教授メッセージ

島根大学医学部眼科学講座の使命は,1)山陰の医療圏で高度な眼科医療を提供すること(診療), 2)将来の眼科医療に向けた新しい知見を創出すること(研究),3)将来の眼科医療を担う人材を育成すること(教育),に集約されます。 現に直面する社会的要請に対し真摯に向き合い,最良の医療を提供できるよう努力しています。後2者はより未来指向性の努力と捉えることができます 。特に,教育は,常に変化する社会の要請に適応した医療人や現在の常識をはるかに超える成果を成し遂げる人材を輩出する事ができる, 最も創造的な将来への投資であると考えています。島根大学医学部眼科学講座が,現在の医療の質の確保に責任を持つことに加えて, 講座に所属する医師・研究者・視能訓練士や研修医・学生の間で将来の医療に向けた“夢”を共有できる場であり続けるよう環境の整備を進めています。 地域とそして世界の“見える”を守るための活動をこれからも継続していきます。

島根大学医学部眼科学講座教授 谷戸 正樹



銀海 No.246号に掲載されています  記事はこちら
   (許可を得て転載しています)


     
ページのトップへ戻る