PNS【看護提供体制】

 

人材育成とともに、インシデントの減少や超過勤務を減らすなどさまざまな効果を期待し、導入されました。パートナー2人ずつにより作られたグループが、受け持ち患者の日々の看護ケアをはじめ、委員会活動、病棟内の係の仕事に至るまで、すべての業務を補完しています。

 

 

◎個人でできることは個人が行い、個人ができないときにはパートナーが協力して補完する。

◎パートナー双方が協力補完してもできないときは、共属するグループメンバーがパートナー双方を補完する。

◎1人の看護師が委員会活動を担当した場合、パートナーはその業務を理解して協力し補完する。グループも協力し補完する。