球性白血病 430-2、T細胞大顆粒リンパ球性白血病 433-5、鈴宮淳司 NK細胞慢性リンパ増殖異常症 436-8、アグレッシブNK細胞性白血病/リンパ腫 439-41
    WHO血液腫瘍分類 WHO分類2008をうまく活用するために。編集 直江知樹、朝永万左男、中村栄男、飯田真介、大島孝一、木下朝博、吉野 正 医薬ジャーナル社 大阪 2010

  5. 鈴宮淳司 

    リンパ節腫大 40-49
    血液疾患の病診連携〜プライマリーケアフィジシャンとスペシャリストの架け橋〜 編 鈴宮淳司、竹尾高明、伊豆津宏二 医薬ジャーナル 大阪 2010

  6. 村瀬卓平、鈴宮淳司 

    白血病/リンパ腫の長期生存者の健康管理(二次がんの発生を含む)146-152
    血液疾患の病診連携〜プライマリーケアフィジシャンとスペシャリストの架け橋〜 編 鈴宮淳司、竹尾高明、伊豆津宏二 医薬ジャーナル 大阪 2010

  7. 高松 泰、鈴宮淳司 

    悪性リンパ腫 
    病気と薬 パーフェクトBOOK 薬局 増刊号 2010: 61(4):1653‐1660

  8. 高松 泰、鈴宮淳司 

    リツキシマブを用いた慢性リンパ性白血病の治療 
    血液・腫瘍科2010: 60(1):18‐22

  9. 鈴宮淳司 

    リンパ腫―WHO分類の変更による治療戦略の変化と分子標的薬治療の現況と問題点― 
    癌と化学療法 2010: 37(5):811−815

  10. 鈴宮淳司 

    慢性リンパ性白血病 
    内科 2010:106(2):270-275

  11. 田中順子:Ⅱ 専門医への紹介の前に、1.貧血 p18-24、Ⅳ 血液疾患/血液学的問題の連携 2. 鉄欠乏性貧血:Fe剤の使い方を含む p122-125
    鈴宮淳司、竹尾高明、伊豆津宏二 編 血液疾患の病診連携、医薬ジャーナル社, 大阪,

<論文>
  1. Matsumoto T, Jimi S, Hara S, Takamatsu Y, Suzumiya J, Tamura K.

    Am80 inhibits stromal cell-derived factor-1-induced chemotaxis in T-cell acute lymphoblastic leukemia cells.
    Leuk Lymphoma. 2010 Mar;51(3):507-14.

  2. Seki R, Ohshima K, Nagafuji K, Fujisaki T, Uike N, Kawano F, Gondo H, Makino S, Eto T, Moriuchi Y, Taguchi F, Kamimura T, Tsuda H, Ogawa R, Shimoda K, Yamashita K, Suzuki K, Suzushima H, Tsukazaki K, Higuchi M, Utsunomiya A, Iwahashi M, Imamura Y, Tamura K, Suzumiya J, Yoshida M, Abe Y, Matsumoto T, Okamura T.

    Rituximab in combination with CHOP chemotherapy for the treatment of diffuse large B cell lymphoma in Japan: a retrospective analysis of 1,057 cases from Kyushu Lymphoma Study Group.
    Int J Hematol. 2010 Mar;91(2):258-66.

  3. Takamatsu Y, Suzumiya J, Utsunomiya A, Maeda K, Matsuoka H, Suzushima H, Tsukada J, Shibata K, Tamura K; Kyushu Hematology Organization for Treatment Study Group (K-HOT).

    THP-COP regimen for the treatment of peripheral T-cell lymphoma and adult T-cell leukemia/lymphoma: a multicenter phase II study.
    Eur J Haematol. 2010 May;84(5):391-7.

  4. Suzuki R, Suzumiya J, Yamaguchi M, Nakamura S, Kameoka J, Kojima H, Abe M, Kinoshita T, Yoshino T, Iwatsuki K, Kagami Y, Tsuzuki T, Kurokawa M, Ito K, Kawa K, Oshimi K,NK-cell Tumor Study Group.

    Prognostic factors for mature natural killer (NK) cell neoplasms: aggressive NK cell leukemia and extranodal NK cell lymphoma, nasal type.
    Ann Oncol. 2010 May;21(5):1032-40.

  5. Tsutomu Takahashi, Riruke Maruyama, Satoko Mishima, Masaya Innoue, Koshi Kawakami, Chie Onishi, Takaaki Miyake, Junko Tanaka, Toru Nabika, and Junji Hiroto Ishikura:

    SmallBowel Preforation Caused by Epstein-Barr Virus-Associated B Cell Lymphoma in a Patient with Angioimmunoblastic T-Cell Lymphoma.
    Journal of Clinical and Experimental Hematopathology, 50, 59-63, 2010

  6. Takahashi T,Ikejiri F,Onishi C,Kawakami K,Inoue M,Miyake T,Tanaka J,Araki A,Maruyama R,Ohshima K,Suzumiya J

    L-asparaginase-induced complete response in a relapsed patient with Epstein-Barr virus and cytotoxic peripheral T-cell lymphoma not otherwise specified.
    Internal Medicine,49:2505-2508,2010

  7. Chie Onishi, Kazuteru Ohashi Takeshi Sawada1, Mikako Nakano, Takeshi Kobayashi, Takuya Yamashita, Hideki Akiyama, Hisashi Sakamaki

    A high risk of life-threatening infectious complications in mycophenolate mofetil treatment for acute or chronic graft-versus-host disease.
    International Journal of Hematology. 91:464-470, 2010

  8. Kadota C, Ishihara S, Aziz MM, Rumi MA, Oshima N, Mishima Y, Moriyama I, Yuki T, Amano Y, Kinoshita Y.

    Down-regulation of single immunoglobulin interleukin-1R-related molecule (SIGIRR)/TIR8 expression in intestinal epithelial cells during inflammation.
    Clin Exp Immunol. 162(2):348-61, 2010

  9. Rahman FB, Ishihara S, Aziz MM, Mishima Y, Oshima N, Li YY, Sanchez-Siles AA, Otani A, Oka A, Kusunoki R, Tada Y, Moriyama I, Ishimura N, Yuki T, Kazumori H, Amano Y, Sato S, Ansary MU, Kinoshita Y.

    Heparin-binding EGF-like factor augments esophageal epithelial cell proliferation, migration and inhibits TRAIL-mediated apoptosis via EGFR/MAPK signaling.
    Scand J Gastroenterol. 45:1350-9, 2010

  10. Mishima Y, Ishihara S, Aziz MM, Oka A, Kusunoki R, Otani A, Tada Y, Li YY, Moriyama I, Oshima N, Yuki T, Amano Y, Matsumoto S, Kinoshita Y.

    Decreased production of interleukin-10 and transforming growth factor-β in Toll-like receptor-activated intestinal B cells in SAMP1/Yit mice.
    Immunology. 131:473-87, 2010

  11. Otani A, Amano Y, Koshino K, Takahashi Y, Mishima Y, Imaoka H, Moriyama I, Ishimura N, Ishihara S, Kinoshita Y.

    Is autofluorescence imaging endoscopy useful for determining the depth of invasion in gastric cancer
    Digestion. 81:96-103, 2010

  12. Suzumiya J.

    Lymphoma-current status of molecular targeting treatment and alternation in treatment strategy after the WHO classification change.
    Gan To Kagaku Ryoho. 2010 May;37(5):811-5. Japanese.

  13. 池尻文良、田中順子、大西千恵、川上耕史、三宅隆明、高橋勉、井上政弥、鈴宮淳司

    同種骨髄移植後、後期にTTP(血栓性血小板減少性紫斑病)を発症した1例.
    島根医学 第30巻 第4号 : 246-245, 2010

<学会発表>
  1. 大塚章子,高橋 勉,池尻文良,大西千恵,三宅隆明,田中順子,井上政弥,鈴宮淳司,石川総一郎

    初診時にPTHrPを介したHumoral hypercalcemia of malignancyを合併したAsian variant of intravascular large B-cell lymphomaの1例
    第102回日本内科学会中国地方会、5月、岡山

  2. 池尻文良、三宅隆明、高橋勉、田中順子、馬庭泰久、小村裕美、田中孝幸、若山聡雄、鈴宮淳司、吾郷浩厚

    山陰地区における高齢者急性骨髄性白血病の治療成績の後方視的検討
    第72回日本血液学会学術集会、9月、横浜

  3. Syouko Ootsuka, Tsutomu Takahashi, Fumiyoshi Ikejiri, Chie Oonishi, Koshi Kawakami, Masaya Innoue, Takaaki Miyake, Junko Tanaka, Junji Suzumiya:

    The retrospective study of hypercalcemia with lymphoma of non-ATLL endemic areas in Japan
    第72回日本血液学会学術集会、9月、横浜

  4. Tsutomu Takahashi, Seiji Mishima, Koshi Kawakami, Fumiyoshi Ikejiri, Chie Oonishi, Masaya Innoue, Takaaki Miyake, Junko Tanaka, Hiroatsu Agou, Junji Suzumiya, Yoshio Honma :

    Cyclopamine enhances CD44 expression and induces granulocytic differentiation of myeloid leukemia
    第72回日本血液学会学術集会、9月、横浜

  5. 片山望、三宅隆明、池尻文良、大西千恵、川上耕史、井上政弥、高橋勉、田中順子、鈴宮淳司、松田親史、荒木剛、天野知香、石川典由

    KL-6の発現が認められた多発性骨髄腫の一例
    第72回日本血液学会学術集会、9月、横浜

  6. Chie Oonishi, Fumiyoshi Ikejiri, Takaaki Miyake, Masaya Innoue, Tsutomu Takahashi, Junko Tanaka, Masahiro Yamamoto, Toshitsugu Sugimoto, Junji Suzumiya:

    Is SIADH one of characteristic in Asian variant of intravascular large B-cell lymphoma
    第72回日本血液学会学術集会、9月、横浜

  7. 三宅隆明,田中順子,池尻文良,大西千恵,川上耕史,井上政弥,高橋 勉,鈴宮淳司

    当院で施行した再発・不応性悪性リンパ腫に対するCHASE(+R)療法の後方視的検討.
    第72回日本血液学会学術集会、9月、横浜

  8. 熊野御堂慧、大西千恵、池尻文良、井上政弥、高橋勉、三宅隆明、田中順子、嘉数直樹、鈴宮淳司

    HIV陰性で der(12)t(8;12)(q13;p11.2)ins(12;)(p11.2;)の染色体異常を伴った形質芽球性リンパ腫の一例
    第72回日本血液学会学術集会、9月、横浜

  9. 福田俊一、但馬史人、田中孝幸、田中順子、吾郷浩厚

    山陰地区における悪性リンパ腫の自家移植後の再発症例の検討
    第33回日本造血器細胞移植学会総会、3月、松山

  10. 池尻文良、田中順子、大西千恵、三宅隆明、井上政弥、高橋勉、鈴宮淳司

    肝膿瘍を伴う播種性カンジダ感染症を発症しMCFG肝動注を行った急性骨髄性白血病の一例
    真菌症フォーラム第12回学術集会、1月、東京

  11. 多田育賢, 石原俊治, 楠龍策, 大谷文, 三島義之, 大嶋直樹, 森山一郎, 結城崇史, 天野祐二, 木下芳一

    炎症性腸疾患の腸管粘膜局所におけるMFG-E8の発現に関する検討
    日本消化器病学会雑誌107巻臨増大会 PageA87, 2010

  12. 岡明彦, 石原俊治, 三島義之, 多田育賢, 楠龍策, 大谷文, 森山一郎, 結城崇史, 天野祐二, 木下芳一

    Crohn病モデルマウスの病態における腸管B細胞の機能異常に関する検討
    日本消化器病学会雑誌107巻臨増大会PageA854, 2010

  13. 楠龍策, 天野祐二, 結城崇史, 多田育賢, 岡明彦, 森山一郎, 石原俊治, 木下芳一

    炭酸ガス送気下ESDにおける経皮的CO2及び呼気CO2分圧測定値の比較検討
    Gastroenterological Endoscopy52巻Suppl.2 Page2448, 2010

  14. 結城崇史, 天野祐二, 多田育賢, 楠龍策, 岡明彦, 森山一郎, 石原俊治, 木下芳一

    FICE併用PillCam ESO 2観察が有用であった表在型食道癌の1例
    Gastroenterological Endoscopy52巻Suppl.2 Page2410, 2010

  15. 梶谷尊郁, 辻喜久, 山本浩之, 森山一郎, 矢田伸広, 氏平武樹, 奥井彰二, 小松明夫

    膵臓Perfusion-CTにおける装置間の違い 自作ファントムにおける検討
    日本放射線技術学会雑誌66巻9号 Page1054, 2010

  16. 結城崇史, 天野祐二, 岡明彦, 楠龍策, 玉川祐司, 大原俊二, 森山一郎, 石原俊治, 木下芳一

    PillCam ESO2を用いた上部消化管検診の試み ESO2で胃癌検診は可能か
    Gastroenterological Endoscopy52巻Suppl.1 Page1005, 2010

  17. 三島義之, 天野祐二, 多田育賢, 楠龍策, 森田照美, 飛田博史, 結城崇史, 森山一郎, 石原俊治, 木下芳一

    逆流性食道炎の経過観察中に発生した、特異な組織像を呈したバレット食道癌の1例
    Gastroenterological Endoscopy52巻Suppl.1 Page985, 2010

  18. 岡明彦, 石原俊治, 三島義之, 多田育賢, 楠龍策, 大谷文, 森山一郎, 結城崇史, 天野祐二, 木下芳一

    炎症性腸疾患患者の末梢血B細胞におけるIL-10産生能に関する検討
    日本消化器病学会雑誌107巻臨増総会 PageA429, 2010

  19. 森山一郎, 井上政弥, 鈴宮淳司, 結城崇文, 越野健司, 石村典久, 古田賢司, 石原俊治, 天野祐二, 木下芳一, 田中恒夫, 仁尾義則

    当院の通常型膵癌についての検討 全国膵癌登録との比較.
    日本消化器病学会雑誌107巻臨増総会 PageA283, 2010

  20. 泉大輔、宮岡洋一、福田聡司、三上博信、沖本英子、矢崎友隆、森藤吉哉、今岡大、藤代浩史、高下成明、今岡友紀、黒須奈津子、山森祐治、松原康博、森山一郎 

    内視鏡的経胃ドレナージにて治療しえた重症急性膵炎後仮性嚢胞の1例
    第94回日本消化器病学会中国支部例会・第105回日本消化器内視鏡学会中国地方会 米子 Page28、2010.11.6-7。

  21. 宇野吾一、森山一郎、斎藤宰、多田育賢、花岡拓哉、福場暢彦、結城崇史、石村典久、古田賢司、数森秀章、石原俊治、天野祐二、木下芳一、今岡大、川畑康成、矢野誠司、田中恒夫 

    膵管内に深く進展した十二指腸乳頭腺腫の一例
    第94回日本消化器病学会中国支部例会・第105回日本消化器内視鏡学会中国地方会 米子 Page29、2010.11.6-7。