HOME > 診療案内 > 泌尿器がん > 前立腺がん

前立腺がん

前立腺とは

前立腺.png膀胱のすぐ下で、尿道を取り囲む、栗の実の形をした臓器です。肥大していない前立腺の重さは16〜20 gです。




前立腺のはたらき

前立腺でつくられる前立腺液は精液の一部になります。前立腺液は精子の栄養や保護の役割があり、前立腺固有のタンパク質である前立腺特異抗原 (PSA) も含まれます。

前立腺の病気

前立腺には加齢とともに内腺が増大し、尿道が閉塞することによりトイレが近くなったり、尿が出にくくなる良性の前立腺肥大症、前立腺の主に外腺の上皮細胞が癌化して無秩序に増え始め、進行すると周囲へ浸潤したり、身体の他の場所に転移し、生命予後に関わる前立腺癌、細菌感染により炎症をおこし、発熱や痛みを伴う前立腺炎などがあります。

前立腺がんの症状

早期には症状はありません。進行すると「尿が出にくい」、「血尿がでる」といった局所症状が現れたり、「腎不全」、「転移による各部の痛み」など多彩な症状が出てきます。


前立腺がんの検診

前立腺がんは前立腺で特異的につくられる前立腺特異抗原 (PSA) の血液中の値を測ることで見つけることができます。50歳以上の男性は1年に1度PSAを測ることをお奨めします。また、親、兄弟に前立腺がんの方がおられる場合には40歳からの測定がよいでしょう。PSAは感度の最も優れた腫瘍マーカーです。


前立腺がんの診断

血中PSA値の上昇を認めた場合、直腸診、経直腸前立腺超音波検査 (TRUS)、核磁気共鳴画像診断 (MRI)などの追加検査を行います。診断を確定するためには針生検を行って、前立腺組織を一部採取し、病理組織学的検査が必要です。当科ではTRUSの際に、組織の弾性(硬さ)を視覚的に捉えることができるエラストグラフィーを用いて、より精度の高い生検を行っています。


前立腺がんの診断方法


経直腸的前立腺針生検経直腸的前立腺針生検
経直腸的前立腺針生検
超音波プローブの先から生検針を穿刺して組織を採取します。


エラストグラフィー
エラストグラフィー
エラストグラフィーでは組織内の硬い部分を青い色で視覚的に捉えることができます



前立腺がんの治療

生検によって、前立腺がんと診断されるとCTや骨シンチグラムなどの追加検査を行って、病巣の広がりをみます(病期診断)。その後、患者さんの年齢、合併症など、全身の状態を含め総合的な評価を行って以下のような選択肢のなかから治療方針を決定します。


前立腺がんの病期

T1 直腸診では触れない、またはMRI、TRUSで癌病巣が見つからないがん、前立線肥大症の手術で偶然見つかるがん

t1a.pngT1a 腺肥大症の手術で切除した組織の5%以下に偶発的に発見される腫瘍


t1b.pngT1b 前立腺肥大症の手術で切除した組織の5%より多く偶発的に発見される腫瘍


t1c.pngT1c 前立腺特異抗原(PSA)の上昇の他に異常がないが、針生検で見つかった癌


T2 前立腺に限局する腫瘍

t2a.pngT2a 片葉の1/2以内を占めるがん


t2b.pngT2b 片葉の1/2を超えて広がるが反対側には拡がっていないがん


t2c.pngT2c 両葉へ拡がったがん


T3 前立腺被膜をこえて拡がるがん

t3a.pngT3a 被膜外へ進展する腫瘍


t3b.pngT3b 精囊に浸潤する腫瘍


T4 精囊以外の隣接する組織(外括約筋、直腸、挙筋、骨盤壁)に浸潤するがん

t4.pngN 所属リンパ筋に転移がみられるがん


nm.pngM 遠隔臓器(骨、肺など)に転移がみられるがん




手術

ロボット支援腹腔鏡下に前立腺・精嚢を摘出し、膀胱と尿道をつなぎ直します(da Vinciの紹介を参照LinkIcon)。がん細胞を完全に取り切ることができれば治癒が期待できます。合併症として尿失禁や性機能障害がありますが、最小限にとどめるため、技術の向上につとめ、人工括約筋埋め込み術など新しい治療も行っています。


放射線治療

体外から複数回にわたって照射を行う外照射と1回の治療で線源を前立腺に永久挿入する密封小線源療法があり、患者さんの病態に応じ選択します。一定期間内分泌治療を併用することもあります。また転移癌で痛みを和らげる目的で転移部位に照射あるいは注射で全身投与する放射線もあります。

内分泌治療(ホルモン療法)

前立腺がん細胞の増殖を促進する男性ホルモンの働きを手術もしくは注射薬や内服薬をつかって抑えることにより治療する方法です。初期の治療効果は良好ですが、一定の奏効期間ののちに去勢抵抗性前立腺がん (CRPC)に変化することがあるため非根治的治療と位置づけられています。

化学療法

いわゆる抗癌剤(ドセタキセル、カバジタキセルなど)を点滴静注する治療で、主にCRPCに対して行う治療です。

監視療法

総合評価できわめて進行が遅く、かつ、患者さんが高齢の場合、病勢の変化がみられるまで慎重に経過観察を行うことがあります。がんがあると知りながら、無治療で経過をみることが大きなストレスになる場合はこの方法が最適とは限りません。