【学生の皆さんへ】医学部新型コロナウイルス感染症対策委員会 報告

2020年6月19日

 

学生の皆さんへ
医学部新型コロナウイルス感染症対策委員会 報告

  1. 基本方針
  2. 授業(6/19更新)
  3. 学生生活(帰省、アルバイト、病院見学等、課外活動)(6/19更新)
  4. 施設利用(入構許可、学生食堂)(6/19更新)

 

以下の励行を重ねてお願いします。
 (1)「3密回避」の徹底
 (2) 自己健康管理の徹底(健康管理票に記入または無料アプリ「健康日記」に登録)
 (3)学生から指導教員への連絡
 
定期的に情報を提供しますので、医学部ホームページをご覧ください。
 (毎週金曜日の17時頃更新予定です)

1.基本方針

 医学部では、島根大学の行動指針をもとに、医学部「新型コロナウイルス感染症対策委員会」と附属病院の会議において、医学部ならびに附属病院における対応を協議し、方針を決定しています。
 島根大学の行動指針は6月19日現在、段階2「制限-小」で先週から変更がありません。したがって医学部でも学生の構内立ち入りは原則禁止のままとしています。
 医学部では、引き続き「新型コロナウイルス感染症対策委員会」が中心となって、学生の皆さんの意見を聞きながら、皆さんの健康と生活を守り、修学の機会を確保するために、誠意努力をしてゆきます。今後も感染拡大状況や学内の感染防止対策整備の進捗状況に応じて、方針の内容・期間等、見直しを行う予定です。最新情報は医学部ホームページ「新型コロナウイルス感染症に対する対応について-学生・教職員の皆さんへ-」で確認してください 。


新型コロナウイルス感染症に係る島根大学行動指針について(R2.6.1~)
新型コロナウイルスの感染拡大防止に関わる留意事項について【学生の皆様】

2.授業

1)オンライン授業について

(ア)実施期間
 ・医学科・看護学科1年生・2年生・3年生・4年生・・・8月7日まで
 ・医学科5年生・6年生・・・7月3日まで

 受講に際しては、教務担当WGで作成した「オンライン授業を受けるための準備について(出雲キャンパス版)」「ネット配信、動画教材を利用する際の留意点」必ずを読んで下さい。  

オンライン授業を受けるための準備について(出雲キャンパス版)
ネット配信、動画教材を利用する際の留意点

 

(イ)通信環境によりオンライン授業が受講できない場合
 通信環境が原因で学外でオンライン授業の受講できない学生には、申請により入構を許可しています。次のa〜cの手順で手続きをしてください。

a.申請フォームに入力
オンライン授業受講のためのキャンパス入構、およびiPad貸し出し申請フォーム(出雲キャンパス)
b. 学務課に電話連絡(0853-20-2085)
c. 学務課で許可証を受領

 また、希望者にiPadの無償貸出をしていますので、希望する場合は、上記フォームから申請してください。

 

(ウ)オンライン環境の影響による欠席の取り扱いについて
 ライブ配信授業中に通信環境の悪化等が理由で授業の全部を受講できなかった場合、「欠席扱い」などの不利益が生じないように配慮します。

 

2)臨床実習 (医学科5・6年生)(更新)

 7月6日(月)から附属病院エリアでの実習を開始する予定です。そのため実習開始の2週間前(6月22日)以降は出雲市内に滞在してください。また実習に関しては、6月18日に実施した5・6年生合同Web説明会での案内に従ってください。当日、参加できなかった方は、島根大学Moodleの「医学科臨床実習I・II(鬼形和道 他)」コースにある説明会ビデオを視聴してください。

 

 

3.学生生活(帰省、アルバイト、病院見学等、課外活動)

1)医学部からの連絡方法について(一部修正)

 6月15日(月)以降、大学(学務課)から学生のみなさんへの連絡は学科・学年ごとのメーリングリストを通じて行っています。Office365のOutlookを利用して大学メールアドレス(学生番号@med.shimane-u.ac.jp)を定期的に確認するとともに、必要に応じてメール転送設定を行ってください。
 (参考)島根大学総合情報処理センター>電子メールサービス>メールを転送する
     https://www.g-ipc.shimane-u.ac.jp/service/mail/

 

2) オンライン授業期間中の移動、帰省について(更新)
 国内移動については、中国5県以外への移動は引き続き自粛してください。ただし、帰省等、やむを得ず居住地を離れる場合は、事前に指導教員に「移動先」「期間」「理由」を伝えるとともに学務課へ「帰省の届け出」フォームにより届け出てください。

(学務課への)帰省の届け出フォーム(これとは別に指導教員へ連絡してください。)

 この「帰省の届け出」フォームは、学生の皆さんの健康管理を目的としており、保健管理センターから体調確認の連絡を行うことがあります。すでに帰省していてフォームで届け出をしていない人は、必ず届け出をしてください。

 やむを得ない理由で中国5県を離れた場合、医学部の学生は出雲市に帰ってから2週間自宅待機し、健康観察を行うこととします。

 なお、島根県の方針等を踏まえ、今後は以下のとおり緩和していく予定です。
・6月22日~ 北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県以外への移動について自粛解除
・7月1日~  全ての都道府県への移動について自粛解除
(今後の状況によっては変更になる場合があります)
 また、感染状況や移動先の都道府県が出す情報などを確認して、リスクが高い地域からの来県及び同地域への移動は控えてください。

※緊急事態宣言が発令された場合
 今後、緊急事態宣言が発令された場合、対象都道府県への移動は原則禁止します。対象都道府県からの帰県者は、帰県後2週間は自宅待機し、健康観察を行うとともに、その間、不要不急の外出を控え,他者との接触を極力控えてください。

 

3)アルバイトについて
 アルバイトの自粛を緩和し、大学へのアルバイト申請は不要としています。アルバイトは、国が推奨している「新しい生活様式」も踏まえて、健康管理と感染予防に十分注意しておこなって下さい。

今後の学生のアルバイトについて

 

4)病院見学、マッチング・採用試験のための移動について
 病院見学等に出かける場合、訪問先の受け入れ状況を確認し、中国5県以外に出かける際には事前に申請して許可を得てください。
 なお、実習期間中にマッチング等に参加する場合は、事前に診療科・指導教員と相談し許可を得てから行ってください。

 

申請書の送付先:教育改革・教務担当 <msa-kyomu@office.shimane-u.ac.jp>

病院見学・マッチング(採用試験)申請書
臨床見学実習依頼文発行申請書

 

5)学生の課外活動 方針:全面禁止
 個人的なジョギングなどもソーシャルディスタンスの励行をお願いします。「3密の回避」を徹底のうえオンライン活動を認めますが、事前に許可を得て行ってください。

 

6) 図書の貸出について
 予約連絡により図書の貸出しを行います。詳しい手続きは島根大学附属図書館ホームページの「新型コロナウイルスに対する対応について」で確認してください。

 

4.施設利用(入構許可、学生食堂)

1)学生の構内立ち入りについて 方針:原則禁止(一部変更)
 次の項目のみ決められたエリアに事前申請により立ち入りを許可します。ただし、健康管理が十分な方を対象とします。
(ア)自宅にオンライン授業(ライブ配信・オンデマンド配信)を受講するための機器や通信環境がなく大学で受講する場合(平日の8時から19時までの間)
(イ)学内で許可されたアルバイトを行う場合(学務課で発行する入構許可証を携帯)
(ウ)学務課での各種手続きを行う場合
(エ)その他ロッカー室の忘れ物の回収や生協で教科書や弁当を購入する場合
(オ)情報科学演習室のデータダウンロードを学務課で行う場合(※学内ネットワークの端末を学務課事務室に設置しました)

学生の入構に関する取り決め
学生入構前体調確認項目
立入禁止区分のゾーニングマップ

 

オンライン授業受講のための入構申請フォーム(出雲キャンパス)

授業以外の目的で構内へ入構する場合の申請フォーム

 

2)学生食堂の利用について(更新)

 学生食堂のテイクアウトのみの利用を認めています。受取り時間は次の通りです。
 ・昼食: 11:00~14:00(混み合う時間12:00~13:00をできるだけ避けてください)
 ・夕食: 17:00~19:00

 下記テイクアウト事前予約サイトでメニューと受け取り予定の時間帯をあらかじめ選ぶことが可能です。事前予約なしでも購入は可能ですが、待ち時間を軽減し、「3密を避ける」観点から、事前予約サイトの利用に協力していただくようお願いします。

医学部食堂のテイクアウト事前予約サイト(6/22~26版)