ホーム > 教室紹介 > スタッフ紹介
教授あいさつ
スタッフ紹介
臨床精神薬理学
老年精神医学
睡眠学
リエゾン精神医学
思春期精神医学
統合失調症の臨床研究
グリアとECTの生物学的研究
NIRSの臨床研究
2019年 業績
2018年 業績
2017年 業績
2016年 業績
2015年 業績
2014年 業績
2013年 業績
2012年 業績
2011年 業績
2010年 業績
2009年 業績
スタッフ紹介

医学部附属病院卒後臨床研修センター 講師 

岡崎 四方


いま、精神科の需要は増加の一途を辿っています。児童虐待、発達障害、不登校、摂食障害、産褥期うつ、職場のメンタルヘルス、アルコール依存、自殺問題、緩和ケアにおけるこころのケア、認知症と介護の問題・・・。

こうして挙げてみると精神科医療はヒトの一生のすべての時期に渡って関わる、まさに”人生に寄り添う仕事”と言うことができます。また、こころの病気は家族問題、職場問題、経済的問題、健康問題、はたまたプライドや生きがいといったものが関係していることがほとんどなので、”生活に寄り添う”仕事、”生き様に寄り添う”仕事と言えるでしょう。

このように書いてしまうと私たちの仕事はとてもアーティスティックに見えてしまうかもしれません。しかし、いま、脳の科学はもっとも”旬”な分野であり、「脳の科学」を「こころのはたらき」に結びつける私たちの仕事はサイエンスの中でも最先端の仕事でもあります。「ブラックボックス」と呼ばれ、未解明な部分が多いですが、それゆえやりがいのある仕事です。

 私たち精神科医師は、最新の知見にもとづいた医療と患者さんの人生や生活に寄り添う医療とのバランスを保ちながら、患者さんや社会のお役に立てるよう日々研鑽を積んでいます。

 精神科専門医は冒頭に挙げた疾患や諸課題に対する横断的な能力を持ち、社会のあらゆる分野と接点を持ちながら活躍しています。みなさんもぜひ精神科専門医を目指し、患者さんの人生に寄り添い、ブラックボックスを解明しましょう!


職名 講師(臨床指導医)
氏名 岡崎 四方
出身大学 島根医大(2001年卒)
専門分野 コンサルテーション・リエゾン精神医学
資格等 医師免許
精神保健指定医
臨床研修指導医
日本精神神経学会認定 精神科専門医・指導医
日本総合病院精神医学会認定 一般病院連携精神医学 専門医・指導医
精神腫瘍学の基本教育のための都道府県指導者研修会修了者