新しいキャリア継続モデル事業〜しなやかな女性医療職をめざして〜
HOME 医学部TOP 附属病院TOP お問合せ

女性スタッフ支援室からのお知らせ

仕事と家庭(育児)の両立支援のための支援制度を活用しましょう!

学会や出張の時子どもを一時的に預かってほしい 両立支援トップへ

島根大学の支援

◇院内保育所の一時保育

普段は院内保育所以外の保育所・幼稚園に通っているお子さんや、保育園に通園していないお子さんでも、
月に14日までを限度に院内保育所に預けることができます。(1時間あたり300円、昼食費別途)
対象年齢は、生後6か月〜6歳児(小学校就学前)となっており、事前に申し込みが必要です。
詳細はうさぎ保育所のホームページをご覧ください。


出雲市の支援

ファミリーサポートセンター

「育児の援助を受けたい人」と「育児の援助を行いたい人」で会員組織をつくり、会員同士が一時的な育児サービスを有料で行うものです。出雲市に在住または在勤の方ならどなたでも会員になることができ、預けるお子さんの年齢は小学6年生までが対象となっています。センターでの登録手続きが必要です。

保育所の開所時間外に預けたい場合や、保育施設への送迎、小学生以上のお子さんの託児、仕事以外の用事で子どもを預かってほしい時などに便利ですね。
詳細は出雲市ホームページをご覧ください。

くすのきプラーザの託児スタッフ

くすのきプラーザ(出雲市男女共同参画センター)が行っている、託児希望の団体に「託児スタッフ」を紹介する制度です。
センターの開催した「託児スタッフ養成講座」修了者を中心に、保育士等の資格を有する方、子育ての経験を活かしたいという方が「託児スタッフ」として登録されており、依頼に応じて託児を行うというものです。
個人ではなく、団体(各種セミナー・勉強会など)で利用したい場合に適しているようです。
詳細はくすのきプラーザのホームページをご覧ください。


※出雲市の情報は、平成21年11月現在のものです。参考程度で、すべての支援策を網羅しているとは限りません。詳しい情報や最新の情報については、直接出雲市の窓口でおたずねください。
※出雲市以外の自治体の支援制度については、各市町村の窓口におたずねください。


戻る

©Copyright(C)2007-2010 Shimane University Faculty of Medicine. All Rights Reserved.