学科長挨拶

igakukacho_nabika.jpg
医学科長 並河 徹

 ようこそ医学科ホームページへ。

 このホームページを訪れてこの挨拶に目を留めて下さる方の多くは、医学科で既に医師を目指している方か、医師を目指して医学部の受験を考えている方だと思います。ですので、そのような皆さんを念頭にひとことご挨拶申し上げたいと思います。
医学科は医師の育成を目的とする学科です。皆さんは医師になるために国家試験に合格しなければなりません。私どもは皆さんがその目的を果たせるよう、できる限りのサポートをしていきます。
 しかし、医学科は医師という「国家資格」を得ることだけを目的とする学校ではありません。医学科は「大学」の中に位置づけられており、しかも多くの学部、学科と異なり6年間という長い教育期間が設定されています。何故でしょう。「たくさんの知識や技能を身につける必要があるため」というのは確かにあります。でも、多くの方はおわかりと思いますが、それだけではありません。
医師はヒトを扱います。しかも、病気というもっとも大きな困難を抱えた人々です。病気は多様であり、それを持つ患者さんも様々な背景を持っています。とても数年間何かを勉強したところで、「もう大丈夫、一人前」とはいえません。ことは臨床医に限りません。研究者にも同様の事が言えます。研究者はこれまで「誰も知らなかったこと」を見つけるのが使命であり、これまでに分かったことを知っているだけでは全く不十分です。
 では、医学科在学中に皆さんは何を学ぶのでしょうか。何故6年間も学ぶのでしょうか。私は、「何故学ぶのか」「大学とは何を学ぶところなのか」を、上記のことを念頭において自分で考えることが大切なのではないかと思っています。大学は自主的に学ぶ場所です。受け身にならず、ぜひ自ら積極的に一歩を踏み出して下さい。医学科には多彩な教員がいます。いろいろな先輩がいます。その中には皆さんの道標(みちしるべ)となってくれる「誰か」が必ず見つかるはずです。
私たちは皆さんの「学び」を全力で支援します。