がん登録

がん登録とは?

 がんによる罹患数、罹患率、生存率などの統計情報は「がん登録」という仕組みで集められています。がんの統計情報は、国や地域のがん対策を立案したり評価したりするのにとても重要です。
 がん登録には院内がん登録と地域がん登録があります。

院内がん登録

 病院で診断や治療を受けたすべての患者さんのがんについての情報を病院全体で集め、その病院のがん診療がどのように行われているかを明らかにする調査です。
 『がん診療連携拠点病院院内がん登録標準登録様式登録項目とその定義2006年度版修正版』に従って登録しており、ステージ(病期)や治療方法について、地域がん登録より詳しい内容が分かります。

 島根大学医学部附属病院の院内がん登録 

 本院は、本院のがん診療の状態を知り、さらによいがん診療を提供するため、そして患者さんや家族の皆様に情報提供による支援を図ることを目的として、院内がん登録を行っています。

  →島根大学医学部附属病院の院内がん登録報告書はこちら

 島根県院内がん登録解析

 本院は、都道府県がん診療連携拠点病院として、島根県と協力して島根県がん診療ネットワーク協議会の事務局を務めています。 
 島根県がん診療ネットワーク協議会の活動として、島根県内で院内がん登録を実施している医療機関からデータを提出していただき、『島根県院内がん登録報告書』を作成し、がん診療の質の向上とがん患者の支援のため、県民向けに公表しています。

  →島根県院内がん登録報告書はこちら

島根県地域がん登録

 地域がん登録は、地域に発生したがんをひとつのがんごとにまとめて、がんの実態、治療成績、検診の有効性を把握することで、がん対策の企画と評価に役立てられ、また、がん予防の研究にも活用されています。
 島根では県が地域がん登録事業を行っています。島根のがんの罹患の状態を把握するために、県内の医療機関から届出票を、保健所からは死亡小票を提出してもらって、重複をさけ1腫瘍1件にするために確認(名寄せ)が行われています。

  →島根県ホームページ 島根県地域がん登録報告書はこちら

島根県がん登録研修会

 がん登録を行っている病院の中には、がん登録業務にがん登録実務者が活躍しています。がん登録実務者向けに国立がん研究センターが主催するがん登録研修会があり、島根県でも研修会を行っています。
 
  →島根県がん登録研修会の開催概要はこちら

研究

 本研究では、院内がん登録とDPC(Diagnosis-Procedure Combination と呼ばれる、診療データ)の一元管理を試み、がん医療の実態を把握するデータベースを構築するとともに、その活用法を検討することを目的とします。

 この研究に関するお問い合わせは下記のリンクよりご覧下さい。
 
  →がん診療均てん化のための臨床情報データベース構築と活用に関する研究はこちら(PDF)

その他(リンク)

国立がん研究センターがん情報サービス『がん登録・統計』
しまねのがん対策 がんを知る がんを知る
島根大学医学部附属病院 都道府県がん診療連携拠点病院

PDFをご覧いただくには、Adobe Reader(無料)が必要です。GetAdobeFlashPlayer.png