新型コロナウイルス感染症対応における受診予定患者さん等受け入れの基本方針について (4_17版)

2020年4月17日


新型コロナウイルス感染症対応における受診予定患者さん等受け入れの基本方針について (4_17版)

 

 

 

1.風邪症状等があり、かつ緊急性に乏しい場合には、受診日の延期について検討を行います。

2.特定警戒都道府県(20200417:北海道、茨城県、埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、石川県、愛知県、岐阜県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県)の発出された地域から来県され外来受診・入院される場合には、原則2週間の出雲市内滞在と健康管理を要請したうえで受診とします(付き添い者も同様)。

3.患者さんのご家族など、身近な者に感染の疑いがある場合には、原則2週間の出雲市内
滞在と健康管理をお願いしたうえで受診とします。

4.疾患の緊急性、地域の感染状況、医療者の感染をうけるリスク、手術・処置内容(特に気道、口腔、眼に関する領域)、病期ステージ、患者の希望等、多くのベネフィットとリスクに関わる要因について総合的に検討し、受け入れを判断します。
 その際には、学会ガイダンス、指針等、領域学会・研究会の方針を勘案します。

5.各診療科外来では、新型コロナウイルス感染症対応の問診事項として、この2週間で
  ・発熱(37.5℃以上)、風邪症状(主に咳)、全身倦怠感、息苦しさ、突然の嗅覚・味覚
異常の有無
  ・感染拡大地域、知事の外出自粛要請があった時期における当該地域における滞在の
   有無
  ・ご家族や同僚など身近な会話相手に、感染者もしくは感染に準ずる症状の有無
  ・50人以上が密集するイベント、会食への参加の有無
  等についてチェックを行い、受診日や手術の延期等を検討します。

 

 この基本方針は、感染フェーズなどにより随時変更を行います。
 なお、相談センター(保健所)へ相談する定義、(特に免疫抑制状態での37.5℃以上の発熱2日以上等)に該当すれば、感染症法、新型インフルエンザ特措法の遵守となります。