沿革

島根大学医学部の沿革

昭和50年10月 島根医科大学設置
昭和53年4月 RI実験施設設置
昭和54年4月 附属病院設置
昭和56年4月 附属病院動物実験施設設置
昭和58年4月 附属病院実験実習機器センター設置
平成3年4月 保健管理センター設置
平成6年12月 情報ネットワークセンター設置
平成7年2月 附属病院が特定機能病院として承認
平成11年4月 医学部看護学科設置
平成13年4月 域医学共同研究センター設置
平成15年4月 旧島根大学と旧島根医科大学を統合し、新島根大学医学部を設置
平成15年10月 国立大学法人法の施行により、国立大学法人島根大学医学部となる
平成16年4月 「国立大学法人島根大学医学部」に名称変更
平成16年4月 大学院医学系研究科修士課程(医学科専攻)設置
平成18年3月 医学部創立30周年記念式典
平成18年4月 医学部医学科地域枠推薦入学開始
平成21年4月 医学部医学科緊急医師確保対策枠推薦入学開始
平成21年9月 医学部附属病院開院30周年記念式典
平成23年4月 医学部医学科前期日程(県内定着枠)開始
医学部看護学科推薦入学(地域枠)開始
平成23年6月 医学部附属病院新病棟開院
平成25年8月 みらい棟設置