オンライン授業を受けるための準備について(出雲キャンパス版)

医学部教務担当ワーキンググループ


1. はじめに
新型コロナウィルス感染症COVID-19拡大を防止するため、5月11日(1年生は5月8日)以降、原則としてオンラインで授業を実施することとなりました。皆さんの健康を守り、勉学の機会を作り出すために、大学(教職員、学生)が一緒に協力して取り組んでいきたいと考えています。オンライン授業の実施に当たって不備なことが生じるかもしれません。教職員一同努力しますが、みなさんもオンライン授業の実施に協力をお願いします。

2. オンライン授業とは
オンライン授業はインターネット上でおこなう遠隔授業のことです。大きく分けて2つの方法があります。

(1) 同期型オンライン授業(同時双方向型の授業)の場合
Web会議システム(例:WebEx、Office365 Teamsなど)を用いて、映像や音声データを送受信し、教員と学生が同時にコミュニケーションできる環境で授業を行います。

(2) オンデマンド型授業の場合
同時双方向(リアルタイムでの参加型)ではなく、皆さんが都合のよい時間帯にインターネット上(島根大学Moodleなど)に置かれた資料・音声・写真・動画などの教材を見ながら学ぶ、自習授業のことです。教員への質問や学生同士のコミュニケーションは、受講後にメッセージを送ったり、オンラインフォーラムなどを通じておこないます。

これらのどちらか、もしくは組み合わせて授業が行われます。参加方法や出席の取り方、課題の提示や提出も対面で行うのとは異なります。週ごとの各授業の形態が示されたスケジュール表を公開しますので、スケジュール表に沿って受講してください。

3. 皆さんに準備いただきたいこと

(1) オンライン授業を受けるための準備は、第一に、パソコン、タブレット、スマートフォン等の機器、そしてインターネット接続環境(Wi-fiや有線LAN推奨)です。今回はなるべく人と接触しないことを目的としていますので、自宅(アパート等)でできるだけ早く機器や接続環境を整えてください。機器や接続環境を整えることが困難な学生には、サポート体制を整える予定です。詳細はあらためて周知します。

(2) 島根大学で学ぶための情報ツール「CampusSquare」「島根大学Moodle(2020年度版)」「Office 365」を使えるようにしておいてください。いずれも島根大学統合認証システムのユーザIDとパスワードを入力することで使用することができます。

(3) 同時双方向型の授業を受講するための準備として、マイク、カメラ(パソコンやiPad、タブレットの内臓マイク・カメラでもOKです)が必要になります。使えるかどうかを確認しておいてください。

(4) オンライン授業に関する島根大学からの連絡は、原則として、皆さんの大学メールアドレス(医学部の場合は@med.shimane-u.ac.jpのメールアドレス)に対して行います。大学メールアドレスに届いたメールを確実に読めるように環境を整えてください。届いたメールを別のアドレスへ自動転送することも可能です。詳しくは下記のサイトを参照してください。
https://www.g-ipc.shimane-u.ac.jp/service/mail/

4. 情報ツール
ここに紹介する5つのサイトは履修登録、オンライン授業に利用します。それぞれアクセスし、登録や確認をおこなっておいて下さい。オンライン授業の時間割、利用するツールについては、週ごとの時間割をHPに公表しますので、時間割にしたがって受講してください。

 「CampusSquare:学務情報システム」

学外から接続するために、下記のリンク先からvpn接続の設定を行ってください。
https://www.g-ipc.shimane-u.ac.jp/service/vpn/

学務情報システムにログインして、授業の内容(シラバス)を参照して受講する授業を選んだり、履修登録をしたり、成績を見たりすることができます。
ログインするには、島根大学統合認証システムのユーザIDとパスワードを入力してください。
必ず住所・携帯電話番号・携帯E-MAILアドレスを含む「連絡先情報」を入力してください。特に携帯E-MAILアドレスは、大文字・半角等間違いないようお願いします。

 

Office 365

http://portal.office365.com/大学のメール、ワード、エクセル、パワーポイント 、共有ドライブ、オンライン授業システムTeamsなど、様々なアプリがあります。島根大学のメールアドレスとパスワードでサインインしてください。詳しい方法は下記のサイトを確認してください。
https://www.g-ipc.shimane-u.ac.jp/_files/00108881/mail-signin.pdf


WebEx

https://www.webex.com/ja/video-conferencing.html

Web会議システムで、医学部のほとんどのオンライン講義の受講に利用します。アプリもありますのでダウンロードしておくと便利です。利用方法についてはこちらの資料のpp.8-11をよく読んでおいてください。



「島根大学Moodle2020年度版」

https://moodle.cerd.shimane-u.ac.jp/

島根大学の学生が利用できる授業支援のプラットフォームです。自宅からでも、各授業で使われる教材にアクセスできます。Moodleにも島根大学の統合認証アカウントでログインすることができます。利用にはMoodle アカウントの取得(初回ログイン)が必要ですので、必ず次の設定をしておいてください。

統合認証のID・パスワードが分からない場合https://moodle.cerd.shimane-u.ac.jp/moodle/mod/page/view.php?id=1
Moodleを使用する授業コースへの登録方法については各授業で教員の指示に従って下さい。「登録キー」を使ったコース登録の方法についてはこちらの資料を参照して下さい。



「島根大学医学部英語学習Moodle 」

https://imee.med.shimane-u.ac.jp/

島根大学医学部の英語科目の授業支援用プラットフォームです。医学科、看護学科の英語科目のコースの他、医学英語の学習に役立つツールやサイトの紹介、医学科、看護学科の英語科目のコースがあります。1年生ではじめて島根大学医学部英語学習Moodleの利用する際には、こちらの資料を参照してください。2年生以上の学生は、これまでのアカウント(学生番号)とパスワードで利用できます。



 

 オンライン授業を受けるための準備について(出雲キャンパス版)(PDF)