【「医学・看護学教育ワークショップ」開催2005.12.17】

趣  旨: 医学・看護学の教員の積極的な参加により、教育の現状を振り返り、問題を共有し、教育の継続的な改善を図るためのワークショップを実施しました。
日  時 2005.12.17(土)9:00〜17:00
場  所 本学看護学科棟N11、N21講義室及び演習室
テーマ 「島根大学医学部の目指す地域医療教育」
参加者: 本学医学部教員、附属病院看護部職員、学生、県内地域医療病院の代表者(医師、看護師)、保健師
主な内容 1.特別講演

 1. 「県が期待する地域医療教育」
               島根県健康福祉部長 正林督章氏


 2.「地域の看護職として看護大学に期待すること」
            社団法人日本看護協会中国地区理事 松浦昌代氏


 3.「医学教育と地域連携(離島実習の実践から)」
  長崎大学大学院医歯薬学総合研究科離島・へき地医療学講座教授 前田隆浩氏 


 4.「米国における地域医療教育(WWAMIプログラムの紹介)」
     教育企画開発室助教授 熊倉俊一、教育企画開発室助手 大瀬貴之



2.医学科、看護学科別にグループディスカッション
  「過疎地域における日本一優れた地域医療体制をつくるために」
 
        <医学科>



       <看護学科>


 

      
Copyright(c)2006-2008 Shimane University Faculty of Medicine. All Rights Reserved.