前へ
次へ

教授メッセージ

谷戸正樹教授からのメッセージです

詳しくはこちら

講座紹介

講座スタッフの紹介をしています

詳しくはこちら

診療内容

外来担当医一覧、診療内容の説明です

詳しくはこちら

専攻医募集中

2021年10月13日 眼科豚眼体験会を開催します。詳細はこちらをご覧下さい。
2021年度医局説明会を開催します。詳細はこちらをご覧下さい。
専攻医を募集しています。詳細はこちらをご覧下さい。
後期研修医からのメッセージです。詳細はこちらをご覧下さい。

他大学から島根大学眼科学講座へ入局した先生のメッセージ

清水啓史先生メッセージはこちら
山根縁先生メッセージはこちら
髙柳佑士先生メッセージはこちら

女性医師からのメッセージ

今町克枝先生メッセージはこちら
持地美帆子先生メッセージはこちら
筒井愛佳先生メッセージはこちら

やってみようブラインドスポーツ!

島根県内で行われているブラインドスポーツを医学部学生が体験し、リポートします。リポートはこちら

イベント

  • 2021年10月16日 瀬戸内眼科コロシアム2021がハイブリット形式で開催されました報告はこちら
  • 2021年10月13日 眼科豚眼体験会を実施しました報告はこちら
  • 2021年9月28日 第1回VIスポーツ合同勉強会に参加しました報告はこちら
  • 2021年9月22日 チームマネジメント講習会にWeb参加しました報告はこちら
  • 2021年9月15日 アイリーアオンラインカフェvol.05で講演しました報告はこちら
  • 2021年9月13日 Work Life Balance Seminarで講演しました報告はこちら
  • 2021年9月10日~12日 第32回日本緑内障学会がハイブリット形式で開催されました報告はこちら
  • 2021年9月 iStentの終了証を頂きました報告はこちら
  • 2021年9月 育児休業から復帰しました報告はこちら
  • 2021年9月4日5日 第38回日本眼腫瘍学会 ハイブリット開催で発表しました報告はこちら
  • 2021年9月2日 ゴールボールチーム「SUSANOO EYES」を山陰中央新報で取り上げていただきました報告はこちら
  • 2021年8月22日 第12回島根県眼科臨床研究会がWEB形式で開催されました報告はこちら
  • 2021年8月18日 第2回夏季眼科豚眼体験会を開催しました報告はこちら
  • 2021年8月12日~9月12日 第29回視覚障害リハビリテーション研究発表大会in岡山 WEB開催に参加しています報告はこちら
  • 2021年8月4日 第1回夏季眼科豚眼体験会を開催しました報告はこちら
  • 2021年7月30日 第3回B-ROPs研究会がハイブリット形式で開催されました報告はこちら
  • 2021年7月27日 中国向けのマイクロフックトラベクロトミーのセミナーを行いました報告はこちら
  • 2021年7月23日~25日 フォーサム2021仙台がハイブリット形式で開催されました報告はこちら
  • 2021年7月14日 点眼アドヒアランスに関するウェブセミナーを行いました報告はこちら
  • 2021年7月11日 第18回ロービジョン研修会がWEB開催されました報告はこちら
  • 2021年7月10日 益田さいえんすたうん 2021に参加しました報告はこちら
  • 2021年7月9日 第6回AGTS~Advanced Glaucoma Treatment in Sendai~の会 WEB開催に参加しました報告はこちら
  • 2021年7月2日3日 第43回日本光医学・光生物学会 WEB開催に参加しました報告はこちら
  • 2021年7月2日3日 第77回日本弱視斜視学会総会がハイブリット形式で開催されました報告はこちら
  • 2021年6月30日~7月3日 9th WORLD GLAUCOMA E-CONGRESS 2021が開催されました報告はこちら
  • 2021年6月25日 第36回JSCRS学術総会のシンポジウムで発表しました報告はこちら
  • 2021年6月24日 Macular disease educational programにWeb形式で参加しました報告はこちら
  • 2021年6月14日 地域医療支援学講座開催のキャリアウェビナーで発表しました報告はこちら
  • 2021年6月13日 第17回山陰緑内障フォーラムがWebinar形式にて開催されました報告はこちら
  • 2021年6月4日~8日 5th Asia- Pacific Glaucoma Congress バーチャル開催で発表しました報告はこちら
  • 2021年5月23日 第65回山陰眼科集談会・第107回鳥取大学眼科研究会がハイブリッド形式で開催されました報告はこちら
  • 2021年5月19日20日 第74回日本酸化ストレス学会 Web開催で発表しました報告はこちら
  • 2021年5月14日 テネシー大学Hamilton Eye InstituteでWeb講演を行いました報告はこちら
  • 2021年4月19日 医局説明会を行いました報告はこちら
  • 第125回日本眼科学会総会 でシンポジスト並びにサブスペシャリティーサンデーを担当させていただきました報告はこちら
  • 2021年4月8日~11日 第125回日本眼科学会総会がハイブリット形式で開催されました報告はこちら
  • 2021年4月1日 視能訓練士2名が眼科に加わってくれました報告はこちら

  • 論文・書籍・記事などのお知らせ

  • <2021年10月>「Retina Medicine」に杉原一暢先生の「Retina施設めぐり(外来施設編)」が掲載されました 記事はこちら
  • <2021年10月>「しろうさぎ」に小林昂貴視能訓練士が紹介されました 記事はこちら
  • <2021年10月>島大病院ニュースにゴールボールチーム「スサノオアイズ」が掲載されました記事はこちら
  • <2021年10月>島大病院ニュースに222nmUVCランプによるウイルス対策が掲載されました 記事はこちら
  • <2021年10月10日>山陰中央新報に目の愛護デーに関する記事が掲載されました 記事はこちら
  • <2021年8月30日> 山陰中央新報にゴールボールチーム「スサノオアイズ」が紹介されました 記事はこちら
  • <2021年8月> ゴールボールチーム「スサノオアイズ」が山陰中央新報の取材を受けました 報告はこちら
  • <2021年8月18日>日本食糧新聞に第3回B-ROPs研究会に関する記事が掲載されました 記事はこちら
  • <2021年7月>日本眼科国際医療協力会議年次報告書2020に佐野一矢先生の「NPO法人POSA」での活動が掲載されました 詳細はこちら
  • <2021年7月>地域医療支援学レターvol.36に持地美帆子先生の「Career Webinar」が掲載されました 詳細はこちら
  • <2021年4月23日>山陰中央新報に海津幸子先生の222nm紫外線に関する共同研究の記事が掲載されました 詳細はこちら
  • <2021年4月21日>WISMERLL JOURNALに谷戸正樹教授への緑内障と抗酸化能についてのインタビューが掲載されました詳細はこちら
  • <2021年3月30日>当講座とウシオ電機株式会社との222nm-UVCに関する共同研究がプレスリリースされました 記事はこちら
  • <2021年2月17日>「眼科医マルチファインダー」に石田先生、市岡先生、高柳先生の「私が眼科医を目指した理由」が掲載されました 記事はこちら
  • <2020年10月30日>「眼科手術」に谷戸正樹教授の寄稿が掲載されました 記事はこちら
  • <2020年10月10日>島根日日新聞に目の愛護月間に関する記事が掲載されました 記事はこちら
  • <2020年10月9日>山陰中央新報に目の愛護デーに関する記事が掲載されました 記事はこちら
  • <2020年10月1日>「しろうさぎ」に谷戸正樹教授のインタビューが掲載されました 記事はこちら
  • <2020年8月17日>日本食糧新聞に第2回B-ROPs研究会に関する記事が掲載されました 記事はこちら
  • <2020年8月1日>「広報しまだい」に谷戸正樹教授の活動が紹介されました 記事はこちら
  • <2020年7月28日>しまねまごころバンクだよりに谷戸正樹教授の寄稿が掲載されました 記事はこちら
  • <2020年4月14日>当講座と神戸大学皮膚科学教室・ウシオ電機株式会社とのUV-Cに関する共同研究がプレスリリースされました 記事はこちら
  • <2020年4月8日>全国視能訓練士学校協会のホームページで秦視能訓練士が紹介されました 記事はこちら
  • <2020年3月9日>山陰中央新報にライトアップinグリーン運動が掲載されました 記事はこちら
  • <2020年3月5日>読売新聞にライトアップinグリーン運動が掲載されました 記事はこちら
  • <2020年2月21日>山陰中央新報に島根県眼医会の先生方の活動が紹介されました 詳細はこちら
  • <2019年12月16日>山陰中央新報に加齢に伴う眼の病気に関する広告記事が掲載されました 記事はこちら
  • <2019年10月25日>島根日日新聞に目の愛護月間に関する記事が掲載されました 記事はこちら
  • <2019年10月16日>山陰中央新報に目の健康講座に関する記事が掲載されました 記事はこちら
  • <2019年10月15日> 「緑内障」に杉原一暢先生の第8回WGC印象記が掲載されました 記事はこちら
  • <2019年10月8日>山陰中央新報に目の愛護デーに関する記事が掲載されました 記事はこちら
  • <2019年9月22日>読売新聞社の取材を受けました 
  • <2019年8月8日> BSS山陰放送「テレポート山陰」の取材を受けました 報告はこちら
  • <2019年7月10日>当院で角膜移植を受けられた方の手記が,しまねまごころバンクだよりに寄せられました 記事はこちら
  • <2019年7月2日> 「日本の眼科」に真鍋薫先生のエッセイが掲載されました 記事はこちら

  • 学会・研究会・講演会の開催について


    第38回島根緑内障研究会


    日時:2021年 11月14日(日) 13:00〜17:00
    場所:出雲ロイヤルホテル
       (〒693-0004 出雲市渡橋町831 TEL 0853-23-7211)
    開催形式:現地開催、特別講演はWeb講演となります
    特別講演(Web講演):大阪大学視覚先端医学寄附講座 准教授 三木 篤也先生
               「緑内障進行診断マニュアル」      

    プログラムをご覧下さい。
    ※新型コロナウイルス蔓延の状況等によっては開催方法を変更する場合があります。


    臨床研究実施のお知らせ


    島根大学眼科学講座では下記の課題名で臨床研究を実施致します。

    プロスタグランディン関連眼周囲症スコア間のトラベクレクトミー成績比較


    研究期間:2021年10月(研究許可後)~2023年12月
    対象となる方:島根大学医学部附属病院で 2018 年 4 月から 2020 年 12 月の間に,グレース眼科クリニックで 2019 年 4 月から 2020 年 12 月の間に,原発開放隅角緑内障と診断され,緑内障手術(トラベクレクトミー)を受けられた方
    対象となる方、また対象となる方にお心当たりのある方は こちらの文書をご覧下さい。

    緑内障の治療法の最適化を可能とするAIの作成


    研究期間:2021年2月(研究許可後)~2025年12月
    対象となる方:2006年10月以降に島根大学医学部附属病院で緑内障と診断され治療を受けられた方
    対象となる方、また対象となる方にお心当たりのある方は こちらの文書をご覧下さい。

    切開部位が異なる線維柱帯切開術の効果の検討


    研究期間:2021年1月7日~2021年8月1日
    対象となる方:2018年4月以降に当院で線維柱帯切開術を施行され,術後1年以上の経過観察をされた方
    対象となる方、また対象となる方にお心当たりのある方は こちらの文書をご覧下さい。

    緑内障バルブ複数挿入症例の手術成績


    研究期間:2020年9月(倫理審査承認後)~2021年9月
    対象となる方:島根大学医学部附属病院および松江赤十字病院において、複数回の緑内障インプラント手術を受けられた方
    対象となる方、また対象となる方にお心当たりのある方は こちらの文書をご覧下さい。

    ヒシエキス・ルテイン含有加工食品の摂取による指尖皮膚糖化終末産物・カロテノイド量の変化測定


    研究期間:2020年10月~2022年3月
    詳細についてはこちらをご覧下さい。

    Trabectomeに対する、Microhookを用いた線維柱帯切開術眼内法の眼圧下降効果の非劣性を検討する多施設後ろ向き観察研究


    研究期間:2020年9月~2022年3月
    対象となる方:2014年1月1日から2020年12月31日の間に島根大学医学部部附属病院眼科でトラベクトームもしくはマイクロフックを用いた線維柱帯切開術を受けられた方
    対象となる方、また対象となる方にお心当たりのある方は こちらの文書をご覧下さい。

    眼内レンズ偏位・落下の多施設共同研究


    研究期間:2020年6月~2023年4月
    対象となる方:2020年5月1日から2021年4月30日の間に当院または別添に記載する病院で眼内レンズ(IOL)偏位・落下と診断され、水晶体再建術等の治療を受けられた方
    対象となる方、また対象となる方にお心当たりのある方は こちらの文書をご覧下さい。

    緑内障手術の眼圧下降効果と合併症の統計


    研究期間:2020年6月(研究許可後)~2026年3月31日
    対象となる方:2006年10月から2020年9月の間に島根大学医学部附属病院で緑内障手術を受けられた方
    対象となる方、また対象となる方にお心当たりのある方は こちらの文書をご覧下さい。

    薬剤の代替治療として行った緑内障手術の集計


    研究期間:2020年5月(研究許可後)~2022年3月31日
    対象となる方:2018年4月から2020年9月の間に島根大学医学部附属病院で緑内障手術を受けられた方の内,手術を受けられる時点で点眼薬による眼圧下降治療を行っていなかった方
    対象となる方、また対象となる方にお心当たりのある方は こちらの文書をご覧下さい。

    次世代眼科医療を目指す、情報通信技術(ICT)/人工知能を活用した画像等データベースの基盤構築研究


    研究期間:2017年10月~2022年3月31日 必要と判断される際には期間を延長することがあります
    対象となる方:各情報提供施設の眼科を受診した全患者が対象となりますが、参加しない意思を表明した方は除外されます
    詳細についてはこちらの文書をご覧下さい。

    指尖センサーで測定したストレスマーカーと眼疾患との関連解析


    研究期間:2020年3月(研究許可後)~2031年3月31日
    対象となる方:2019年8月から2030年3月の間に島根大学医学部附属病院眼科で指先の皮膚でカロテノイド量および糖化最終産物量を測定された方
    対象となる方、また対象となる方にお心当たりのある方は こちらの文書をご覧下さい。

    健診データを用いた眼及び全身疾患予知アルゴリズム構築


    研究期間:2019年3月~2025年3月
    対象となる方:2020年3月までに「脳ドックデータ・試料を用いた包括的疫学研究(管理番号20160217-1)(研究代表者:島根大学医学部内科学第三・教授・長井篤)」 および「生活習慣病の予知予防に関するゲノム疫学研究(管理番号20051214-3)(研究代表者:病態病理学・教授・並河徹)」で研究参加に同意された方。
    対象となる方、また対象となる方にお心当たりのある方は こちらの文書をご覧下さい。

    緑内障性視野障害進行予測モデルの構築


    研究期間:2014年10月8日~2024年3月31日
    対象となる方:1997年1月1日から2020年3月31日の間に島根大学医学部附属病院で緑内障の各種検査を受けられた方
    対象となる方、また対象となる方にお心当たりのある方は こちらの文書をご覧下さい。

    緑内障手術による房水流出率変化


    研究期間:2019年1月~2023年9月
    対象となる方:2018年4月から2018年12月の間に島根大学医学部附属病院で緑内障の治療のため緑内障流出路再建術(トラベクロトミー眼内法,アイステント) を受けられ,かつ,手術の前後で房水流出率検査を受けられた方
    対象となる方、また対象となる方にお心当たりのある方は こちらの文書をご覧下さい。

    全周隅角画像を使用した新規隅角観察法の確立と隅角自動判定アルゴリズムの開発


    研究期間:2018年12月11日~2023年9月30日
    対象となる方:2018年10月1日から2021年9月30日の間に,島根大学医学部附属病院眼科で,GS-1ゴニオスコープにて隅角写真撮影を施行された方。
    対象となる方、また対象となる方にお心当たりのある方は こちらの文書をご覧下さい。

    ステレオ眼底カメラによる緑内障診断


    研究期間:2013年2月21日~2023年10月
    対象となる方:研究参加施設(島根大学医学部附属病院眼科,札幌逓信病院眼科・東北大学医学部 附属病院眼科,聖マリアンナ医科大学医学部附属病院眼科,福井県済生会病院眼科) において原発開放隅角緑内障(比較的長期間 3 年以上かつ 6 回以上の視野検査フォロ ーアップされている)と診断され, かつ,ステレオ眼底カメラによる視神経乳頭写真 撮影が1回以上行われている方
    対象となる方、また対象となる方にお心当たりのある方は こちらの文書をご覧下さい。

    眼内組織における脂肪酸および酸化ストレス計測


    研究期間:2018年5月~2023年3月
    対象となる方:「眼科手術により摘出された眼部組織・細胞のライブラリー構築」(島根大学医学部医の倫理委員会承認1007号)により説明を受け,同意された上で眼部組織を採取された方
    対象となる方、また対象となる方にお心当たりのある方は こちらの文書をご覧下さい。

    眼球形態・機能に関する疫学研究


    研究期間:2018年6月~2028年3月
    対象となる方:研究参加施設(島根大学医学部附属病院、松江赤十字病院、町立飯南病院、ますだ眼科クリニック、市岡眼科クリニック、市岡眼科)を受診し、 研究方法に記載する眼球形態・機能計測を行い、あるいは、今後行う予定で、診療録上にその記録が残る方
    対象となる方、また対象となる方にお心当たりのある方は こちらの文書をご覧下さい。

    成人の複視に対するプリズム療法に関する研究


    研究期間:2018年8月~2022年6月
    対象となる方:島根大学医学部附属病院眼科で「膜プリズム」を用いて複視の治療を行った方
    対象となる方、また対象となる方にお心当たりのある方は こちらの文書をご覧下さい。

    眼科手術で摘出した隅角組織の形態学的検討および酸化ストレスマーカーの検出


    研究期間:2018年7月~2022年6月
    対象となる方:2008年1月29日以降2018年6月31日までに島根大学医学部附属病院眼科において臨床研究「眼科手術により摘出された眼部組織・細胞のライブラリー構築」 に参加された方のうち、緑内障の診断で線維柱帯切除術の手術を受けられた方, または、1997年1月1日以降、2018年6月31日までに松江赤十字病院眼科および日本赤十字社医療センター眼科で摘出した組織を 研究・教育に利用する事に対する同意書を提出された方のうち、緑内障の診断で線維柱帯切除術の手術を受けられた方
    対象となる方、また対象となる方にお心当たりのある方は こちらの文書をご覧下さい。


    ページのトップへ戻る