プログラムの実施体制等


(1)プログラムの実施体制

1.申請担当大学の病院の役割

東京医科歯科大学医学部附属病院は国立大学病院最多の年間7,700台を超える(平成19年度)救急車を受け入れる救命救急センターを中心に急性期医療を展開する他、大学院医歯学総合研究科と密接に連携した高度先進医療と臨床研究を遂行している。全ての診療科に臨床研修実務者を置き、指導医数も432名を有する充実した教育体制を敷いている。教員5名を置く臨床教育研修センターをキャリア形成支援部門とし、事業責任者とコーディネータを置き、各コースに関わる診療科(講座)と研修協力病院の連携調整、ファカルティ・デベロップメントの実施、研修環境と内容の評価を行う。連携する秋田大学、島根大学との連絡、調整も臨床教育研修センターが窓口となる。

2.連携する各大学病院の役割分担

秋田大学、島根大学はいずれも日本有数の高齢化地域、医療過疎地にあり、その附属病院は地域に高度先進医療を提供するとともに専門医養成機関としての役割を果たしている。他方、地域の中核病院、診療所と連携してそれぞれ秋田県または島根県全体の医療ネットワークの中心として地域医療を支えている。このためプライマリケアの高い能力を有する医師による指導環境も充実し、豊富な症例も経験できることが確実である。秋田大学においては附属病院卒後臨床研修センター、島根大学においては島根大学医学部附属病院地域医療教育研修センターが窓口となり、それぞれの後期研修プログラムの運営管理に当たるほか、大学間連携の調整にあたる。

3.各大学病院・関連医療機関等の連携体制

秋田大学、島根大学はいずれも日本有数の高齢化地域、医療過疎地にあり、その附属病院は地域に高度先進医療を提供するとともに専門医養成機関としての役割を果たしている。他方、地域の中核病院、診療所と連携してそれぞれ秋田県または島根県全体の医療ネットワークの中心として地域医療を支えている。このためプライマリケアの高い能力を有する医師による指導環境も充実し、豊富な症例も経験できることが確実である。秋田大学においては附属病院卒後臨床研修センター、島根大学においては島根大学医学部附属病院地域医療教育研修センターが窓口となり、それぞれの後期研修プログラムの運営管理に当たるほか、大学間連携の調整にあたる。

4.指導体制

大学病院においては屋根瓦方式の導入により、若手医師は教育経験豊富な指導医から高度先進医療の指導を受けるとともに、初期臨床研修医や学生への指導を行うことで自らの知識、技術を定着させることができる。関連医療機関には各コースに対応する診療科に適切な指導責任者を選定しており、後期研修医の派遣のみならず指導医の人事交流も定期的に行われている。さらに、上述のようなWebベースの共通評価システムを構築し登録研修医毎のポートフォリオに評価が蓄積され、研修先が変っても指導の一貫性が担保される体制とする。この電子ポートフォリオ評価を通じて登録者は何が付加価値かが明らかになり、その付加価値をもたらすパッケージ研修プログラム(3ヶ月または1年)を受けることができる。また、本評価システムにより登録研修医による指導体制評価および研修環境評価などのフィードバックも可能となり、指導体制改善に資すると期待される。

5.その他

効率的なプログラム運営を図るための体制は、参考1の下図に示すが、個々の役割は以下の通りである。下記委員会は定例を基本とするが、迅速な個別対応を図るため各大学のキャリア形成部門がテレビ会議システムを活用し緊密な連携をとる。

  1. 3大学連携プログラム運営委員会(申請大学である東京医科歯科大学の事業責任者を委員長とし、各大学のコーディネータと外部委員からなる)が全体の連携を統括する。
  2. 各大学のプログラム評価点検委員会(各大学の事業責任者を委員長、コーディネータが副委員長、関連病院代表他からなる)が個々の大学関連プログラムを統括する。
  3. 各大学のキャリア形成支援部門(東京医科歯科大学臨床教育研修センター、秋田大学卒後臨床研修センター、島根大学地域医療教育センター)が電子ポートフォリオ評価システムを活用しつつ、プログラム参加者のニーズに即時対応する。

(2)到達目標

20年度は3大学の卒業数の50%以上である150名以上の参加と、参加者の基本領域学会の専門医(外科専門医等)のみならずサブスペシャルティとしての専門医(肝臓専門医等)取得を目標とする。21年度以降は新規参加者を加え漸次増加させ全体の参加者は250(H21年度)から400名程度(H24年度)を目標とする。なお、大学院への進学も積極的に推奨する。

(3)プログラム成果

  1. 従来連携していなかった3大学の連携により、質的にも量的にもより充実した後期研修を提供できる。
  2. ポートフォリオ評価、パッケージ研修ないし大学院進学により参加者個々にとって付加価値の高い研修を提供できる
  3. 本プログラムの研修医療圏には医療過疎地域も含まれ、一定の貢献が期待される。
  4. 首都圏と医療過疎地という全く異なる診療圏の医療が体験でき、大きく視野を展開できる。

(4)評価体制

  1. 3大学の事業責任者およびコーディネータからなるプログラム点検委員会を組織し、定例テレビ会議にて、連携上の問題点を協議する。
  2. 各大学はその関連医療機関代表者および外部委員も参加する連携運営委員会を設置し、運営状況を検証し問題点を抽出する。
  3. 結果を各大学診療科、関連病院にフィードバックするとともに問題に基づいてファカルティデベロップメントを開催し、プログラムの質的向上を目指す。

(5)将来の医師キャリアデザイン構想

1.構想

  1. 本プログラムで連携する東京医科歯科大学、秋田大学、島根大学は国立大学法人であり、卒前教育においては診療参加型臨床実習を通じたモデルコアカリキュラムの完全履修を目標としている。
  2. 初期臨床研修においては、オンライン卒後臨床研修評価システムEPOCを用い共通の評価基準の下に基本的臨床能力を高い水準で達成するとともに自らの適性を見極め専門医としてのキャリアを積む足がかりを作る。
  3. 後期研修では基本領域およびサブスペシャルティの専門医資格を取得するとともに、後期研修中に見出した問題点を研究に発展させる大学院が用意され、しかも社会人大学院の場合は研修と研究を並行させることもできる。

2.検証と改善

今回連携する3大学は、これまでも各地域において一定以上の初期・後期臨床研修プログラムを提供し、高い水準の医師養成により各地域の医療を支えてきたが、付加価値が得られるキャリア形成という点では必ずしも十分では無かった。今回、短期および長期のパッケージ研修というプログラムを導入することで、個々の研修到達状況とニーズに応じて目標を絞った研修が積めることが期待される。本補助金により、滞在費、交通費が登録研修医に援助され、指導医に指導手当(仮称)が支給される点で、腹腔鏡手術、小腸内視鏡、医療過疎地域におけるプライマリケア研修等ゴールが明確な短期パッケージ研修が実動し、個々に最適ないわゆるテーラーメイドプログラムの実現が期待される。

2008 © 島根大学医学部附属病院 キャリア形成支援部門 公式HP,