地域医療人育成GP

HOME 島根大学医学部 医学部附属病院

実績報告-2.高精細遠隔診療教育システム
 
【隠岐-浦郷診療所との通信開始2007.7.2〜3,遠隔診療補助開始7/17】
7月2〜3日に遠隔診療教育システム「ミュー太」を隠岐郡西ノ島町の浦郷診療所に設置し、現地医師と、島根大学医学部附属病院皮膚科森田栄伸教授と交信実験を行った。これから、離島への専門医療の提供に関する活躍に期待される。
浦郷診療所側




















7月17日に遠隔診療教育システム「ミュー太」による浦郷診療所(隠岐)と第1回遠隔診療を行った。残念ながら、通信時間内に実際の患者さんの来院はなかったが、黒色腫瘤を主訴に来院された患者さんの電子カルテを見ながらの診断及び治療方針のアドバイスを行った。通信画像の精度は十分診断に耐え得るものであり、実用性の高いものと思われた。
(当院担当医:皮膚科森田教授)



      
Copyright(c)2006-2008 Shimane University Faculty of Medicine. All Rights Reserved.