【平成18年度第3回「島根大学医学部地域医療教育FD」開催(2007.3)】

日  時 2007.3.16(金)16:20〜3.17(土)12:00まで
場  所 看護学科棟1階 N11講義室
テーマ: 「地域医療病院と大学の間の効果的な医学教育連携システムの構築」
Differences Medical Education in US and Japan
(日米における医学教育の違い)
参加者: 3月16日(金) 104名
(学内教職員 44、学外 5(地域医療病院1、県関係2、その他2)、学生 48、留学生 7)
3月17日(土)  76名
(学内教職員 36、開発センター1名、学外 18(地域医療病院11、県関係7)、学生 16、留学生 5)
主な内容

【3月16日(金) 16:20〜18:30 学生による司会進行 】

  1. 学生による視察報告(セントルイス)
医学科5年 山本 花子さん・松谷恵美子さん 医学科5年 小林 只君



  1. Presentation: Practical medical education in University of Colorado
Toshi. Luckow, Medical Student, University of Colorado


  1. Welcome lecture: Challenges of Shimane University in medical education,
    and differences of medical students between US and Japan
 益田 順一医学部長



  1. Discussion
    (司会: 学生<村田、山本>、アドバイザー<熊倉、森山>)
    コメンテーター〈Deborah J. Seymour PsyD,  Mark E, Deutchman MD. Professor〉
医学科6年 村田 将君



【3月17日(土) 9:30〜12:00 教員による司会進行 】

  1. 本学教員等による視察報告(セントルイス)

小児科 長谷川 有紀講師 看護部 岩田 春子副看護師長


  1. 招待講師による講演会
1) Training Physicians communication skills
(by Deborah J. Seymour PsyD, Department of Family Medicine, University of Colorado)


2) Training in practical skills to prepare for rural practice
(by Mark E, Deutchman MD. Professor, Department of Family Medicine, University of Colorado)




 

      
Copyright(c)2006-2008 Shimane University Faculty of Medicine. All Rights Reserved.