【患者さんとご家族の皆様へ】新型コロナウイルス感染拡大防止のため外来受診の際の付き添いの方に関するお願い

2020年5月25日

 

患者さんとご家族の皆様へ

病院長 井川 幹夫 


新型コロナウイルス感染拡大防止のため
外来受診の際の付き添いの方に関するお願い

 

 島根県におきましては、新型コロナウイルス感染拡大の第1波は収束に向かいつつありますが、今後感染拡大の第2波の影響が危惧されるところです。
 新型コロナウイルスが国内外で猛威を振るう中、出雲市内においても感染者が確認され、県民・市民の皆様も不安な毎日を過ごされていることと存じます。当院においては、感染拡大防止のための対策を最大限行うとともに、通常の診療を維持していけるよう最善を尽くしております。
 さて、新型コロナウイルスに感染しないためにいわゆる「三密(密閉・密集・密接)」を避けることが重要とされていますが、現状としまして当院外来には多くの患者さん及びその他付き添いの方も相当数見受けられます。
 そこで、外来患者さんの付き添いについて下記のように取り決めましたので、皆様のご協力とご注意をお願いいたします。

 付き添いの方は   

  • 原則1名のみ(医師が事前に指示/依頼した場合は除く)としてください。
  • 発熱や風邪症状がある場合、来院をご遠慮ください。
  • 症状がなくても、2週間以内に感染者が多い地域(東京・大阪など)に行ったことがある場合、ご遠慮ください。

 一旦、院内で感染が広まってしまいますと、休診等大学病院としての機能が停止し、島根県の地域医療の崩壊につながってしまいかねません。皆様には大変ご負担をおかけしますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。