HOME > News > 第103回日本泌尿器科学会総会が金沢で開催されました

第103回日本泌尿器科学会総会が金沢で開催されました

2015年4月

1505_update_img.jpg1505_update_img.jpg2015年4月18日〜21日に
第103回日本泌尿器科学会総会
金沢で開催されました。
当科の医師も参加し、演題発表を行いました。
(写真は小川先生です。)

一般口演2題

  • Magnetic resonance spectroscopy(MRS)による腎腫瘍の質的診断の可能性について (洲村正裕)
  • Functional imaging by MAS with 1.5T MR device with phased array external surface coil can determine the prostate cancer foci (Naoko Arichi)

一般ポスター4題

  • 当科におけるロボット支援腹腔鏡下前立腺摘除術(RARP)の治療成績 (平岡毅郎)
  • Magnetic resonance spectroscopy(MRS)を用いた前立腺癌骨転移巣の評価 (中村成伸)
  • 島根大学における腎がんに対する分子標的治療薬の治療成績 (小川貢平)
  • 前立腺癌化学療法に対するPCGEM1遺伝子の意義に関する基礎的検討 (平木美穂)