基本案内
教授あいさつ
スタッフ紹介
各部門の紹介
麻酔科
集中治療部
(Intensive Care Unit)
ペインクリニック・緩和ケア
集中治療部(ICU:Intensive Care Unit)

集中治療部(ICU)では、全身状態の悪い患者さんを収容し集中治療管理することで、出来る限り一般病棟へ早く帰室できるよう、全身管理を行っています。

診療体制

集中治療部は中央診療部門の一部門として、1980年より開設されており、病院再開発に伴い、2011年より新病棟C棟2階に位置しています。
集中治療部の専従医は4名で、全員が集中治療あるいは麻酔の専門医資格を持っています。本施設は日本集中治療医学会による集中治療研修施設の認定を受けています。
集中治療部では、専属医師、看護師のみならず、臨床工学技士、薬剤師、栄養士、理学療法士と共に協力し合い、患者管理に努めています。

診療内容

集中治療部には、大きな手術の術後、あるいは人工呼吸や持続血液透析、補助循環装置などを必要とする重症患者さんが主に入室します。
予定手術では食道亜全摘、膵臓手術、肝臓手術をはじめ各科が行う侵襲の大きい手術の術後管理を担当しています。緊急入室症例ではARDSをはじめとする急性呼吸不全、敗血症性ショック等の急性循環不全、急性腎不全、DICなどの急性期病態の診断、治療、全身管理を行っています。
毎日2回、ベッドサイドの回診を通して、ベッドサイドの回診を通して、重症患者さんの全身状態の評価及び治療方針を話し合っています。

研修について

集中治療部での研修では、呼吸循環管理を中心とした重症患者の全身管理を学びます。敗血症の循環管理、人工呼吸器の設定や離脱、エコーを用いた各種診断法さらに気管支ファイバースコープおよび血液浄化法、各種カテーテルの挿入について重点的に研修します。敗血症、DICの診断や重症感染症の診療についても経験できます。また救命救急センターから入室する、来院時心肺停止、急性薬物中毒、全身熱傷、多発外傷などの重症救急患者の診療に携わることで、最重症救急患者の診療経験をつむことができます。