ホーム > 入局案内 > 募集案内 > 初期研修医・医学生のみなさんへ
研修プログラム概要
日本精神神経学会専門研修
教授からのメッセージ
初期研修医・医学生のみなさんへ
専攻医募集
医師募集
大学院生募集
実習概要
レポート作成等
初期臨床研修

 

当科では9名の臨床研修指導医が初期臨床研修の指導に当たります。

 

■臨床研修指導医(卒後初期臨床研修)

  教 授   稲垣 正俊

  准教授   橋岡 禎征

  准教授   和氣 玲(人間科学部兼任)

  講 師   岡崎 四方

  講 師   林田 麻衣子

  講 師   大朏 孝治

  助 教   長濱 道治

  助 教   山下 智子

  助 教   三浦 章子

 

 

先輩からのメッセージ
 

初めまして。2020年度に島根大学医学部精神医学講座に入局いたしました、正岡 浩と申します。私は静岡県の出身ですがこれまで住んだことのないところに行ってみたいと考え、2018年に島根大学医学部を卒業後、大阪府内の公立病院で初期研修をスタートしました。研修1年目に精神科単科病院で1カ月間研修をしましたが、そのころは精神科には特に興味がなく、研修レポートを書くために仕方なく通っていたような状態でした。しかしちょうど同時期に島根大学の先輩で精神科医になられた方とお話をする機会があり、そこで精神科診療の魅力を聞かせていただき、精神科に興味を持つようになりました。その後思うところがあり大阪での研修を1年間で中断し、当院で初期研修を再開することとなりましたが、研修再開後、最初にローテーションする科として精神科を選択しました。向精神薬のことやリエゾンのことなどわからないことだらけでしたが、丁寧にご指導いただき、精神科医療への理解を深めることができました。私は当初、循環器内科や消化器内科などの内科系のほか、放射線科などに興味があり将来の進路として考慮しておりましたが、当院精神科で研修したところ医局の先生方の雰囲気がとても良く、また研修自体が非常に楽しかったということもあり、最終的に精神科にすすむことを決意しました。2年間の初期研修を終えたのち入局し、現在に至っております。入局後は自分の力不足を感じることが多いですが、周りの先生方、スタッフの皆様に支えられながら病棟業務、リエゾンと忙しい日々を送っております。精神科の魅力はいろいろあると思いますが、他の診療科と比べると患者さんとよりじっくりと向き合って診療できることが自分には合っていたと思います。精神科を選んだことに間違いはなかったと思っております。将来の診療科選択で迷っている研修医・学生の皆様、また転科を考えている先生方も入局をお待ち申し上げております。『迷ったら精神科』です。

平成23年度に入局しました。現在、医師として12年目、精神科医として10年目になります。ちょうど10年目ということもあり、少し自分のことを振り返ってみたいと思います。
島根大学医学部を卒業後、2年間の初期臨床研修期間を経て、当医局に入局させて頂きました。後期研修医の3年間は、普段は大学病院に勤務しながら、週に一回地域の精神科単科病院に出向して、当直勤務を含め臨床経験を積ませて頂きました。この期間に上級医の先生の手厚い指導を受けながら、臨床業務に集中できたことは、大変ありがたかったです。精神保健指定医資格を取得、助教となり、そのころ第1子を授かりまして、約1年間お休みを頂きました。
私は県外出身で、夫も県外出身で勤務医なので、夫婦医師で共働き・核家族での職場復帰は不安も多いものでした。そんな中、当時の上司の先生から「子供が小さいうちは臨床に集中することが難しい場面も多いだろうから、研究をやってみてはどうかな」とご助言頂きました。正直に申しますと、非常に研究に興味がある、とは言い難い私でしたが、研究が勉強できるチャンスは滅多にないものだと思い、また、研究に携わったことのある先生方から「研究を知っている方が、あとあと臨床力も伸びるものだよ」といわゆるリサーチマインドの大切さを伺ったこともあり、大学院に入学して基礎研究を勉強させてもらうことに決めました。臨床では外来業務は継続、教育では初期臨床研修医のことに携わりながら、復職生活がスタートしました。はじまってみると、やはり予定通りに仕事が運ばないことが多々あり、フラストレーションがたまることもありましたが、周囲の先生方に助けていただきながら、勤務を継続することが出来ました。数年前に専門医を取得し、研究面では科研費(若手研究)を取得することができました。目下、学位論文を投稿中です。
そんな生活の中で私なりに気が付いたのは、出産前と同じ仕事をしようとこだわるのではなく、今自分にできることのベストを尽くそうとするほうが、より重要なのではないかということでした。出産や子育てに限らず、男女を問わず、立場を問わず、以前と同じようなパフォーマンスが出来ない時期は誰にでもあると思います。公的な制度や施設が充実していることも大事ですが、何より同じ場所で働く方々の意識が最も重要と感じています。手短にいいますと、当医局にはそんなときにこそお互いにサポートしあえる基盤があります。先輩・後輩を問わず、一人一人の先生方の意識がそれを支えてくださっている、とても働きやすい医局だと実感しています。多分、子供はあっという間に大きくなります。5年後、10年後にどういう働き方が出来るか、その選択肢を広くもっておけるかどうか、わかりやすい分岐点の一つは、出産や子育て時期の働き方です。精神医学に興味をお持ちの方、ぜひ一度当医局をのぞいてみませんか。お待ちしています。